2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. MFJトライアル
  6. KLX230skidplate
  7. リザルト九州
  8. 2019.11.21

    地球温暖化?
  9. MFJトライアル
  10. イベント(その他)
  11. リザルト中国
  12. リザルト中国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. MFJトライアル
  18. リザルト近畿
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. 2019.10.13

    台風一過
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. イベント(大会)
  28. イベント(その他)
  29. MFJトライアル
  30. 2017TDN
  31. トライアル・デ・ナシオン
  32. リザルト関東
  33. リザルト東北
  34. リザルト中国
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト中国
  38. リザルト沖縄
  39. MFJトライアル
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト中国
  46. リザルト東北
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. リザルト中部
  50. リザルト四国
  51. 2019.08.02

    最近の星空
  52. イベント(大会)
  53. リザルト九州
  54. リザルト沖縄
  55. 140ccボアアップセット
  56. リザルト関東
  57. ワンタッチゼッケンプレートブラック

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014α7で撮った支笏湖

ソニーα7と不思議な仕様

2014α7で撮った支笏湖全日本選手権の帰りは、支笏湖経由で帰ってきてみました

ソニーα7という、およそスポーツを題材とする写真を撮るのに向いてなさそうなカメラを買って1ヶ月ほどになった。使い方がわかんなかったりおたおたしたりしながら、なんとなくこのカメラとのつきあい方がわかってきた。使い物になるかどうかの結論は、まだ出ていない。でも久しぶりに、写真を撮るのが楽しい感覚を思い出している。

ソニーα7はいわゆるミラーレス一眼というやつで(ぼくはこの言い方が大きらい)、ミラーがついてない。レンズ交換ができるのが大きな宣伝文句になるわけだけど、これがおっかない。

これまでぼくらは、一眼レフカメラを仕事道具に使ってきて、状況に合わせてレンズを交換してきた。仕事は雨の日にもあって、雨が降ってもレンズ交換をしてきた。そういうもんだと思ってきたけど、雨の日にはふつうの人は写真は撮らない、と最近知った。だからぼくらのカメラは、かわいそうである。

そこへもってきてミラーレス一眼というやつは、レンズ交換をしようと思ってレンズを外すと、ぼろっと受光素子が見えてしまう。受光素子というのは、ぼくらの古い感覚でいえばフィルムみたいなもんで、これが見えてしまうのはたいへんショッキングな事態だ。

おかげで、レンズ交換は極力埃の少ないところで行い、一眼レフみたいにレンズを外したまましばらく放置するなんてことは絶対にしないという新たなお約束を守らなければいけなくなった。それでも、センサーに埃がついて、空の真ん中に未確認飛行物体が現れたりするから、困ったものだ。

ミラーレスと一眼レフとを比べて、一眼レフにあってミラーレスにないもの、それは名前のとおりミラーだ。レンズを外した一眼レフは、まずミラーがあって、その背後にシャッターが控えている。だからフィルムがぼろっと露出するなんてことはないわけだ。

あれ? しかしこのα7というカメラ、一眼レフとおんなじフォーカルプレーンシャッターがついてるんだよな。

ミラーレスってのは、受光素子で見たものを電気的に液晶ファインダーに伝えて表示する。シャッターが閉じていると、ファインダー像は見えない。だからいつもはシャッターが開いている。写真を撮ろうとすると、一度シャッターが閉じて、もう一度シャッターを開閉して記録回路へ画像を送って、最後にもう一度シャッターを開いて液晶に情報を伝えるようにするしくみだ。一瞬のことだからシャッターを見ててもそれとはわからない。でもシャッターは忙しく仕事をしている。

どうして、レンズ交換の際に一度シャッターを閉じてくれるというスイッチをなんでつけてくれなかったかなぁ。せっかくシャッターがあるのに、レンズ交換の度に受光素子を大気にさらすのは、フルチンで銀座を歩くみたいな勇気がいる。ソニーの人、というよりミラーレス一眼の設計者の皆さんが見てたら、ぜひ採用してほしいしかけであります。

もうひとつ、ソニーのミラーレス(じゃないのにもあるみたいだけど)には、全画素超解像ズームってメカがある。いわゆる電子ズームだ。電子ズームというのは、ちゃんとしたズームとちがって、電気的に一部を切り出して画面を大きく見せるというしかけなんだけど、こんなものを使うんだったら、パソコンででもトリミングしてやったほうがいいんじゃないかとこれまで思っていた。

おんなじような理由で、昔あったパノラマ撮影というのもインチキだと思っている。あれは広く撮るためのしかけではなくて、ふつうの写真の上下を切り刻んで、横長に見せているだけだからだ(最近は、撮影時にカメラを回して、電気的に写真を合成してほんとうのパノラマが作れるようになっている)。

