2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 2019モンテッサ
  3. イベント(その他)
  4. TLR200用キックアーム
  5. Vertigo 2019モデル
  6. 生駒テックオープン
  7. MFJトライアル
  8. イベント(大会)
  9. イベント(スクール)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. 1日目優勝のファハルド
  15. イベント(大会)
  16. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  17. リザルト東北
  18. イベント(スクール)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト四国
  22. リザルト中国
  23. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  24. 全日本R3九州までのランキング
  25. 全日本R3九州リザルト
  26. 2018EMと成田匠.fr
  27. MFJトライアル
  28. 1805電子版
  29. 2018年5月号
  30. リザルト近畿
  31. ムーブレバー
  32. トムス新製品
  33. リザルト関東
  34. リザルト関東
  35. リザルト関東
  36. リザルト中国
  37. リザルト四国
  38. リザルト関東
  39. 2017お勉強会
  40. TY-Eデビューラン
  41. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  42. 自然山通信電子版4月号
  43. 自然山通信2018年4月号
  44. リザルト中国
  45. リザルト中国
  46. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  47. リザルト関東
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. リザルト近畿
  52. リザルト関東
  53. リザルト四国

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

TY125

TY125

 ある日突然,TY125がやってきた。
 もてぎにいたときだったかな? 電話がかかってきた。
「トライアルマシンもらったんですけど,125ってだけで、なんにもわかんないんです。どうしましょう」
 どうしましょうといっても、もらっちゃったんだろ? どんな状態だかわかんないけど,乗って遊ぼうよ。
「いやー、なんせぽんこつだもんで,捨ててもいいっていわれて持ってきたんですけど,でも置くところがないんです。置いてってもいいですか?」
 なんだ。ほとんど事後承諾ではないか。


 どこのメーカーかもわかんないって、なんだろうなぁ。空冷の頃のガスガスかなぁ。でもそんなの、村の周辺に落ちてるだろうか。
 と、なんとなーく楽しみに帰ってくると、あった。一目瞭然、TY125だった。メーカー名もわかんないのに、よく125だってわかったなぁと感心してみたら、マフラーに125って書いてあった。タンクには音叉のマークのステッカーが貼ってあるけど、いまどきの青年だと、音叉のマーク=ヤマハにつながらなくても不思議じゃないのかも。
 このぽんこつを持ってきたTくんは、オートバイが大好きで。でも結婚しちゃったんで、オートバイ遊びは断念して、日々お仕事している。そこへぼくなんかがやってきたもんだから、本当にお気の毒。TY-S125F、貸してあげるから、いっしょに遊ぼうよと誘っているんだけど、人のバイクだとぶっこわしたときに困るからといって、乗ろうとしない。大丈夫だよ、オートバイこわす可能性はゼロじゃないと思うけど、オートバイこわすようなおっかないこと、最初はそうそうできやしないからとご説明申し上げるのだけど、彼はかたくなだ。もしかすると、遠慮の他に、ほしくなっちゃってがまんができなくなるのがこわいのかもしれない。
 そんなところにこのTY125だ。
「これなら惜しくないですね。ほっぽりなげたって火をつけたって大丈夫。でも動くかなぁ」
 どっちかというと、このバイクが動いちゃったら、それはそれなりに貴重なものになっちゃうから、ほっぽりなげたり火をつけたりするのは、けっこう悲しいことになると思うんだけど、まぁいいや。地元の仲間のための、気兼ねないトライアルバイクが手に入るってのは、いいことだ。
 ただし問題は、やはり動くかどうか、なんである。見たところ、ぽんこつである。しかしぽんこつだと思えば、程度は悪くない。リヤのスポークはさびているけど、フロントはさびていない。そのかわり、オイルとホコリの化合物がびっしりこびりついている。これが逆に、うまい具合に全体をコーティングしている。
 キックペダルのあたりのクランクケースに穴。遊んでいて、岩に叩き付けて穴が開いたので、それきり放置してあったというのがこのマシンの前歴だ。キックが降りないけど、割れたケースの破片が挟まっているんだったら簡単でいいなぁと、開けてみた。破片はひとかけらもなかった。

