2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1411バルナックライカとα7

新旧に通じるわくわく

1411もてぎサンクスデイ

 十何年ぶりかで、サーキットのコース脇に出てみた。動くものが撮れるわけがないソニーα7で、いったいどれくらい撮れるものか、撮れないものかを試してみようという気もあったのだけど、それ以前に、人間の動体視力も(たぶん)落ちてるだろうし訓練はできてないしで、そっちのほうが問題だったかもしれない。
 でも結論としては、動いてるものなんか、そうそう撮れるもんじゃないという当たり前の結論と、でもこのカメラはおもしろい、ということだった。
 おりしもソニーα7は4機種目となるα7IIが発表になって、小さなボディに手ブレ補正装置はつくわ、不評だった操作系も改善されるわで、世間の評価も高いのだけど、ぼくとしては買えないひがみもあって、不評だった初期型のカタチがいいのだと思いこんでいる。

 液晶ファインダーで飛んでくるレーシングマシンを追うのはたいへんだった。一眼レフはシャッターを切った瞬間、見ている画像が消えるけど、このカメラは高速連写をすると、シャッターを切ったときには画像の保存で忙しいらしく、ファインダーに情報を送るのをやめてしまう。で、しばらくたってから画像を表示するんで、いったい自分がどこを見ているのかわかんなくなる。タイムラグのある眼鏡をかけてこんな感じになったら、あぶなっかしくて歩いてもいられない。
 それでも、こんなふうになにが写るんだか結果が読めない撮影をしていた時代もあるんだなと思い出したのが、ピントを合わせる覗き穴と構図を決める窓が別々のところにあった古き時代のカメラたちだ。

1411バルナックライカとα7

 2台並べてみたのは、1937年型のライカIII型と2013年型ソニーα7。かたっぽはフィルムを入れるカメラだし、かたっぽはデジタルカメラで電気仕掛け。なにからなにまでまるっきりちがうのだけど、なぜかサイズだけはよく似ている。
 カメラはライカの頃から50年も60年も、ひたすら進化を続けてきたけど、進化のかわりにどんどん大きくなってきた。ニコンにしろキヤノンにしろ、プロ用の最高級機種は漬物石ほどの重さと大きさがある。昔はそんなのに大砲みたいなレンズをつないで、右肩と左肩にぶらさげて歩いてたもんだけど、いまや、そんな重たいものは持ちたくない。
 プラスティックを多用して軽くしたりしたカメラもあるけれど、そういうのは軽くすることが目的で、本気のカメラに比べるといろいろ見劣りするところも多い。その点、ライカの時代のカメラはこれが世界最高峰で、ブレッソンが”決定的瞬間”を切り取ってきたのもこの時代のこんなカメラだ(正しくは、これより数年古いカメラみたいだ)。
 α7は、握りが細いとかシャッターボタンの位置が悪くて写真がぶれるとか、いろんなことを言われていて、どれも一利はあると思う。ぼくのα7には下半身だけケースに入っているけど、これは握りが細くて頼りなかったからだ。
 だけどそんな使いにくさも、なんとなくバルナック型時代のライカに通じるものがあるような気がする。使いやすくなった改良型のα7IIは使ってみたいところだけど、本当に使いやすくて、シャッターを押せば確実に写る、という性能を求めるなら、今でもキヤノンの右に出るものはないと思っている。
 でも写真を撮るのは多分にメンタル部分が大きく仕事する分野なので、道具がいいからいいものが撮れるということでもないような気がする。少なくともぼくの場合には。お仕事を始めさせてくれたのはキヤノンで、キヤノン(フィルムカメラの時代)にはたいへんお世話になったけれども、とにかく手をかけずによく写る。それがつまんなくなっちゃって、キヤノンは使わなくなっちゃった。
 サーキットでお仕事してるみんなのカメラはたいていキヤノンで、いかにもお仕事道具の風情でいかつい。あんなでっかいカメラを持って決定的瞬間を狙うのはたいへんだ。でも昔々、サーキットに通い始めた頃には、モータードライブがついたカメラを持ってればえらそうな気分になれたし、レンズも大きいのほどえらいような空気があった。
 ぼくはすっかり、右肩上がりの未来に期待しなくなっちゃったので、カメラも身の丈にあった、撮ってて気持ちがいいカメラを使いたいと思うのだった。このカメラは、欠点を並べれば山ほどあるけど、持ってて楽しい、さわってていい気持ちになる、ぼくにとって、久しぶりに写真を撮る気にさせてくれるカメラだったのでした。ぼくにとっては、初期型のキヤノンF1、バルナック型のライカに続いて、3台目のそんなカメラです。

1411バルナックライカとα7

関連記事

日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ開催中

自然山通信webshopはPayPay決済ができます。現在「日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ」開催中。キャンペーン期間は2022年12…

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

ページ上部へ戻る