2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. リザルト関東
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. リザルト中部
  18. リザルト関東
  19. 自然山通信2019年3月号
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)

川内村(西)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

耳のないウサギと年齢詐称疑惑

2013年のすみれ“>2013年型のうちのうさぎ

ぼくらの住む川内村から北へ20kmほどいくと、浪江町にはいります。浪江町は北西方向に長く延びていて、しかしこれがまた、ごていねいに福島第一原発から出た放射性プルームの帯と一致している、たいへん不運な自治体です。震災までは誰も知りもしなかった町の名前だと思うけど、鉄腕ダッシュ村があったから、ここのことを知っている人も少なからずいたはずです。

国道399号線を走って1時間ちょっとですから、川内村からも遠くないのですが、放射線値が高いからと、今は入れないエリアになってしまいました。

ここに、耳のないウサギが生まれたという話がありました。

2007年のすみれ
2007年の生まれたばっかりの頃

耳のないウサギは、福島第一原発の事故以後に生まれたウサギで、今は埼玉県で暮らしているようです。耳なしウサギのもともとの飼い主は、浪江でキャンプ場をやっていた方で、ぼくも2度ばかりお邪魔したことがあります。実はトライアル仲間のお友だち。世の中って狭い、というかいろいろとつながっていて、おもしろいです。

さてこのウサギが、なぜ耳を持たずに生まれてきたのか、やはり福島第一原発からの放射能の影響なのか、それともなんらかのストレス(強い地震によって母親が受けたストレス、なんて伝えている記事もありました)なのかは、はっきりしません。はっきりしているのは、このウサギには耳がなかったということです。

広島、水俣と被災者認定がむずかしい事例は過去にいくつもあったけれど、それはこういうことだったのかなといまさらながら思います。その因果関係はなかなか結びつけにくいし、というか、科学的にはほとんど因果関係はないのだろうと思います。でも耳のないウサギが生まれれば、きっと原発のせいだと思う人が多い。それもまた事実です。

こういうのはきっと、いつまでたっても結論が出ずに、国や行政と住民との隔たりは大きくなっていくのでしょう。

ところで、うちにもウサギがいます。うちのウサギには耳がある。いたってふつうのウサギで、おもしろくもなんともない。もう老齢で、だいたい10歳くらいになるんじゃないかと言われていました。いつ死んでもおかしくないし、もう充分生きているので、少々具合が悪いからといって遠くまで病院に連れてくるより、家で静かに天寿を全うさせてやった方がいいのでは?なんて獣医さんにアドバイスを受けたりもしました(幸い、医者に連れていったのは1回だけで、すぐ元気になりやがった)。

最近、うちのそのウサギが、もらわれてくるはるか以前の、生まれて数ヶ月のときの写真をいただいた。それがなんと、07年の日付が入っているではないか。とすると、やつは10歳ではなく、まだ7歳かそこらだったということになります。なんと、ウサギの世界にも年齢詐称があったようで。

2007年のすみれ
同じく2007年の若かりし頃

このウサギ、うちに来るまではなかなか波乱万丈な人生を送っていた。まず、性別が不詳だった。 生まれたばっかりのウサギの性別確認はむずかしいらしいんだけど、うちのウサギはメスということで「スミレちゃん」なんというかわいい名前をもらって、仲間の女の子とひとつ籠の中で暮らしていた。

数ヶ月後、子どもができた。うちのウサギはメスだったはずなのに、ちんちんが小さくてオスメスの区別がつかなかっただけだったようで、れっきとしたオスでした。

そんなわけでできちゃった結婚ごとく家庭を持ったうちのウサギだったけれど、どうもたいしたろくでなしだった。まず家庭内暴力が激しく、子どものことはいじめるし、母親のことも意地悪をする。おかげで母親は毛が抜けて禿げてしまった。

事態を重く見た飼い主は、うちのウサギだけ隔離して育てることにした。独房です。ところがやつは、穴を掘ってここからも脱走した。何度も何度も脱走して、ほとほと手を焼いた飼い主は、このウサギを放出した。今、やつがうちにいるのは、悪さの限りを尽くして追い出されてきたからなのです。

やつの子どもは、5匹くらいいたらしいのだけど、そのうちの何匹かは、父親にいじめられて耳をかみ切られてしまっているといいます。耳のないウサギにも、いろんな人生があるものです。

2013年のすみれ
2013年型のリンゴを食ううさぎ

関連記事

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキ…

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催…

ストライダー日本グランプリDay2も藤波3位表彰台!

6月9日、ツインリンクもてぎでの世界選手権、その2日目。トニー・ボウが見事な勝利を飾り、藤波貴久は再び表彰台に上った。2位はアダム・ラガ、黒…

ストライダー日本グランプリDAY1の結果

6月8日土曜日、ツインリンクもてぎで世界選手権第2戦、その1日目が開催された。 (さらに…)…

ストライダー日本グランプリ予選結果

世界選手権日本大会(正しくは「2019 FIMトライアル世界選手権第2戦ストライダー日本グランプリ」という)が始まった。 木曜日に受付・車検…

イベント(大会)

10/27第24回水源の森

第24回 水源の森ツーリング・トレッキング・トライアル&やまびこ祭り (さらに…)…

イベント(大会)

8/24第7回OASIS CUP

第7回 OASIS CUP トレッキング・トライアルIN比和 (さらに…)…

自然山通信2019年6月号電子版

自然山通信電子版をご用意しました。印刷した紙版と同じ消費税込み308円でのご提供です。 PDFでお届けしますので、お手もとのスマートフ…

自然山通信6月号発売!

「自然山通信6月号」発売のお知らせです。全日本選手権R2九州10ページ、CityTrial in OSAKA 6ページ、鷲ヶ岳のクラシックミ…

2019トライアル・デ・ナシオン(TDN)日本代表選手決定

2019年トライアル・デ・ナシオン(TDN)に参加する日本代表選手が決定して、発表された。代表選手は藤波貴久、黒山健一、小川友幸の3名だ。 …

ページ上部へ戻る