2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. リザルト関東
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. リザルト中部
  18. リザルト関東
  19. 自然山通信2019年3月号
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)

川内村(西)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

広末涼子さん

1303広末さん

去年の、あれはもしかしたらクリスマスの日だったと思うけど、広末涼子さんが郡山にやってきた。郡山の、川内村と富岡町の仮設住宅がある集会所で、ひっそりとクリスマスパーティをやったのだった。30人も入ればいっぱいになってしまうような集会所だから、告知もなくて、ぼくは村のばさまたちに「運転手して連れてけ」と言いつけられてでかけていったら、ヒロスエさんにお目にかかれたというわけでした。

1303広末さん

広末涼子さんの旦那さんは、キャンドル・ジュンさんといって、ろうそくアーティストだ。物静かだけど、怪しげな感じでもある。ネットで検索したら、まぁいい評価はほとんどない。どうも、広末ファンの度合いが高いほど、このカップルに対する冷評が高いような気がするけど、それはいいや。ぼくは広末さんには多少興味があるけど(女優としての広末さんへの興味と、知性のなさそうな、あるいは知性を隠したような笑い方が、うちの娘とよく似ているところなど)、私生活は私生活だと思うから。

なので、何度かでかけた集会所へ入ったら、広末涼子さんがこたつでお茶飲んでいたのはびっくりした。知ってるんだったら、最初から言っておいてくれよ。ぼくにだって、心の準備があるんだ。

でもまぁ、心の準備があったらどうだというのか。広末さんに声をかける機を探りながら、そこに集っている村の知り合いとお話などしているのがせいぜいの、気の弱いファンでありました。

「なになにちゃんのところは、赤ちゃんはいくつだっけ?」

みたいな話をしたんだっけかな? その子は、地震の頃に生まれて、生まれた直後にたいへんな時期が重なってしまって、たいへんだったという話を聞いていたら、あっちのほうで聞き耳を立てていた涼子さんが「あたしもそうでした」と声をかけてきた。彼女も震災の頃に赤ちゃんを生んで、その頃は赤ちゃんを守らないと、という思いでたいへんだったという話をしてくれたんだったかな?

こわくはなかったというんだ。当時の彼女にとっては赤ちゃんが絶対で、その子がいなくなったら生きている価値なんかないから、自分のことを守ろうなんて思わなかった。そういう開き直りがあったから、あの異常事態を比較的楽に乗り切れたという話をしてくれた。

1303広末さん

生広末涼子に会うのは初めてだし、いつもの広末涼子さんを知らないけど、ちまたではなかなか扱いにくい女優だということになっている。でもこんな集会所でこんな話をしてくれるのだから、根っからつんけんした女のひとではないのだと思う。扱いにくいというのは、聞き方が悪くて怒っちゃったりしたんじゃないかと思うけど、ぼくは芸能記者をやったことがないから、どうだったんだろうな。

こたつでミカン食べてる姿は、そのへんのおねーさんだった。村の高校生が同席してなじんでしまっている。そんなこんなでしばらくしたら「あとから来られたんですよね」なんて、遅れてきたぼくらにクリスマスプレゼントなんて渡してくれちゃったりした。中身はともかく、ついおだてられて木に登りたい勢いだ。

ようやく、ファンとしてお声がけするチャンスがやってきたので「ぽっぽやのお化けのファンです」とお話した。あとから勘定したら、もう10年以上も前の映画で、最近のおくりびととかの話をせんかいというところだけど、それは見ていないのだからしょうがない。ぽっぽやの話をしたら高倉健さんとアカデミー賞の授賞式で久しぶりに会った、なんて話をしてくれた。

もしかするとこの人には、芸能界とふつうの社会の線引きがない、いたって裏表のない人なんじゃないかなと思った。

キャンドル・ジュンさんのほうは、あいかわらず口数少なく、でも最後に、1年前にも支援活動でここへきたことがあるけど、そのときは仕事だと思ってきた、今回は里帰りだと思ってきたなんて話をして、集会所のばさまたちを喜ばせていた。帰りには、このへんのおうちに遊びに行くとよくされるように、たくあんや漬け物をやまほど持たされていた。

子どもたちは親に預けて、ふつうにステップワゴンを走らせてやってきた広末夫妻。ほのぼのとした時間をありがとう。ぼくは自分の前に現れたおふたりを信じることにします。今度は郡山じゃなくて、村のほうにも来てほしいです。

(なんか、お忍びだというから、書かずにいました。ぼくが書いたって、たいした影響力はないだろうけど)

関連記事

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキ…

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催…

ストライダー日本グランプリDay2も藤波3位表彰台!

6月9日、ツインリンクもてぎでの世界選手権、その2日目。トニー・ボウが見事な勝利を飾り、藤波貴久は再び表彰台に上った。2位はアダム・ラガ、黒…

ストライダー日本グランプリDAY1の結果

6月8日土曜日、ツインリンクもてぎで世界選手権第2戦、その1日目が開催された。 (さらに…)…

ストライダー日本グランプリ予選結果

世界選手権日本大会(正しくは「2019 FIMトライアル世界選手権第2戦ストライダー日本グランプリ」という)が始まった。 木曜日に受付・車検…

イベント(大会)

10/27第24回水源の森

第24回 水源の森ツーリング・トレッキング・トライアル&やまびこ祭り (さらに…)…

イベント(大会)

8/24第7回OASIS CUP

第7回 OASIS CUP トレッキング・トライアルIN比和 (さらに…)…

自然山通信2019年6月号電子版

自然山通信電子版をご用意しました。印刷した紙版と同じ消費税込み308円でのご提供です。 PDFでお届けしますので、お手もとのスマートフ…

自然山通信6月号発売!

「自然山通信6月号」発売のお知らせです。全日本選手権R2九州10ページ、CityTrial in OSAKA 6ページ、鷲ヶ岳のクラシックミ…

2019トライアル・デ・ナシオン(TDN)日本代表選手決定

2019年トライアル・デ・ナシオン(TDN)に参加する日本代表選手が決定して、発表された。代表選手は藤波貴久、黒山健一、小川友幸の3名だ。 …

ページ上部へ戻る