2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. MFJトライアル
  6. KLX230skidplate
  7. リザルト九州
  8. 2019.11.21

    地球温暖化?
  9. MFJトライアル
  10. イベント(その他)
  11. リザルト中国
  12. リザルト中国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. MFJトライアル
  18. リザルト近畿
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. 2019.10.13

    台風一過
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. イベント(大会)
  28. イベント(その他)
  29. MFJトライアル
  30. 2017TDN
  31. トライアル・デ・ナシオン
  32. リザルト関東
  33. リザルト東北
  34. リザルト中国
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト中国
  38. リザルト沖縄
  39. MFJトライアル
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト中国
  46. リザルト東北
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. リザルト中部
  50. リザルト四国
  51. 2019.08.02

    最近の星空
  52. イベント(大会)
  53. リザルト九州
  54. リザルト沖縄
  55. 140ccボアアップセット
  56. リザルト関東
  57. ワンタッチゼッケンプレートブラック

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1701バリオゾナー

バリオゾナー

バリオゾナーT* 80-200mm F4
ヤシカがツァイスからコンタックスブランドの使用を許されて作ったコンタックスブランドの最後の頃、ヤシカが京セラに吸収されて、京セラコンタックスと呼ばれた時代に日本でつくられたズームレンズ。この頃のツァイスレンズといえば伝統の単焦点レンズが人気だったけど、大きい、重たい、ピントリングも重たいなど、気合いを入れて撮る時以外には使いにくさが目立ってしまうことも多かった。その点、やっぱりズームはお気楽。しかもこれ、けっこうよく写る。

1701バリオゾナー会長

見た目はいたって凡庸なズームレンズで、買った時には便利に使えてそこそこ写ればいいやと思っていたんだけど、撮ってみると、当時持っていたプラナー100mmF2やゾナー180mmF2.8とは一目瞭然のちがう写り方をするからおもしろかった。プラナーやゾナーはちょっと使いこなしがむずかしい感じだったけど、このバリオゾナーは撮ればけっこうしっかり写るというお気楽さも素晴らしかった。

しかもこのレンズ、最短撮影距離が全域に渡って1メートルだから、80mmのときはともかく200mmだとけっこう寄れる。そういう使い勝手もいい。

でもフィルムを使わなくなって放置していて(しばらくはEOSにつけて使っていたけど、EOSを使うならキヤノン製のオートフォーカスレンズの方が圧倒的に便利で、だんだん使わなくなっちゃって、そのうちEOSを使わなくなった)、ソニーのあやしいボディを買って昔のレンズを再利用できるようになったのは、京セラがカメラ事業から撤退してずいぶんたってからのことだった。そしてレンズには、けっこうなカビがはえていて残念なりだった。

1701バリオゾナー80-200

当時、まだ京セラのアフターサービスはやっていたのだけれど、このレンズは中古市場でもこなれたお値段で流通しているから、なおすよりきれいなのを買った方がお得では?と言われて、整備しないまま死蔵していた。修理代は3万円くらい。中古市場に流れているのは2万円弱、といったところだった。とはいえ、いまさらもう1本昔のレンズを買うほど酔狂でもなく、さりとてバリオゾナーの写りを思い出すと、これをマジメに使ってみたいなぁと思ったりして、うじうじすごしていた。

そしたら、1万円でレンズのお掃除をしてくれるという業者があって、純正工場の3万円とは比べちゃいけないんだろうけど、そこへお願いしてみた。するとまぁ、残念なことに、一部のレンズはカビの除去ができない、ということだった。レンズが分解できないものだったのか、コーティングが特殊で磨けなかったのか、理由は説明してくれたけど忘れちゃった。要は一部にカビが残るけど、作業するか、という問い合わせがきた。残念だけど、まぁそれでもいいかと思ってお願いした。カビのないレンズを修理費の倍の値段で買ってきたとして、カビつきのレンズを死蔵している状況には変化がなくて、そのカビレンズはいっしょにジャングルに出かけた仲良しレンズだったから、思い入れもある。

1701バリオゾナー低速

お掃除から返ってきたレンズは、なるほど、送り出す以前より段ちがいにきれいになっていたけれど、ほんの一部にはっきりわかるカビが残っていた。残念なり。写るものにはまず影響がないと思われるから、これも思い出だと割り切ろう。カビもあるけど、レンズボディにも多々傷がある。これもまぁ思い出だ。

昔、このレンズをEOSにつけたいと思った時には、マウントアダプターは1万円以上したんだけど、いまどきのマウントアダプターは中国製の怪しいものがとても安く買える。今回買ったのはeBayで1,200円くらいで買った。それでもなんとか使えているからよし。ときどき到着までうんと時間がかかったり、あるいは届かないこともあったりするのだけど、eBayは保障もそこそこしっかりしているので、金をだまし取られたことはない。忘れた頃に届く時間感覚も楽しい。

大きな問題は、内面処理がでたらめなもんで、逆光で撮ったりするととんでもないフレアやゴーストが出る。これじゃまともに使えない。でもときどき、おもしろい絵が撮れたりする。内部をつや消し塗色したりする人もいるみたいだけど、いまのところこれも性能だと思って開き直っている。もちろん、もともとのバリオゾナーの性能はもっともっと高いところにある。

1701バリオゾナーで撮った海岸

今回の発見は(コンタックスボディでフィルムに撮っていた時には気がつかなかった)、輪っかのようなボケが出ること。これはおもしろい使い道があるかもしれない。

コンタックス印のフィルターを割ってしまったので、アマゾンのセール特売の300円くらいのフィルターを買ってつけてみた。昔ながらのレンズでひょろ長くて今どきのレンズに比べると持ち運びはちょっと不便だけど、これ以上カビを増やさないように、使い倒してやりたいと思っている。

追記

なかなか近寄れるので、接写もしてみました。ずいぶんシャキシャキした絵になっているような気がするけど、気のせいかな?

1701バリオゾナー接写

関連記事

正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーはできません

MONTESAとTRRS輸入元エトスデザインより、正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーができないというお知らせで…

セロー225用ワイドステップセット

ぱわあくらふとより、YAMAHAセロー225用ワイドステップセットが、グレードアップして発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2020年1月号電子版できました!

遅くなりました。2020年1月号、電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末(パソコン、タブレット、スマートフォンなど)で…

自然山通信2020年1月号発売!

令和2年になりました。2020年1月号の発売開始です。毎年恒例【2019MFJ全日本トライアル全結果・MFJ非公認自然山通信オリジナル】掲載…

イベント(大会)

201912/30

1/3有東木お正月

2020年有東木お正月トライアル大会 2020年1月3日(金) 受付:8時30分~ エントリー費:4,000円 クラ…

イベント(大会)

201912/30

1/19第51回里山トライアル

第51回里山トライアル (さらに…)…

イベント(大会)

201912/29

1/26植木トライアル大会

2020年植木TR大会 寒くてもトライアルしましょう (さらに…)…

菅原義正さんの本

菅原さんには、一時期たいへんお世話になった。お世話になったばかりでなんのお返しもできていないのは菅原さんに限らずぼくの致命的なところだ。ほん…

新DVD・黒山健一ハイパーステアース発売!

自然山通信トライアルDVDの発売です。題して「ハイパーステアケース」。黒山健一選手が近年の新しいステアケース技術の話を交えながら解説していき…

GASGAS PROラジエターガード

三谷モータースポーツより、GASGAS TXTシリーズ用ラジエターガードが発売されました。転倒からラジエターを守ります。 (さらに&he…

ページ上部へ戻る