0907TYのシリンダーとか

 タンクの中はさびが充満している。例の、ガソリンがくさったすばらしい香りも漂っている。シリンダーを外そうとしてみた。びくともしない。さびているようだ。オイルとCRCとプラスティックハンマーとでなだめすかして、なんとかだした。1週間オイル漬けにしておいたのがよかったのかもしれない。
 ピストンは、上死点と下死点の真ん中当たりで止まってた。ピストンが止まってた上側のシリンダー壁はさびが浮いていた。ピストンはかじったあと。そういえば、昔の2ストロークエンジンって、調子よく走っていても、必ずかじった後があった。そういうもんだったんだよなぁ。ちょっとなつかしい。
 エキゾーストパイプを叩いて無理矢理外したら(これはHくんがやってくれた)、中からくさったオイルが出てきた。テールパイプも、純正品でなく水道管が打ち込まれているのが発覚した。TY125とTY175のサンレンサーがちがうものだったなんて,ぽんこつを1台入手して,初めて知りました。TYがデビューした頃,ぼくは高校生でオートバイ小僧だったけど,トライアル小僧ではなかったから,あんまり詳しいことは知らないんだよね。これから勉強するので,岐阜のKさんや静岡のKさん(!)、よろしく手ほどきお願いします。お手柔らかに。
 玄関先でごそごそやっていたら、おもしろがってのぞく人も現れた。おじさんたちは、手を出し始めるとたいへんなことになるのを知っているから、様子を見るだけで退散していく。地域に残って農作をやっているFくんは、農繁期が過ぎてしまうと、比較的時間があって、いつもは釣りなどをして過ごしているけど、このおもちゃを見つけると足しげく通うようになった。締め切りの最中にやってこられても相手ができないけど、かわりにTY125が相手をしてくれる。キャブレターのオーバーホールとか、燃料タンクのさびとりとか、Fくんがるんるんとやってくれている。Fくんは免許を持ってないけど,農業やっているだけあって,機械ものには勘が鋭い。どうせこのオートバイには保安部品もないし,山の中でトライアル遊びをするなら、免許がなくても問題ない。Fくんにとっても、このTYは貴重な入門車となるはずだ。動けば。
 きっと、レストアが好きな人なら,ピストンは文句なしに新品を調達するだろうし,シリンダーもホーニングにだすだろうなと思いながら,こいつは極力金をかけないで動かしてみようと思った。パーツクリーナーやCRC、さび落しやデブコン、それに耐水ペーパーは大量消費しそうだけど,それはしかたない。きのうはHくんがやってきて、シリンダーのベースパッキンをきれいにはがしていった。ベースパッキンはそのへんの紙切れを切って作ろうと思っているけど,こんなにきれいにはがされたら,そのまま使えるかと勘違いしてしまいそうだ。
 動くかな,火がはいった瞬間に,ぶっ壊れるかもしれないけど,さて、どうなるかな? ぽんこつがつくる地域コミューンも、ちょっと楽しそうなのであった。
 そうそう、こいつがきたその日、玄関先でクランクケースカバーをはずしたら、オイルをこぼして、玄関先がオイルまみれになった。その後も,玄関が作業場だから,たずねてくるときは、滑って転ばないように気をつけてくださいね。

関連記事

2019モンテッサ

2019モンテッサ価格発表と受注開始

MONTESA輸入総輸入元・エトスデザインより2019 MONTESAシリーズ3機種(COTA 250、RACE REPLICA 250、C…

イベント(その他)

生駒テックで「ヤマハとスコルパ練習会」

8月11日(土)に、奈良県生駒市・生駒テックで「ヤマハとスコルパ練習会」が行われる。黒山健一選手、黒山一郎さんといっしょの練習会…

TLR200用キックアーム

ステップに当たらないHONDA TLR200/TL125用ニューキッククランク強化タイプ

アベ精工から、キック始動時にステップに当たらないTLR200/TL125用ニューキッククランク・強化タイプが発売されました。 (さらに&…

Vertigo 2019モデル

2019 Vertigo シリーズ予約開始!

Vertigo日本輸入元の三谷モータースポーツより、2019 COMBAT VERTICALシリーズの変更点と価格の発表。新たに125ccが…

電子版2018年8月号

電子版もご用意して皆様のダウンロードをお待ちしています。 PC、タブレット、スマートフォンなどでお楽しみください。 (さらに&he…

自然山通信8月号発売中!

自然山通信8月号は、ストライダー日本グランプリ特集・PART 2【ウィメンズトライアル・16ページ大特集】で発売中!オールカラー66ページ・…

生駒テックオープン

「生駒テック」会員制トライアル練習場オープン!

8月1日。奈良県の生駒山麓(旧生駒テック)のとなりの一部が、完全会員制のトライアル練習場「生駒テック」としてオープンしました! (さらに…

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る