2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

川内村(西)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

川内村の解禁日

1203解禁日の山羊

警戒区域でけなげに育っていた山羊さん

4月1日は、川内村の解禁日でした。朝はいいお天気で、ちょっとあったかかった。昼過ぎに雲が出てきて、そしたら雪が降ってきた。雪というか、氷というか、急に寒くなった。それからまた日が差してきて、でも寒いまんま、一日が終わりました。

今日は四月バカの日だけど、今日へたにうそをついたら、それは冗談では済まされなくなるような気がします。そういえば、去年の4月1日は、とてもエイプリルフールなんて、まるで忘れて過ごしていたなぁ。エイプリルフールなのにうそがつけないなと思えるようになっただけ、今年は日常が戻ってきたということかもしれない。

1203解禁日の魚釣り

ということで解禁日だ。通常なら、この日は川のあちこちに釣り客があふれている。でも今年はまばら。いることはいるんだけど、こぞってやってきたという感じではない。いつもだって、やってくるのは海沿いの釣り好きのことが多かったから、このご時世、そうそう釣りなんかしていられないのかもしれない。

去年今年と、漁協は放流をしていない。だから魚はいないかもしれないけど、でも釣りをしている人も少ないから、大きいのが育っているかもしれない。今年も去年同様、釣りは自己責任で釣りたいやつは勝手に釣れ、魚がいなくても知らないぞ、釣った魚が高濃度に汚染されていても責任とらないぞ、ということらしい。

朝、早速釣りに出かけたお隣さん。写真を撮った時点ではまだ始めたばっかりだったけど、そういえば釣れたのかな? 釣果を聞いてないや。釣れたのがあったら、ぜひ測ってみなくちゃいけない。

1203解禁日の検問

しかして、本日の解禁日は、釣りのお話ではない。本日は、川内村の全域で警戒区域が解除された。今までめんどくさい手続きをして自分の家に帰る許可をもらっていたけど、今日からは好き勝手に帰ることができる。ただし、宿泊はだめらしい。なんだそれ? ラブホテルじゃあるまいし、宿泊と休憩の区別はどうやってつけるんだろう? 昼夜逆転した生活をしている人はどうするんだ。一晩中、村の中をほっつき歩いていたらいいのか? お役所が決めることは、どうも現場とかけ離れていて、よくわからない。

ということで写真は、これまでの検問から5kmほど富岡に近づいたところに設けられた今日からの検問所。近寄っていったらお巡りさんがやってきて、ここから先はいけません、という。重々承知しております。取材ですか? いえいえ、ただ写真を撮って、遠くに避難している友だちに現状を見せるだけです。一応免許証を……。なんて話をしていたら、もちっと上司っぽいひとがやってきて、なんの規制もありませんから、ここから先に入ってくれなければかまいませんよと、せっかく免許出したのになにも控えずに釈放されました。今度はもう少し怪しいと思われるかっこうで行ってみなきゃいけないかな(一晩中うろうろしてみるとか?)。

1203解禁日の要注意

警戒区域が解除になったといっても、特に線量がばっちりさがったわけではない。クルマの中で測りながら走った限りでも、まだまだ3.0μSv/hくらいのところはある。こういうところでは、除染作業で出た汚染物質(というほどのものかどうか、ぼくには疑問)の借り置き場をつくったりしているけど、そのすぐ近くのおうちに帰ってくる人たちがいる。

このエリアは、放射能の検査をしていて、玄関に「検査済み」なんて紙が貼ってある。と思ったら、知り合いのおうちにはこんな紙が貼ってあった。なにが要注意なんだろう? 家の中に高い放射線を出す物質があると言うことか、それとも除染の際には気をつけないと、高圧洗車で壁を洗うと壁が抜けるぞ、という注意なのか、もしかしたら要注意人物が住んでます、という意味なのか。これも要取材です。

1203解禁日の3人

近くを歩いていたら、まず白い服を着た人がこんにちはと寄ってきた。この人は除染のあと、線量を測る担当の人。そしたらそこをツーリングしているライダーも通りかかった。加曽利隆さんのお知り合いらしいので、もっとお話したかったけど、通りすがりということでお別れしてしまった。ご縁があれば、きっとまた会えるでしょう。解禁日のツーリングとは、なかなかオツだなと思いました。

線量計測の人は、サーベイメーターをふたつ持って歩いていた。ひとつ40万円だそうだ。あちらは、ぼくの9,800円のやつに興味があるらしい。測ってみたら、どっちも同じような値を示した。1.72と1.68。まずばっちり正確、ということにしていて大丈夫かな。ちょっとまじめに付け加えれば、ガイガーカウンターは数字がでかい時にはだいたい安定した数字を出すんだけど、数字が小さい時(安全な時)は不安定になるものなんで、このあたりこそ9,800円の本領発揮の場所なのだと思う。

1203解禁日のイノシシ

道を走っていると、イノシシとおいかけっこ。この写真、なんかサルみたいに見えるけど、イノシシです。警戒区域では人がいないので、イノシシが昼間でも平気で歩いている。去年の3月以前、ぼくは昼間にイノシシを見たことがなかった。あれ以降、けっこう見ます。

イノシシも、これまで動物の天下だった界隈に、突然人間が舞い戻ってきて、大慌てしていることだろう。

1203解禁日の原発

イノシシとおいかけっこをしながら登った先に、海が見える丘がある。ここ、以前にも紹介したけど、第一原発が見える。500mmくらいの望遠レンズがあると、もっとはっきり見えるでしょうね。まぁ見てもしょうがないという気はするけど、間近で見る勇気がない人には、ちょうどいい距離かもしれない。

1203解禁日のバス

そしてあした、川内村には1年2週間ぶりに、バスが来る。船引駅と小野新町駅からの2方向から。村にあるバスの車庫には、新車っぽいバスが2台入っていて、復興バスというお化粧もしてあった。このバス、川内村専用なのかもしれない。

という、村内観光をした日曜日でした。

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る