2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017お勉強会
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJトライアル
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. リザルト中国
  19. 2020.04.05

    福島市へ行く
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト四国
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト沖縄
  30. イベント告知
  31. 2020XTDN延期
  32. イベント(大会)
  33. SSDT中止
  34. イベント(大会)
  35. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト近畿

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

eBayからきたミノルタ45mm

1409ミノルタ45mm

 ミノルタのMDロッコールX45mmというレンズを買いました。ふらふらとネットを見ていたら、このレンズがかわいくてひそかにいいレンズだと紹介されていて、eBayをのぞいたら送料込み4,000円くらいで買えそうなんで、ついつい買ってしまいました。

1409ミノルタ45ミリで撮りました

 ソニーのα7は、ぼくにとって仕事道具ですが、仕事から帰ってくると、趣味のカメラに変身するところがうれしいです。マウントアダプターをくっつけて、本来くっつかないレンズをつけて遊ぶのは大好きですが、たいていの場合、くっつけただけで満足して、ろくな写真を撮らずに、というか、そもそも写真を撮らずに終わることが多いです。ぼくも昔のレンズが何本かあったので、α7を買うまではM4/3のパナソニックにくっつけて遊んでましたけど(ボディは5,000円で譲ってもらいました)、焦点距離が倍にもなっちゃうから、レンズの面白みは半減しちゃって、くっついたバンザイ、そこから先に進まない。
 ソニーα7の場合は、ちゃんと使えます。35ミリレンズなら35ミリレンズとして使えるし、それどころか、一眼レフではミラーアップしないとくっつかなくて、なにが写るのかがわかんないまま撮影しなきゃいけなかったレンズまで、ちゃんとファインダーを確認しながら撮影することができます。すごい。
 で、今回のミノルタのレンズは、なんの変哲もない45ミリです。薄いレンズだけど、テッサーではなくガウス型だというところがおもしろいなとおもったのだけど、むずかしい話はぼくもわかんないので、要は安かったから買ってみたということにしておいてください。
 ただしこのレンズ、薄いから最短撮影距離が遠い。60センチしか近寄れないので、ちょっと不便です。で、ヘリコイドがついたマウントアダプターを探してみた。でも残念、ニコンとかキヤノンEOSとか、なぜかヤシカコンタックスマウント用にはヘリコイドがついたのがあるんだけど、ミノルタMDレンズのヘリコイドアダプターなんて存在しないんですね。
 あきらめかけていたけど、そういえばこの前、ライカM用のヘリコイドアダプターを買ったのを思い出した。そこにさらに、ミノルタMDにマウント変換するアダプターをつければ、ライカMマウントのヘリコイドが使えるじゃないか。
 というわけで、このレンズとボディの間には、2つのアダプターがくっついています。MDをライカMに、それからEマウントに。ぼくはライカMマウントのレンズは持ってないので、このヘリコイドを使うのはライカLマウント用のレンズを使う場合です。そんときにはライカLマウントをMマウントに変換するアダプターをくっつけて、その上でヘリコイドアダプターを介していたので、おんなじようなもんです。
 どちらのマウントアダプターも中国製で、いつぶっ壊れたりねじが飛び出したりするかもしれないから要注意ですが(ヘリコイドのグリスがカメラ内部にとび散ろうもんならたいへんです。買ってすぐ、ついてたグリスの大半を拭きとっちゃったりもした)それもまたよきかな。eBayは、あやしいパーツを、あやしい梱包で送料ほとんど無料で送ってきたりする出品者が多いので、おもしろいです。きったない封筒で、横文字の宛先で送ってくるので、村の郵便屋さんはなんか、怪しいものでも買ってるんじゃないかと心配してるんじゃないかと思うけど、じっさいあやしいのだから、しょうがない。
 2枚ある写真は、最初のが45ミリF2.0をF8くらいまで絞ったやつ。下のは開放で撮りました。開放のやつはボケが少し暴れている感じだけど、なんだかやさしい感じがして、お気に入りになりそうです。かわいいフードを買ってあげたいと思っているところ。

1409ミノルタ45ミリで撮りました

関連記事

COTA 300RR/RTL300Rサイレンサー加工

スーパーウイングまるやまでは、2020〜COTA 300RR/RTL300Rの純正サイレンサー・エンド加工を開始しました。 (さらに&h…

【新作DVD発売】精度アップ!4ヶ月からのトライアル

新作トライアルDVD「小川毅士・精度アップ!4ヶ月からのトライアル」を7月27日より発売開始! (さらに…)…

TOM’Sリンクガード・TY125Classic用

京都のトライアルショップ「トムス」より、TY125Classic用のリンクガードが発売されました。 (さらに…)…

イベント(大会)

9/22第35回まどろみトライアル

第35回まどろみトライアルの開催について (さらに…)…

イベント(大会)

8/23里山トライアル

第57回里山トライアル大会 (さらに…)…

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

ページ上部へ戻る