2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. イベント(大会)
  2. リザルト中国
  3. リザルト関東
  4. リザルト関東
  5. リザルト中国
  6. 2017お勉強会
  7. リザルト関東
  8. リザルト関東
  9. イベント(大会)
  10. リザルト沖縄
  11. リザルト九州
  12. リザルト中国
  13. イベント(大会)
  14. リザルト沖縄
  15. イベント告知
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. リザルト中国
  19. MFJ
  20. リザルト中国
  21. イベント(大会)
  22. MFJトライアル
  23. リザルト九州
  24. リザルト中国
  25. 自然山通信2021年1月号表紙
  26. リザルト中国
  27. リザルト関東
  28. イベント(大会)
  29. リザルト関東
  30. リザルト九州
  31. リザルト関東
  32. リザルト関東
  33. イベント(スクール)
  34. リザルト九州
  35. イベント(大会)
  36. リザルト関東
  37. 2020.11.10

  38. MFJトライアル
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. リザルト近畿
  42. リザルト中国
  43. リザルト東北
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. MFJトライアル
  47. リザルト関東

川内村(西)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1106蒲生さんの炭焼きのキャッチ

蒲生さん逝く

炭窯越しに見る桜

炭窯越しに見る桜。今年は避難中で、桜は見られなかった

蒲生喜好さんが亡くなった。

蒲生さんは、87歳になる炭焼き職人だった。炭焼き一筋、最後の最後まで、炭を焼いていた。90歳まで炭を焼くと言っていた蒲生さんだったが、その願いは、わずかに届かなかった。でも炭焼き職人らしい、大往生だった。

その日蒲生さんは、もう何十年もやっていたように、窯から炭を出していたのだという。炭窯は、炭を焼いているときには1000度にもなっているという。火がおさまったところを見極めて扉を開け、できあがった墨を窯から出してくる。扉を開けるのが早すぎると、扉を開けて空気を吸い込んだ瞬間に再び火が起きて、炭は勢いよく燃えてしまう。じっくり時間を置いてからが確実だが、それでも生産性が落ちるから、いいタイミングを見極めるのが、職人技だ。

蒲生さんは、最後にタイミングを誤ってしまったのか、それとも、そのとき蒲生さんになにかが起きたのか、それはもうわからない。蒲生さんは発見されたとき、炭窯の中に倒れていて、すっかり燃えてしまっていた。一酸化炭素中毒で倒れたあとに火がついたのではないかと見る人が多いけれど、真相はやっぱりわからない。わかっているのは、蒲生さんは長年いっしょに仕事をしていた炭窯で、自らを火葬して生涯を終えたということだ。

蒲生さんの炭窯

ここをクルマで通り過ぎると、車内にもかすかに炭の香りが入ってきた。

311のあの日も、蒲生さんは炭を焼いていた。ところが土でできた昔ながらの炭窯は、あの揺れに耐えられなかった。窯は崩れ、炭に火がついて、お窯はすっかり燃えてしまった。こういう事件もままあることだ。

それから数日後、全村避難となって、蒲生さんも息子さんとビックパレットに避難した。80歳を越えても、自分で木を切り、窯まで木を運び、窯の中にきれいに並べ、火をつけて炭を焼くという仕事を続けてきた蒲生さんである。ビックパレットの避難所で、寝ているだけの生活はずいぶんと苦しかったようだ。息子を相手に、よく言い争いをしていたという。蒲生さんは燃え落ちた窯が気になっていたのだ。早く帰って窯を作り直さないといけない。それで気がせいていて、息子さんと言い争いをする。蒲生さんはそうとうに耳が遠いから、言い争いができる人も何人もいないのだった。

在りし日の蒲生さん

炭焼き仕事をする、在りし日の蒲生さん。耳は遠かったけど、仕事は確かだった。

避難解除にはならなかったけど、蒲生さんはやがて窯に帰ってきた。そしてすぐに窯の再生にとりかかった。世間が放射能の安全や危険を取りざたしてけんけんがくがくのとき、蒲生さんはひたすら窯を作っていた。それが、何十年も続けてきた蒲生さんの生き様だったのだろう。

2週間くらいかかっただろうか、窯はできあがった。そして再び、蒲生さんは炭を焼くようになった。久しぶりに蒲生さんの窯から煙が出ていたときは、すぐ横をクルマで走り抜けながら、とってもうれしかった。原発事故はまだまだ解決しないけど、村の暮らしがひとつ帰ってきたという印象だった。

蒲生さんは、新しい窯で、1回炭を出した。そして2回目に火を入れたのが、最後の仕事になった。

電気やその他の新しいエネルギーに主役の座を奪われた炭。その炭を作り続けてきた蒲生さんは、原発事故で自然エネルギーが見直されようとしているこの時期に、炭焼き職人らしく天へ旅立っていった。

関連記事

イベント(大会)

2021メッツカップ第1戦のお知らせ

トライアルメッツクラブからのお知らせです。 初心者の方が安心して楽しめ元気が出る親睦草大会。 感染予防対策を講じ安全な大会を開催しま…

ボウの手術とアフリカツイン

トニー・ボウが5月5日に手術をしたという発表があった。 レプソルHondaチームの発表によると、ボウはトレーニング中に転倒して、左足腓…

自然山通信2021年5月号電子版をどうぞ

お待たせしております5月号の電子版です。 汎用性の高いPDFファイルで提供しますので、お手持ちの電子端末でお楽しみください。小さくコン…

【特集!全日本開幕戦】自然山通信5月号

【全日本開幕戦特集】自然山通信2021年5月号は、4月25日に開催された全日本トライアル選手権第1戦九州大会を特集して発売中! (さ…

リザルト中国

第275回ケニーズ杯

第275回 ケニーズ杯inグリーンピア 日程:5月5日(祭日) 場所:広島県グリーンピアせとうち内 トライアル場 (さらに&he…

リザルト関東

第10回〜第12回小川アタックツートラ

●埼玉県比企郡小川町 (さらに…)…

うさぎ、闘病なう

うさぎが不調なので、病院に行ってきました、というご報告。重篤ではないと思うんだけど、なんせうさぎなので、さっぱりわからない。 (さら…

2021、小川友幸が開幕ダッシュ

めまぐるしい順位争いだった。歴史的な日になるかもしれないという予感もあった。しかし勝利は、またまた大逆転で、チャンピオン小川友幸のものになっ…

2021全日本第1戦全結果

2021年4月25日 宮崎県えびの市矢岳高原トライアルコース (矢岳高原ベルトンオートキャンプ場) 天候:晴れときどき曇り 観客…

春のスーパータクマー

標高約600メートル、雪もたいして降らないけれど、村の中では豪雪地帯みたいにいわれ、とりあえずやたらと寒いと定評のある我が地域にも、ようやく…

ページ上部へ戻る