2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. リザルト関東
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. リザルト中部
  18. リザルト関東
  19. 自然山通信2019年3月号
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)

川内村(西)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

自由大学は対話する

1309自由大学の対話集会

 混とんと悦楽の夜が過ぎて、宴会がはたしていつまで続いたのかはわからない。ぼくはそのまま誰かのいえにつれて行かれて飲み足して、帰ってみたらウサギが飯がないと怒っていた。
 さて翌日、今度はうってかわってまじめなモードになって、参加者身内中心に対話集会が行われた。このツアーはもともと田口ランディ主催のダイアローグ研究会だから、川内村自由大学としてもこれがメインイベントでもあるのだった。


 ほんとは御用学者と呼ばれた先生とか原発事故調の委員だった先生とか新聞社の論説委員とかが何人かやってこられるはずだったんだけど、みんな直前にお仕事が入って来れなくなった。フルメンバーだったらすごい対話になったろうと思うんだけど、今回は環境が専門の高野雅夫先生のしっとりとしたお話を聞いて、感じたことをみんなが話すというおごそかな感じになった。
 先生は震災直後からいろんなところに支援に行って、放射線測定なんかもやられたんだという。でもそのうち、なにかちがうと思い始めて、線量計を持っていくのはやめにして、トロンボーンを持って被災地へ行くようになったという。それでいいのかと思う人もいるだろう。つまりなんというか、支援をやめちゃったということだ。被災地へ行くといえば、ボランティアしにいくのかと聞かれるのが常みたいだから、トロンボーンを吹きたいから、というのは被災地へ行く理由にならないのかもしれない。
 ただ少なくとも川内村のこのへんにいると、それでいいのだと思う。高野先生のトロンボーンはさすがに環境学の先生らしく、周囲の空気に溶け込む音色で響く。音楽そのものは慰問に来てくれる音楽専門の人のほうが技術的に高いんだろうけど、トロンボーンの名手には真似ができないところが高野先生はいっぱいあるわけだ。
 居合わせたメンバーがたまたまみんなそうだったのか、ランディの切り口がそうだったからか、脱原発に賛同するか、というのがひとつのテーマになった。正確には、脱原発運動をどう思うか、みたいなことだった。
 いろんな意見があったけど、どんぶりでいうと、脱原発が正義で、それ以外はダメだという感じがしてしまうのがいやだというような声が多かったように思う。東京電力は重罪で、福島県は人が住めないところで、だから原発はやめましょうというシンプルな考え方には、ぼくも違和感がある。
 脱原発がいやだって、声に出していってしまってもいいのかと、肩の荷が下りたように告白した人もいた。いや、たぶん怒られますよ。ぼくだって、ここにこんなこと書くと、きっとあっちこっちから怒られるんだ。でも怒られたくないから脱原発をするんだったら、これまでの原発推進とおんなじだから、ぼくはやりたくない。
 もちろん、原発をつくりましょう、動かしましょう、といってるんじゃなくて、脱原発の方法論についての話なんだけど、そんなのはとにかく原発をなくしてからだ、という意見があるのもよくわかる。それでも、どこかで感じる違和感は、大事にしなきゃいけないと思うわけです。
 そんなことは重々承知のうえで、それでも脱原発を謳うのか黙っているのか、悩んでいる人がいる。これも、原発事故が生んだ歪みなのかもしれないけれど、もっと以前、この地域では原発反対と声にあ出してはいけないと言われていたから、時代が変わって流れがさかさまを向いたかに見えるのだけど、根っこのところはなにも変わってないのかもしれない。
 ひとりひとり、いろいろ話を聞いていると、それぞれ、貴重な体験をしているのがわかって、おもしろかった。こういう少人数のツアーだと、一般参加者というか、その他大勢みたいなくくりはなくて、あたりまえだけど、みんなに名前があって、それぞれ立派な個性のある人ばっかりだ。田口ランディの一行と単純に片づけてはいけないなと思う。原発の是非について、脱原発の運動についても、共通するところ、あるんじゃないかな。
 ミニ対話集会はおもしろかった。感がえる知ろう館は、それ自体はたいして珍しいものが展示されているわけじゃないけれど、ここを足がかりとして、ぶっ壊れた原発を肉眼で見られる高台に出かけたり、いまだに津波被害がそのままになっている富岡町を社会科見学に出かけたり、村人と明るい話や暗い話を語ったり、そういうことを体験してもらえばいいと思った。そしてその時そこにいるメンバーで、日本の未来について語れればいい。そういうエッセンスが今回の自由大学にはつまっていた。対話自体はわざわざこんなところまでこなくたってできるわけなんだが、川内村でおこなう対話は川内村でしかできない対話かもれないと思うと、楽しい。
 飯舘の麻里さんは、去年もランディといっしょに来てくれた。去年はお米の作付けをほとんどやってなくて、田んぼには雑草が生い茂り、周囲には除染の青い袋が山積みになっていた。除染の袋は今でもまだ見えるところにあるし、見えないところにはそれこそ尋常ではない数が積み置かれているわけだけど、麻里さんは1年ぶりに訪れた川内村にやってきて「田んぼの稲を見て、ほんとうにうれしかった」と言ってくれた。自分の郷では、まだ見られぬ光景だし、いったいいつになったら見られるのかもわからない光景だ。ぼくだったらちくしょう、ずるいな、と思ってしまいそうな気がするんだけど、麻里さんは一部の曇りもなく、そこに潜む思惑や経済も全部横に置いておいて、農の営みの復活を喜んでくれていた。こういう喜びを、原発推進の人にも原発反対の人にも、もっと見てもらえたらいいのになぁと思うのだった。

関連記事

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキ…

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催…

ストライダー日本グランプリDay2も藤波3位表彰台!

6月9日、ツインリンクもてぎでの世界選手権、その2日目。トニー・ボウが見事な勝利を飾り、藤波貴久は再び表彰台に上った。2位はアダム・ラガ、黒…

ストライダー日本グランプリDAY1の結果

6月8日土曜日、ツインリンクもてぎで世界選手権第2戦、その1日目が開催された。 (さらに…)…

ストライダー日本グランプリ予選結果

世界選手権日本大会(正しくは「2019 FIMトライアル世界選手権第2戦ストライダー日本グランプリ」という)が始まった。 木曜日に受付・車検…

イベント(大会)

10/27第24回水源の森

第24回 水源の森ツーリング・トレッキング・トライアル&やまびこ祭り (さらに…)…

イベント(大会)

8/24第7回OASIS CUP

第7回 OASIS CUP トレッキング・トライアルIN比和 (さらに…)…

自然山通信2019年6月号電子版

自然山通信電子版をご用意しました。印刷した紙版と同じ消費税込み308円でのご提供です。 PDFでお届けしますので、お手もとのスマートフ…

自然山通信6月号発売!

「自然山通信6月号」発売のお知らせです。全日本選手権R2九州10ページ、CityTrial in OSAKA 6ページ、鷲ヶ岳のクラシックミ…

2019トライアル・デ・ナシオン(TDN)日本代表選手決定

2019年トライアル・デ・ナシオン(TDN)に参加する日本代表選手が決定して、発表された。代表選手は藤波貴久、黒山健一、小川友幸の3名だ。 …

ページ上部へ戻る