2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2017お勉強会
  4. イベント(大会)
  5. MFJトライアル
  6. イベント(スクール)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. リザルト中部
  12. 自然山通信2019年3月号
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(スクール)
  18. イベント(その他)
  19. イベント(その他)
  20. イベント(大会)
  21. 2016高田島ツートラ
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(スクール)
  27. イベント(その他)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト近畿
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(その他)
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. リザルト関東
  38. リザルト九州
  39. イベント(スクール)

川内村(西)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

201111/20

ムラの選挙

お祝い用の紅白モチ

 今日は、村議会議員の選挙投票日。人口3,000人弱有権者が2,500人くらいと聞きました。震災の後、原発から離れて避難して、住民票も移してしまった人も少なくないので、いよいよ有権者は少ない。
 定数10人。今回は13人が立候補しました。現役8人。新人5人。いつもの選挙とまったくちがう選挙なので、みんなたいへんです。でも、選挙もいいものだなぁというのが、投票日のたった今の感想です。


 ムラの選挙は、いろいろたいへんだと聞いてました。いまだに実弾がとびかったりするのかなぁ、さすがにそんなことはなかんべえが、どんなことになるのやら、だいたい投票率が9割を超えているなんて、ずっと都会の選挙しかやったことがないイナカ素人には信じられない。
 今年、3月以降の村は、人が少なくてとってもさびしい状態だった。村より、避難先のほうが放射線の値も高かったりするのに、なんでみんな逃げてるのかな、一説にはそのほうが補償をいっぱいもらえるからだとか、村に住んでると怒られるからだとか、いろんな諸説あり。でもまぁ事実として、村には人はいなかった。
 人のいない地域というのは、これはさびしいもんだ。そりゃ、少子高齢化に過疎化が加わって、人は確実にいなくなっていく。この1〜2年、お葬式は年中行事みたいになってたし、地震の後はそれも少し加速しているような気がする(でもお葬式も地域ではやらないから、あんまり目立たなくなっている)。
 そんな中で選挙でござる。村役場が郡山市に逃げているので、メインの投票所は郡山市になる。今まで、歩いていけるところに設置されていた投票所も、今回はない。人がいないから、それもしょうがない。選挙権はあっても、遠くまで逃げている人も多いから、郡山や村の投票所まで来られない人もいる。そういう人のために、不在者投票というシステムがある。
 住所変更の手続きをしていると、選挙の案内は転居先に届く。そしたら役場に「おらはこっちで投票したいから不在者投票の手続きをお願い」と連絡する。すると投票用紙とかもろもろが届く。それ持って、地元の役場に出かけると、たったひとりのために臨時の投票所が開設される。投票した投票用紙は、そっちの役場が本来の投票先に郵送する。簡単といえば簡単だけど、問題は来るときと帰るとき、2回郵送されるってことだ。だからぐずぐずしていると時間切れになる。ぼくも1回だけ不在者投票したことがあるけど「郵便間に合わなかったら無効になっちゃいますけどあきらめてね」と言われちゃった。今回は、そんなこんなもあったので、いつもより選挙期間が3日だけ多かった。選挙期間は10日間。その間に不在者投票の手続きをして投票を済ませなければ、遠くに避難した村人は選挙の権利を失うことになる。
 投票所だって、いつもの投票所とはちがって、仮設住宅の近所とかに設けられている。どこに投票に行ったらいいのかもよくわかんない。ぼくみたいな流れ者ならそういうのに慣れているけど、生まれたときから同じところで選挙をやっている人たちはさぞ戸惑うことだろう。

選挙たきだし中

 誰もいないのに、議会なんか運営できるのかいな、という疑問もないわけではないけど、でも選挙はまんざら悪いものではなかった。選挙に出るとなると、親戚やら近所の人やら、いろんな仲間が手伝いに来る。炊き出しが始まる。にぎやかになる。
 選挙だから、酒はない。酒が出ないから、どうしても酒を飲まないと生きていけない人は長居をしないでさっさと帰ったりする点が、いつもとちょっとちがう。酒がないから、まじめに村の将来の話になったりする。選挙だから、それが当然なのだけど。
 いつもだったら、葬式だ、お祭りだと、こういう寄り合いの機会は多いのだけど、避難中の村人ゆえ、放っておいたらみんなが集まるチャンスがない。そんな村に選挙がやってきて、人と人のつながりが復活した。
「おれが役場に務めてた頃、投票箱を運ぶのは自転車だった。雪の日に投票所から役場まで自転車で投票箱運んでいて、ふと気がついたら、後ろに積んでいた投票箱がねーんだ。あわてて戻って、道端におっこってるのを見つけて開票所についたら、25分遅刻でみんなを待たせちゃったなぁ」
 今ならえらいことですね。選挙の結果はともかく(いや、それが大事なんだけど)今日は久しぶりの人にいっぱい会えて、なんだかうれしい。

関連記事

イベント(大会)

5/5第260回ケニーズ杯

第260回ケニーズ杯のご案内 (さらに…)…

イベント(大会)

6/16第21回爆笑ツインショック

延期致しておりました「第21回 爆笑ツインショックトライアル大会」ですが、6月16日(日)に真壁トライアルランドにて開催することが決定致しま…

2019全日本選手権第1戦近畿大会

2019年4月14日 和歌山県湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:曇り(一時ちょっとだけ雨。終わったらちょっと本降り) 観客数:1,…

野崎史高、2019年初めての開幕戦勝利

全日本選手権が開幕した。今年の開幕戦は和歌山県の湯浅トライアルパーク、4月14日の開催で、例年より1ヶ月ちょっと遅い。 7連覇のかかる…

Vertigo VERTICALシリーズに「R」登場/もてぎ車販売予定

スペイン製トライアルマシン「Vertigo」に、新たに「Vertical R」が加わった。2019年モデルより新登場するシリーズです。 …

原発事故の思い出[村を出る]

村長が防災無線で避難を呼びかけたのは15日の夜のことだった。富岡の人も含めてみんなで村を出ることにしたのが16日の午前中だった。 ぼく…

自然山通信2019年4月号電子版

自然山通信4月号電子版をお届けします。 ご購入後、ダウンロードしてお手もとの電子端末でお楽しみください。 パソコン、タブレット、スマート…

自然山通信4月号発売!

平成最後の自然山通信・4月号の発売です。ちょっと遅れましたが(先月より一週間早く‥‥)発売開始です。トニー・ボウ選手が同席した初回対談以来大…

2017お勉強会

5/18川内村お勉強会

2010年から8年間にわたって続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島…

イベント(大会)

4/28とんトラ第1戦春トラ

とんトラ、今年の大会日程をお知らせいたします。 そろそろスキー競技&指導員等活動から解放されそうですので、4月7日から準備に上がりますので…

ページ上部へ戻る