2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. リザルト関東
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. リザルト中部
  18. リザルト関東
  19. 自然山通信2019年3月号
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)

不健康な日常(西)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

放射能が撮る写真

新年、あけましておめでとうですが、まるで新年らしくなく、朝から荷物が届きました。ヤフオクで衝動買いしてしまった旭光学のスーパータクマー50mmF1.4です。このレンズ、放射能を出しています。放射性物質を含んだガラスを使ったレンズがあるという話はずいぶん前から聞いていましたけど、そういえばぼくは線量計を持っているのだと気がついて、ぜひ手に入れてみたくなってしまった、というわけです。

まずは、写真を撮ってみました。1.4の開放で撮ってます。ボケ味というより、ボケてるところはボケボケになるのが特徴のレンズのようです。レンズの中にはゴミとかカビがありましたけど、まぁそのうちレンズの分解整備ができるようになったらお掃除してあげようと思います。お値段は3,500円ほどでした。

1501スーパータクマー

放射能を出すガラスというのは、放射性トリウムが含まれているものです。酸化トリウムとかいう物質らしいけど、物理学の解説ができる脳みそはないのではしょります。1940年代にアメリカで開発というか発見された事象だそうで、このガラスをレンズに使うと屈折率が高くなって、レンズ設計に自由度ができるということらしいです。

旭光学がスーパータクマーにこのトリウム・ガラスを使ったのは1965年からということみたいで、1977年までこのガラスを使ったレンズの生産を続けていたとされています。当時はそれは罪でも悪でもなくて、革新的技術を駆使したレンズ設計の証しだったのでしょう。でも1980年代には放射能を出すレンズの生産がなくなったということは、やっぱりやばかったのか、世間の風当たりが強くなったのか、まぁ時代ということなのだと思います。

1501スーパータクマー

サイトを検索したところ、トリウムガラスはレンズ後部に使われているようなので、村民みんなに配られたエステーのエア・カウンターSを近づけてみたところ、ご覧のような数字が出ました。なかなか素晴らしい数字です。

ちなみにレンズを計測したぼくんちの部屋は、0.1μSv/hほどの数値です。

思えば小学生の時、初めて買ってもらったのはアサヒペンタックスK型という古いカメラで、これに55mmF2.0というレンズがついていました。もしかしたら、これにもトリウムが使われていた可能性はあって、ぼくは小学生時代に被曝しながら写真を撮っていたということになります。まぁ、レンズに目をくっつけていたわけじゃないし、カメラ越しの被曝なんてたいしたことなく、カメラメーカーも消費者側も、危険のリスクなんて考えてもいなかったのだと思います。

今、みんなに知識ができて危険意識が芽生えているけれど、このレンズは危険なものなのかどうか、めんどくさい時代になりました。少なくとも今なお放射能を出し続けるレンズは、古き時代の遺産であることは確かです。

関連記事

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキ…

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催…

ストライダー日本グランプリDay2も藤波3位表彰台!

6月9日、ツインリンクもてぎでの世界選手権、その2日目。トニー・ボウが見事な勝利を飾り、藤波貴久は再び表彰台に上った。2位はアダム・ラガ、黒…

ストライダー日本グランプリDAY1の結果

6月8日土曜日、ツインリンクもてぎで世界選手権第2戦、その1日目が開催された。 (さらに…)…

ストライダー日本グランプリ予選結果

世界選手権日本大会(正しくは「2019 FIMトライアル世界選手権第2戦ストライダー日本グランプリ」という)が始まった。 木曜日に受付・車検…

イベント(大会)

10/27第24回水源の森

第24回 水源の森ツーリング・トレッキング・トライアル&やまびこ祭り (さらに…)…

イベント(大会)

8/24第7回OASIS CUP

第7回 OASIS CUP トレッキング・トライアルIN比和 (さらに…)…

自然山通信2019年6月号電子版

自然山通信電子版をご用意しました。印刷した紙版と同じ消費税込み308円でのご提供です。 PDFでお届けしますので、お手もとのスマートフ…

自然山通信6月号発売!

「自然山通信6月号」発売のお知らせです。全日本選手権R2九州10ページ、CityTrial in OSAKA 6ページ、鷲ヶ岳のクラシックミ…

2019トライアル・デ・ナシオン(TDN)日本代表選手決定

2019年トライアル・デ・ナシオン(TDN)に参加する日本代表選手が決定して、発表された。代表選手は藤波貴久、黒山健一、小川友幸の3名だ。 …

ページ上部へ戻る