2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. イベント(大会)
  2. 2017お勉強会
  3. TRJ / MFJ
  4. TRJ / MFJ
  5. イベント(その他)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. リザルト関東
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(スクール)
  15. リザルト関東
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. TRJ / MFJ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト関東
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. MFJトライアル
  27. リザルト東北
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. TRJ / MFJ
  33. TRJ / MFJ
  34. TRJ / MFJ
  35. MFJトライアル
  36. リザルト関東
  37. TRJ / MFJ
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. トライアル・デ・ナシオン
  41. 2017TDN
  42. リザルト関東
  43. イベント(その他)

川内村(西)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

水辺のバムバム

2010沼の景色

 ちょっとした池がある。昔は、もっと水の量が多くて、子どもたちが泳いだりもしたもんだという。
 ここを、なんとかしようと立ち上がったおじさんがいた。肴屋さんのTさん(変換まちがいをした。ほんとうは魚屋さんなのだけど、そういえば肴屋さんのほうがお似合いかも)。
 ここんところ、何度かお手伝いさせてもらった。水はきれいで冷たいから、気持ちがいい……。


 池というより正しくは沢。奥の山筋から、水がすいすいと流れてきている。何十年昔だか、山が畑になったりして、水が減っちゃって、かわりに泥が流れてきて、池は泥沼になって現在に至る、なんだそうである。
 水の素性のよさは折り紙付き。何度か書いたかもしれないけど、もっと大きな声で宣伝したほうがいいと、とある先生に力説されたので、何度でも書こう。この村には水道がない。正確には、上水道の施設がない。飲み水は、住民がみんな、それぞれで調達している。井戸を掘ったり、山のわき水を引いてきたり。そしてそのどれもが、とってもおいしいというのが、この村の大きな特徴だ。
 そんな、飲み水としても一級品の水が流れ込んでいる泥沼。こりゃもったいない。イワナでも飼えないだろうか。釣り堀とかできたら楽しいじゃないか。イワナは住みつかないかもしれないけど、水辺で酒が飲めるだけでもいいじゃないか、と、こんな感じで話が進む。
 こういう話は、あんまり大がかりな相談などしないで、えいやと進めるのが一番。素人が、へんなことしちゃったなぁ、こうしたらもっと○○だったのに。ということは当然あると思うけど、大規模工事じゃないから、もっとうまい方法を思いつく人がいたら、あとからそのうまい方法でやりなおしてもらえばいい。

2010池つくり

 住みつくかどうかわかんないけど、イワナのプールを作るんで、水の中に材木を入れた。材木は浮いちゃうからね。押さえつけるのは悪戦苦闘だった。結局、水にはいってびしょびしょになった。水がよどんでいるところは生ぬるかったけど、新鮮な水が流れ込んでくるところは、水は冷たかった。機械で一気にやってもらおうよと弱音をはきたくもなったけど、沼地だから、機械は入れない。水は冷たいが、そうこうするうち、全国的猛暑の日になって、そういう日はこんな山の中だって、一応暑い。手足は冷たい水につかって、頭は強い日差しにあたって、なかなかキビシー肉体労働だった。

2010たたずむ兎

 まぁなんとかできあがったので、じゃ、半完成祝いに肉でも焼くべえということになった。最後の写真は、丘の上でその準備中。池の作業をしているときには、さすがに虫の攻撃を受けてつらかったけど、なぜか丘の上にはアブだのカだのの虫はやって来ず、ご覧のようにウサギのやろうもご満悦なのであった。
 イワナはまだ住みついていない。お楽しみは、これからだ。
*岸辺のアルバムという山田太一のテレビドラマがあったけれど、ここはまだ水辺のアルバムの1ページ目を開いていない状態。Bumって単語は、浮浪者・ルンペン・怠け者・ぐうたらという意味だそうで、あるいはまた、遊びに熱中する人という意味もあるらしい。このままバムバムし続けることにしよう。そういえば、ぼくがオートバイ雑誌の仕事を始めた頃に、よく仲良くいっしょに仕事をした池沢一男さんは、MotoBumというお店を開いて世界GPにも打って出た。遊びに熱中したまま2009年6月10日亡くなられた。池さん、ありがとうございました。話はぜんぜん関係ないけれど、あの頃、ぼくは、楽しかった。

関連記事

自然山通信8月号発売中

自然山通信8月号発売中!世界選手権参戦から一時帰国した小川毅士とマインダーのガミーこと大神智樹のインタビュー「ツヨシとGAMMyの持ちつ持た…

イベント(大会)

10/9 2022年メッツカップ第2戦

2022年メッツカップ第2戦のお知らせ トライアルメッツクラブより 初心者の方が安心して楽しめ元気が出る親睦草大会です。 感染予防…

2022年の原発見学

2年分ぶりに、福島第一原発を見学してきた。今回は、初めて経験させてもらえることもあって、興味深かった。だらだら長くなってしまったけど、原発廃…

8/19-20 2022シティトライアルジャパン開催

全日本選手権第5戦はシティトライアルジャパン(CTJ)。いろいろと、これが初めての試みとなる。MFJ公式プロモーションサイトに詳細が公開され…

2017お勉強会

7/9高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第4戦北海道大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第4戦北海道大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年7月17日 ●北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 天候:晴れのち曇り…

イベント(その他)

10/16第4回中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。普段あまり動かす機会のないヴィンテージなトライアル車を走らせましょう。 …

自然山通信2022年7月号

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、PDFで配信する電子版もご用意しました。 お手元の電子機…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売中!2022世界選手権開幕。R1スペインとR2アンドラのレポートをお伝えします。Trial2に参戦している武田呼人と小川…

ページ上部へ戻る