2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2017お勉強会
  4. イベント(大会)
  5. MFJトライアル
  6. イベント(スクール)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. リザルト中部
  12. 自然山通信2019年3月号
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(スクール)
  18. イベント(その他)
  19. イベント(その他)
  20. イベント(大会)
  21. 2016高田島ツートラ
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(スクール)
  27. イベント(その他)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト近畿
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(その他)
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. リザルト関東
  38. リザルト九州
  39. イベント(スクール)

川内村(西)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

富岡漁港

0306富岡漁港の水

富岡漁港で水を汲んできました。

震災1年目くらいに、有害化学物質削減ネットワークというNPO団体のご協力で、行政が測ってくれない(その理由はいろいろあって、納得できるものも納得できないものもある。予算を付けたオカミの所轄の問題が大きいみたい。少なくとも、住民の安心とか事実の追求、というスタンスはない)いろんなものを測ってもらっている。といっても、サンプルの収集もなかなか手間がかかって、その気で出かけないとなかなかサンプル収集に至らない。

今回はふと思い立って、車を探したら2リットルのペットボトルがあったので、とってみました。

富岡漁港は、日本一小さな漁港だった小良ヶ浜漁港の廃止とともに誕生した港で、いまふうの、まぁそっけない漁港です。小良ヶ浜漁港の存在はうかつにも震災のあと知ったので、ぜひ行ってみたいと思いつつ、今はバリケードの中になってしまった(小良ヶ浜漁港については、こちらがていねいに紹介してくれています)。

富岡漁港はもちろん津波の直撃を受けてなんにもなくなってしまったけれど、問題はそこにあったはずの海洋資源。なんせすぐ数km先には汚染水を垂れ流している福島第一原子力発電所がある。

震災前は、ここでは盛んに水揚げがされていたし、そうそう、漁港の横では、サーフィーンをやる人の姿もよく見かけた。なかなかいい波が来るんである。つまり福島のこのあたりは、海も山もなんでもあったステキなところだった。ついでに原子力発電所もあったけれどね(まぁ日本全国、おんなじだけど)。

ぼくらが住む川内村にとって、富岡町というのはお父さんみたいな存在で(いい意味でね)、いろいろと頼りがいのある存在だった。職場も、買い物も、市場も、免許の書き換えも、ハローワークも、電気の契約も、みんな富岡へ出かけていった。だから富岡が崩壊した今、川内村も崩壊するしかないのだと考えているひとは少なくない。

海もすっかり汚染されてしまって、と肩を落としている人は多い。まぁ、そうなんだろうけど、水ってのは、放射能にけっこう強いということもあったりして、もしかすると海の表面なんかは意外にきれいだったりするんじゃないの? なんて思ったりしていた。ヒラメとかにとんでもない汚染が発見されたりして話題になったけど、放射性物質は海底に沈んでいる。海底をつつくような魚はそこそこ放射能を食べちゃってるかもしれないけど、ゆらゆらと海を泳いでいるだけならどうなのかなー?なんてね。

ほんとはじゃぶじゃぶと海に入っていって水を収集してくればかっこいいんだけど、つい思い立ってやったので、着替えも持ってない。おっかなびっくり、こんな感じでやってきました。2リットルのペットボトルには、1リットルくらいしか入りませんでした。

そして試料を送ってしばし。結果が届きました。検出限界2Bq/kgでNDだった。試料質量1000gを54000秒測定しての結果です。

このデータを持って富岡漁港が安全とか、そういうことをいうつもりはまったくないけど、世の中が福島はあぶない、あぶないとばっかり言っているので、ちょっとやってみた。次は海岸の砂浜を測ってみたいし、ここで釣ったお魚も測ってみたいけど、そっち方面はついでには収集できそうにないから(少なくとも長靴は持っていかないと)いつになるやらという、根性のない測定屋日記でした。

関連記事

イベント(大会)

5/5第260回ケニーズ杯

第260回ケニーズ杯のご案内 (さらに…)…

イベント(大会)

6/16第21回爆笑ツインショック

延期致しておりました「第21回 爆笑ツインショックトライアル大会」ですが、6月16日(日)に真壁トライアルランドにて開催することが決定致しま…

2019全日本選手権第1戦近畿大会

2019年4月14日 和歌山県湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:曇り(一時ちょっとだけ雨。終わったらちょっと本降り) 観客数:1,…

野崎史高、2019年初めての開幕戦勝利

全日本選手権が開幕した。今年の開幕戦は和歌山県の湯浅トライアルパーク、4月14日の開催で、例年より1ヶ月ちょっと遅い。 7連覇のかかる…

Vertigo VERTICALシリーズに「R」登場/もてぎ車販売予定

スペイン製トライアルマシン「Vertigo」に、新たに「Vertical R」が加わった。2019年モデルより新登場するシリーズです。 …

原発事故の思い出[村を出る]

村長が防災無線で避難を呼びかけたのは15日の夜のことだった。富岡の人も含めてみんなで村を出ることにしたのが16日の午前中だった。 ぼく…

自然山通信2019年4月号電子版

自然山通信4月号電子版をお届けします。 ご購入後、ダウンロードしてお手もとの電子端末でお楽しみください。 パソコン、タブレット、スマート…

自然山通信4月号発売!

平成最後の自然山通信・4月号の発売です。ちょっと遅れましたが(先月より一週間早く‥‥)発売開始です。トニー・ボウ選手が同席した初回対談以来大…

2017お勉強会

5/18川内村お勉強会

2010年から8年間にわたって続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島…

イベント(大会)

4/28とんトラ第1戦春トラ

とんトラ、今年の大会日程をお知らせいたします。 そろそろスキー競技&指導員等活動から解放されそうですので、4月7日から準備に上がりますので…

ページ上部へ戻る