2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. リザルト関東
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. リザルト中部
  18. リザルト関東
  19. 自然山通信2019年3月号
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ライカとうそか?

ライカSLに困った秋

ライカSLというデジタルカメラが発表になった。90何万円で、約100万円。買う気もないし買う金もないのだけど、それはそれとして、先日、牛のセリを見てきました。ライカと牛のセリとなんの関係があるのかというお話。

ほんとは、時期的にこんなもの書いてる場合じゃないのだけど、ライカSLについて書いておきたくなっちゃったのだ。

1510ライカSL

発表されたのはライカSLという名前のカメラ。SLというのは蒸気機関車じゃない。昔々、そういう名前のライカのカメラがあったけど、それをもじっているのかどうかはわからない。ホンダもときどきドリームとかベンリイなんて名前のオートバイを出してみたりするから、ドイツ人だってそういうことをしたくなるのかもしれない。

このカメラ、はやりのミラーレスで、35mmのフルサイズの受光素子を持っている。コンセプトもカタチも、最近のお気に入り(お気に入りだけじゃなくて、めっぽう手もかかる)のソニーのα7シリーズにもそっくりだ。ライカのことだから、ソニーをまねしたとは思わないけど、まぁまねでもいいか、という気もする。ソニーも最初はAPS-CのカメラとしてNEXというカメラを発表して、同じマウントで35mmフルサイズとなって出てきた。ライカもライカTというAPS-Cカメラを発表して、それと同じマウントを使って、今回SLになった。登場の仕方も、よく似ている。

とまぁ、こんなことはどうでもよくて、問題は牛のセリだ。

牛のセリはいろいろととてもおもしろかった。少しだけお勉強したから、今度は誰かお客さんを案内していってみたい。なのでこの件についてはゆっくり書きたいと思って書けないでいるんだけど、書きたいのはそういう懺悔の話ではない。セリの写真を撮るのに、いつものソニーを持っていきました、という話だ。

1511うそかとゴンタックス

持っていったのはこの2台。α7(無印)とα7s。いまやα7は40万円を超える高級機も出ているけど、ぼくが持っているのは20万円くらいのでそんなに高くない。それでも充分すぎる性能を持っている。でもぼくはSONYのメーカーロゴがどうも好きになれなくて(もっと堂々とした書体にしてほしい。フリルのついたみたいな文字のくせに目立つからかっこ悪い)いたずらでこんなのを貼ってみた。ライカとコンタックスをもじったのだけど、いやいや、よく見てほしいぞ。Leica ではなく Lieca、CONTAX ではなく GONTAX だ。GONTAX はただのいたずらだけど、Lieca はIとEをひっくり返した。リエカと読んでしまいたくなるけど、Lie-Ca と分けて英語で読むと、うそのカメラになる(Lei-Caは Leitz 社のカメラだから leica というんだ)。英語の辞書牽かないといけないから、ちょっとむずかしけど。

で、このカメラで牛が引かれているところを撮っていたら、セリ場のおじさんがこっちを見ている。撮影禁止だとか、牛にも肖像権があるんだとか言われるのかと思ったら、おじさんが見ていたのはぼくの Lieca だった。

「いいカメラ持ってますね」

なんて言われちゃって、いやいや、これは冗談でシールを貼っているだけですなんて、牛がもーもー鳴いている横で説明しなくちゃいけなくなった。Lie はうそって意味なんですよ、気が利いてるでしょ、なんて説明もしたかったのだけど、セリ場はそんなにヒマじゃないので、そこまでは話ができなかった。残念なりだ。

「なんだ、ライカもいまどきはそんなカタチのカメラを作り始めたのかと思った」

なんておじさんは言っていたから、ライカがミラーレスみたいなカメラを作っていない、というのは知っている人だったんだね。ほんとは牛とカメラについてもう少しお話をしたいところだった。

ところがそれから10日弱して、ライカSLが発表されちゃった。こうなると、Lieca なんてシールを貼っているのも「わたしは本家の Leica が買えません」とカメラに貼っているみたいでちょっと恥ずかしい。ライカSLが出るより前からこのシールを貼っていて、しかもこれは Leica じゃなくて Lieca で、Lie には意味があって……、なんて説明するのもめんどくさい。

我ながらいいロゴだと思っていたので、金属で特製してもらおうか、なんて思っていたんだけど、ライカSLの登場とともに、微妙な感じになってしまった。

と、本日はなんとなくくやしいなぁというご報告でした。ということで、思いがけず高値で売れることになる子牛を引っ張るマスさんご夫婦。これを撮ったのは Lieca じゃなくて GONTAX のほうだった、確か。

1510牛のセリ

関連記事

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキ…

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催…

ストライダー日本グランプリDay2も藤波3位表彰台!

6月9日、ツインリンクもてぎでの世界選手権、その2日目。トニー・ボウが見事な勝利を飾り、藤波貴久は再び表彰台に上った。2位はアダム・ラガ、黒…

ストライダー日本グランプリDAY1の結果

6月8日土曜日、ツインリンクもてぎで世界選手権第2戦、その1日目が開催された。 (さらに…)…

ストライダー日本グランプリ予選結果

世界選手権日本大会(正しくは「2019 FIMトライアル世界選手権第2戦ストライダー日本グランプリ」という)が始まった。 木曜日に受付・車検…

イベント(大会)

10/27第24回水源の森

第24回 水源の森ツーリング・トレッキング・トライアル&やまびこ祭り (さらに…)…

イベント(大会)

8/24第7回OASIS CUP

第7回 OASIS CUP トレッキング・トライアルIN比和 (さらに…)…

自然山通信2019年6月号電子版

自然山通信電子版をご用意しました。印刷した紙版と同じ消費税込み308円でのご提供です。 PDFでお届けしますので、お手もとのスマートフ…

自然山通信6月号発売!

「自然山通信6月号」発売のお知らせです。全日本選手権R2九州10ページ、CityTrial in OSAKA 6ページ、鷲ヶ岳のクラシックミ…

2019トライアル・デ・ナシオン(TDN)日本代表選手決定

2019年トライアル・デ・ナシオン(TDN)に参加する日本代表選手が決定して、発表された。代表選手は藤波貴久、黒山健一、小川友幸の3名だ。 …

ページ上部へ戻る