2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. 2017お勉強会
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. リザルト関東
  8. イベント(スクール)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. リザルト中国
  13. リザルト中部
  14. 自然山通信2019年3月号
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(スクール)
  20. イベント(その他)
  21. イベント(その他)
  22. イベント(大会)
  23. 2016高田島ツートラ
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(スクール)
  29. イベント(その他)
  30. イベント(大会)
  31. リザルト近畿
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ニコンFと15mm

ニコンFなるカメラ

ぼくはへそまがりなので、ついぞ使ったことがなかったのだけど、日本のカメラ史に残る歴史的なカメラといえば、やっぱりニコンFだろう。

乗馬中に落っことしたニコンFがそのまま動いたとか、カンボジア戦線の弾丸に撃ち抜かれてダメになりながら持ち主の一ノ瀬泰三を守ったとか、いろんな伝説があるけれど、この当時のカメラはかっこよかったもんだ。

いま、ぼくの手元にはなぜかブラックボディのニコンFが1台あった。

ニコンFの時代、ぼくはキヤノンF1というカメラを使っていた。みんながニコンを使っているので、ちがうのがいいなと思ってキヤノンを買ってみたものの、レース界では圧倒的にニコンユーザーが多かった。そのうちキヤノンが起死回生のキャンペーンを打って、サーキットはキヤノンユーザーばかりになってしまったのだけど、F1もニューF1も、すてきなカメラだったなぁ。

そんなキヤノンユーザーからしても、ニコンFは威厳のあるカメラだった。当時ニコンF2が世に出ていて、ニコンFはすでに現役は退いていたから、誰かが使っているのはほとんど見たことがないけど(唯一、森岡進さんはニコンFにモータードライブをつけて、はでなストラップつけてモトクロスの取材をしていた)日本のカメラ産業を世界レベルに押し上げた立役者なんだから、思わず敬礼をしたくなってしまう。

このニコンFは、とあるオートバイ屋さんに遊びに行ったら「うちにあってもゴミになるから持っていけ」と言われて大喜びで持って帰ってきたものだけど、だけどいまとなってはフィルムで写真なんか撮らないから、うちに持ってきてもゴミにしないで持っているのはけっこう至難なのであった。

ニコンFは圧倒的にアイレベルファインダーをつけた姿がかっこいいのだけど、これはフォトミックファインダーがついた1970年ごろのモデルだった(ネットで調べたら製造番号から年式が明らかになった)。わりと後期のモデルみたいだ。

フォトミックファインダー(露出計が入ったファインダーで、そうじゃないアイレベルファインダー装着だと、露出は勘であわせる)はとにかくでっかい。そのでっかいプリズムファインダーの端っこにはヨゴレがあるのがもったいないところだけど、スローシャッターも切れているみたいだし、さすがに馬の上から落っことしても壊れないカメラだけあって、いまだに使えそうなんである。

と、これまたどうしてうちにあるのかわからないけれど、ファインダーをはずしてフタをするだけというアクセサリーが売られていたことがあった。アクセサリーシューに別体のファインダーを装着するだけの使命のアクセサリーだ。どういうふうに使うかというと、こんなふうに使う。

ニコンFと15mm

このレンズは、15mmF4.5の広角レンズだけど、一眼レフの要であるミラーを格納した状態でないとくっつかない。ミラーをたたんじゃうとファインダーでは画像が確認できないので、あってもしょうがないペンタプリズムのファインダーは外してしまって、外付けのファインダーをくっつけて、これで照準を合わせましょうだ。

レンズと外付けファインダーとシューアダプター(という名前の不思議なアクセサリー)は、いずれもコシナ製でフォクトレンダーブランドになっている。コシナって会社は、社長さんの趣味にまかせて製品を作っている感じがあって、大量に売れるわけはないけど、ちょっとそそられるものを作って売っている。大手のメーカーのものとちがって、そのうち買おうとか思っていると製造中止になってしまっていたりする。

こういう、カメラらしいカメラは、ときどきシャッターを切ってみると、懐かしい感じで、わくわくする。でももうしわけないけど、フィルムを通して写真を撮るところまでにはいたらない。フィルム現像したり引き延ばしをしたりは楽しかったけど、ぼくにとってはそういう写真の趣味より、被写体に向かうことのほうが楽しかった、ということかもしれない。

ところでニコンといえば、なんで買ったのか、こんなフードを持っていた。HK-2という24mmレンズ用のかぶせ型フード。ぼくは24mmのニコンレンズは持ってないんだけど、1万円で譲ってもらったおよそいい評判を聞いたことがない16mmF2.8というレンズを持っている。49mmから52mmにフィルター径を変換するリングを介して無理やりくっつけてみたら、なかなかぴったり。

ニコンFの登場から50年。フィルム時代のかっちりとした職人芸は影も形もなくなってしまった今のデジタルカメラ。しかも性能なんかどうでも軽けりゃいいという設計で作られたレンズだけど、カメラを持ってる楽しさは、なんとなく共通していたりすると思うのは、へそまがりのぼくだけかな。

ニコンのフードを付けたα7

関連記事

2019アウトドア世界選手権開幕前夜
トニー・ボウ・インタビュー

今週末、いよいよ2019年世界選手権がスタートする。会場はイタリア。この2年、最終戦として組まれていた会場が、今年は開幕戦となっている。 …

2回目のCity Trial、野崎史高が勝利

街中でトライアルを楽しんでもらう。こんなコンセプトで去年初開催されたCity Trial Japanが、今年も開催、大盛況となった。 …

ブストが突然ヴェルティゴへ

ハイメ・ブストがヴェルティゴに移籍した。2015年にトライアルGPにデビューして今年は5年目。愛車はこれが3つ目となる。 (さらに&…

2019第2戦初開催の九州宮崎は
黒山健一が大逆転勝利

最後の最後、小川友幸が足を出した瞬間に、九州大会の熱い勝負は決着した。黒山健一が、2018年開幕戦以来、1年2ヶ月ぶりに勝利。開幕戦勝利の野…

イベント(大会)

8/4奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2019年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせです。 恒例の真夏のトライアル祭典『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。初心者…

2017お勉強会

6/15川内村お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

2019全日本ランキング(〜第2戦九州まで)

2019年国際A級スーパー・ポイントランキング【独自集計】 順位 No. Rider R1 R2 R3 …

2019全日本選手権第2戦九州大会リザルト

2019年5月12日 宮崎県えびの市矢岳高原トライアルコース 天候:晴れ 観客数:1,400人 10セクションx2ラップ(IAS…

自然山通信5月号電子版

令和となって第1号の自然山通信ですが、元号とはあんまり関係なく、のんびり5月になってできあがりました。 5月号は全日本選手権開幕戦レポ…

自然山通信5月号発売!

令和の第一号「自然山通信5月号」はGWが終わると同時に出荷を終えました。全日本選手権開幕戦レポート、X-TRIALデ・ナシオン、大好評ほろ酔…

ページ上部へ戻る