さてしかし、この超なんとかというしかけは、そういうのとはすこしちがう。このズームを使う場合は、単純に画面の真ん中を切り取るんじゃなく、その部分の画像データを受光素子の全面で受け取る、みたいなことをやるらしい。だから、単に画面の真ん中を切り取ってくる電子ズームとはちょっとばかりラベルがちがう。これなら、もしかしたら使えるかもしれない。

お気に入りの単焦点レンズ、たとえば35ミリを持って散歩に行ったとき、あぁ、ここは50ミリがほしかったな、70ミリがほしかったな、と思ってしまった場合、この超なんとかズームを使えば、単焦点レンズが、なんとかズームレンズの代わりをしてくれる。便利なシステムだ。

で、ここから先は世の中のカメラおたくのみんなに問いたい。α7はフルサイズ(24ミリ×36ミリ)で、これまでソニーがNEX(ねっくすじゃなくてえぬいーえっくすと読むそうだ)という名前で作ってきたカメラはAPS-Cといって、18ミリ×24ミリサイズで少し画面が小さい。で、APS-Cのレンズをα7につけた場合、35ミリフルサイズの写真にはならず、APS-Cのサイズになる。

この関係はフルサイズとAPS-Cカメラではどのメーカーでも同じ理屈なのだけど、このカメラはファインダーが電気じかけだから、APS-Cレンズをつけた場合でもフルサイズ用のレンズをつけた場合でもファインダーで見た目は同じに見える。勝手に拡大して見せてくれているらしい。

さっきはインチキとこきおろしたくせに、今度はありがたく使っている。勝手なやつだとお思いでしょうが、まぁそういうもんです。

ただしありがたがっても、写るものはしょせんAPS-Cサイズで、35ミリフルサイズの受光素子の真ん中しか使わない。もったいない。

そんで試しに、APS-Cの自動クロップのスイッチを切って、さらに超なんとかズームで1.5倍にしてみた。こうしてやると、画角は同じで、写ったものは35ミリフルサイズということになる。

ネットなどを検索すると、フルサイズのカメラにAPS-Cのレンズをつけるのは画素数をフルに使えずにもったいないとおっしゃる方が多い。だったらこんなふうにすればいいのにと思うんだけど、こういう使い方をしている人はざっと検索した限り見つからないから、どんなもんでしょうねと、こっそり提案してみる次第であります。

参考の写真は、20ミリF2.8というぜんぜん高級でないレンズを使って撮ったもので、APS-C仕様(周囲が青くなっている)、フルサイズでそのまま撮ったもの(画面の四隅が暗くなっている)、その状態から超なんとかズームを使ったものの3枚をご覧ください。

1407α7フルサイズAPS-Cでふつうに撮ったもの。大きさを表すため、周囲を青くしました
1407α7APS-Cまわりが写らないのを承知で、フルサイズで撮りました
1407α7ズーム全画素超解像ズームを使いました

こちらは、それぞれの中央部を拡大したもの。超なんとかズームを使わなかった2枚は実質的に同じもの(色がちがうのはAWBの気まぐれだと思う)。フルサイズで撮るだけディスクの無駄。なんとかズームを使ったものは、サイズがでかいというか、画素数は多い。どっちがいいのかは、わからない。個人的感想としては、たいして変わんない。

1407α7APS-CAPS-Cサイズでの撮影
1407α7フルサイズフルサイズでの撮影
1407α7ズームあり全画素超解像ズームでの撮影

関連記事

正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーはできません

MONTESAとTRRS輸入元エトスデザインより、正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーができないというお知らせで…

セロー225用ワイドステップセット

ぱわあくらふとより、YAMAHAセロー225用ワイドステップセットが、グレードアップして発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2020年1月号電子版できました!

遅くなりました。2020年1月号、電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末(パソコン、タブレット、スマートフォンなど)で…

自然山通信2020年1月号発売!

令和2年になりました。2020年1月号の発売開始です。毎年恒例【2019MFJ全日本トライアル全結果・MFJ非公認自然山通信オリジナル】掲載…

イベント(大会)

201912/30

1/3有東木お正月

2020年有東木お正月トライアル大会 2020年1月3日(金) 受付:8時30分~ エントリー費:4,000円 クラ…

イベント(大会)

201912/30

1/19第51回里山トライアル

第51回里山トライアル (さらに…)…

イベント(大会)

201912/29

1/26植木トライアル大会

2020年植木TR大会 寒くてもトライアルしましょう (さらに…)…

菅原義正さんの本

菅原さんには、一時期たいへんお世話になった。お世話になったばかりでなんのお返しもできていないのは菅原さんに限らずぼくの致命的なところだ。ほん…

新DVD・黒山健一ハイパーステアース発売!

自然山通信トライアルDVDの発売です。題して「ハイパーステアケース」。黒山健一選手が近年の新しいステアケース技術の話を交えながら解説していき…

GASGAS PROラジエターガード

三谷モータースポーツより、GASGAS TXTシリーズ用ラジエターガードが発売されました。転倒からラジエターを守ります。 (さらに&he…

ページ上部へ戻る