2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. 2017お勉強会
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中国
  14. MFJトライアル
  15. リザルト関東
  16. イベント(スクール)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト中国
  21. リザルト中部
  22. リザルト関東
  23. 自然山通信2019年3月号
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(スクール)
  29. イベント(その他)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1504タクマー50mm

レンズを分解しました

 レンズの分解掃除をしてみました。
 お仕事としてカメラに接していると、カメラを分解するなんてとんでもない。でも、なおらなくてもいいやと思うと、やってみる気になります。問題は、いつやるか、なんだけど、ぼくは流行語は大きらいなのでなかなか手がつかなかった。でもやってみました。今さっき。

1504タクマー50mm外観

 忙しい忙しいといっていると、いっているだけでおかしくなっちゃうので、おれはヒマなのだと思いこんだので、それで作業にかかれました。杉谷などは、おもいきり集中して仕事をしていたと思ったら、数時間机を開けて釣りに行ったりすることができる。ぼくはそういうことができない。イタリアくんだりまで出かけて、マリオ・カンデローネの家でぐずぐず仕事をしていたら「おまえも日本人だなぁ」と言われたことがあるけど、日本人が勤勉だというのは実は嘘っぱちで、机に座って仕事してるふりをするのが好きなんじゃないかと思ったりします。少なくともぼくはそう。好きなんじゃないけど、まぁ、ぐずなんです。
 そういう話じゃない。分解したレンズは、スーパータクマー50mmF1.4。このレンズは前に紹介したけど、放射性トリウムを使っていて、線量計をレンズに近づけると10μSv/h弱の数値が表示されます。それが見てみたくて、オークションで買ったんだけど、少しカビに冒されていた。ものの本を読むと(いや、インターネットだ)、カビは中性洗剤でけっこう落ちると書いてある。それでばらして、台所で洗ってみました。でもちょっと、水あかみたいなのがついちゃったかもしれない。経年変化かもしれないけど、このへんは、素人の分解修理だから、うるさいことは言わない。
 トリウムレンズは、たぶん放射能を出してるからだと思うんだけど、レンズが黄色く変色してます。それで、その前後のレンズも変色させちゃっている。一番黄色いレンズがトリウムを含んでるんだと思うんだけど、線量計を近づけても3μSv/hくらいにしかならない。いや、放射能が高くていいことはなにもないんで、それならそれでいいですけど。組み上げたレンズをもう一度測ってみたら、7μSv/hと数字が出ました。カメラの後ろ側、人間の顔があるあたりでは0.4μSv/hくらい。1970年代、このレンズを使っていた人はそれくらい被曝していたわけで、それでもフィルムが感光するなんてこともなかったわけなんで、原発の是非はともかく、今のヒステリックな放射能アレルギーはどうなのよと思ったりするのだけど、それは今回の話とは関係ないです。

1504タクマー50mmのレンズ

 さてさて、そんなこんなで一度組んだら、ピントがまるで合わなくて、どうしたものかと青くなったら、作業バットにレンズが1枚あった。組み忘れていたらしい。なんか致命的な失敗をしたかと思ったけど(致命的だろう!)よかった。
 もう一度組んだら、またもピントが合わない。あれぇと思って、もう一度文献(インターネットだった)を引っ張り出してきてレンズ構成と比べてみたら、かのトリウムレンズを前後反対に組んでいた。前後反対でもネジがあっちゃって組めちゃうというところがすごい。
 ピストンなんかも前後逆に組めば、組めるのかな? 吸気側と排気側では晒される熱がちがうから、焼き付いちゃうかもしれないですね。その前に動かないかもしれないけど。焼き付いちゃうのに比べれば、レンズは組まちがえると、ピントがまるで来ないからすぐわかって便利です。いや、組んだ時にメモとかしておいて、その通りに組めばいいんですけどね。次はそうします。
 で、できあがり。しかしこの50mmF1.4。開放時のボケっぷりたるや、すごい。ちなみにウサギの写真を2枚お見せしちゃっていますが、1枚はてきとうに絞ったもので、1枚は開放です。開放の方は、ピントが合ってるのかぶれてるのか、もしかしたらぶれてるのかもしれないけど、高感度にものを言わせて撮ったから、あんまりぶれてはいないんだと思うんだけど、自信がなくなってくるようなボケ味です。
 この時代のレンズ、なにからなにまで、ガラスと金属でできてるんですね。ずっしり重たい。その重厚さと、女の子でも撮ってみたくなるボケ味のコントラストが、たいへん魅力的。このへんには女の子といっても50年くらい前に女の子だった人たちしかいないけど、ちょっとレンズの前に立たせてみるかな? ウサギじゃなくて。

1504タクマー50mmとウサギ 

関連記事

イベント(大会)

7/28第3回あしたかツインショック

第3回あしたかツインショックトライアル大会の要項が決まりました。 初心者・キッズからベテラン・IAまで幅広く楽しめる大会運営を目指して…

イベント(大会)

7/28わびさびトライアル

山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗よりのお知らせです。 7月28日に下記大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

8/11とんトラ第2戦盆トラ

とんトラ、今年の大会日程をお知らせいたします。 東北選手権の日程変更に伴い、第2戦盆トラの日程が変更になっていますのでご注意ください。…

イベント(大会)

8/4東北選手権秋田大会日程変更

第5戦秋田大会の開催日が変更になりました。 ×変更前:7月21日 ○変更後:8月4日 (さらに…)…

2017お勉強会

7/20川内村お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

6/23全日本第3戦もてぎ

全日本選手権第3戦は関東大会。今年の関東大会は、世界選手権の興奮さめやらぬツインリンクもてぎでの開催となった。154台と、かつてない参加者で…

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキ…

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催…

ストライダー日本グランプリDay2も藤波3位表彰台!

6月9日、ツインリンクもてぎでの世界選手権、その2日目。トニー・ボウが見事な勝利を飾り、藤波貴久は再び表彰台に上った。2位はアダム・ラガ、黒…

ストライダー日本グランプリDAY1の結果

6月8日土曜日、ツインリンクもてぎで世界選手権第2戦、その1日目が開催された。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る