2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. 2017お勉強会
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. リザルト関東
  8. イベント(スクール)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. リザルト中国
  13. リザルト中部
  14. 自然山通信2019年3月号
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(スクール)
  20. イベント(その他)
  21. イベント(その他)
  22. イベント(大会)
  23. 2016高田島ツートラ
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(スクール)
  29. イベント(その他)
  30. イベント(大会)
  31. リザルト近畿
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)

川内村(西)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

原発の思い出[3月15日]

3月15日

この2枚は、14日午後にやった地域と避難者のミーティングと、翌日15日午前に富岡町の人がやってきたミーティング。

2011年3月14日ミーティング

2011年3月15日ミーティング

14日のやつは、これから長くなるから、我々も至れり尽くせりの支援協力はできない。できることは自分たちでやってもらって、お互いにうまくやっていこうという申し合わせだった。特に問題が起きているわけではなかったけど、ぼくらもだんだん他人事ではなくなってきて、ずっとお客さま扱いはできないから、一応のお知らせをしておこうということだったのではないだろうか。向こう側にぼくら地域の面々、手前が富岡の人たちだ。向こう側に並んでいる顔ぶれは、当時の地区の役員さんなどもいるけど、いつもはほとんど顔を出さない人もいらっしゃる。地区の役員会とか婦人会とかのわくを超えた顔が富岡の人を支えていたのかもしれないし、もしかするとその頃はもうこちら側も人が少なくなっていたのかもしれない。

15日のミーティングは、一見して人が少ない。実は14日の晩、ではまた明日も顔を出しますね、と自分の家に帰り、翌朝集会所へ行ってみると、クルマが極端に少なくなっていた。中に入ると、ぽかんとしてたたずむ人が何人かいた。

寝ていたら、たいへんだ、逃げないとたいへんなことになるぞということになって、みんなとるものもとりあえず逃げ出したんだ、という。そのぽかんとたたずむ人によると、家族で逃げ始めて、船引をすぎ、三春あたりまであてもなく走ったところで、なんで逃げてるんだ、どこへ向かっているんだ、と疑問が出た。集会所にいる人たちはみんなで逃げたけど、地域の人たちは寝静まっている。逃げる必要がほんとにあるのか、黙っていなくなっていいのか、そんな葛藤があって、彼らだけ、戻ってきたのだという。

ずっとあとになって、役場の人たちとかに話を聞いても、14日の夜に富岡の人たちが大量に再避難をしたという記憶はないらしい。ぼくの想像では、村の中の大きな避難所の一部で、もっと遠くへ行こうという話になったのではないか。この地域の人たちは、身内や友人に原発にお勤めの人は多いから、情報もある。そういうあたりから、もうイチエフはだめだぞ、という話が伝わったのだとしたら、多いに理解ができる。その中に、仲間が高田島の集会所にいると知っていた人がいて、逃げる途中に集会所に立ち寄ったのではないか。

高田島は、川内村の中心部から郡山へ行く道すがらになる。といっても、峠道がけわしいので、歴代の総理大臣も天皇陛下も、郡山から川内村へきたえらい人たちは、誰一人ここを通っていない。それでも、えらい人が通る、国道288号線都路経由で国道399号線を通るルートは、より原発に近い。原発から逃げようという人には選びにくい。それで高田島経由になったところ、そういえばここにはあいつがいる、ちょっと声をかけていこう、ということになったとしても不思議じゃない。寝込みを襲われた人たちは、半分夢を見ながら「ここにいると死んでしまうぞ」と受け取ったとしても、それもそれで不思議ではない。

かくして、翌日の集会所は一気に空っぽになった。15日午前中のミーティングは、ヘルメットをかぶった人(きのうのあの人と同じかどうかはわからないけど、同じだった気がする)がいるから、富岡町からやってきた人をまじえてのものだったという。この頃は、各避難所に町のスタッフがふたりずつ駐在することになっていたので、その彼らの顔も見える。なにが話されたのかは忘れちゃった。

これが、15日の午後のことだった。もしかすると、15日の夜、富岡町と川内村の連名で、重大な発表をするから、それを聞いてね、という事前通告だったのかもしれない。今思えば、玉音放送聞けよ、みたいな感じですね。そんな1日が、静かにくれようとしていた。

関連記事

2019アウトドア世界選手権開幕前夜
トニー・ボウ・インタビュー

今週末、いよいよ2019年世界選手権がスタートする。会場はイタリア。この2年、最終戦として組まれていた会場が、今年は開幕戦となっている。 …

2回目のCity Trial、野崎史高が勝利

街中でトライアルを楽しんでもらう。こんなコンセプトで去年初開催されたCity Trial Japanが、今年も開催、大盛況となった。 …

ブストが突然ヴェルティゴへ

ハイメ・ブストがヴェルティゴに移籍した。2015年にトライアルGPにデビューして今年は5年目。愛車はこれが3つ目となる。 (さらに&…

2019第2戦初開催の九州宮崎は
黒山健一が大逆転勝利

最後の最後、小川友幸が足を出した瞬間に、九州大会の熱い勝負は決着した。黒山健一が、2018年開幕戦以来、1年2ヶ月ぶりに勝利。開幕戦勝利の野…

イベント(大会)

8/4奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2019年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせです。 恒例の真夏のトライアル祭典『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。初心者…

2017お勉強会

6/15川内村お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

2019全日本ランキング(〜第2戦九州まで)

2019年国際A級スーパー・ポイントランキング【独自集計】 順位 No. Rider R1 R2 R3 …

2019全日本選手権第2戦九州大会リザルト

2019年5月12日 宮崎県えびの市矢岳高原トライアルコース 天候:晴れ 観客数:1,400人 10セクションx2ラップ(IAS…

自然山通信5月号電子版

令和となって第1号の自然山通信ですが、元号とはあんまり関係なく、のんびり5月になってできあがりました。 5月号は全日本選手権開幕戦レポ…

自然山通信5月号発売!

令和の第一号「自然山通信5月号」はGWが終わると同時に出荷を終えました。全日本選手権開幕戦レポート、X-TRIALデ・ナシオン、大好評ほろ酔…

ページ上部へ戻る