2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017TDN
  9. トライアル・デ・ナシオン
  10. TRJ / MFJ
  11. 2017お勉強会
  12. イベント(大会)
  13. TRJ / MFJ
  14. イベント(その他)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. イベント(大会)
  21. イベント(スクール)
  22. イベント(スクール)
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. TRJ / MFJ
  26. TRJ / MFJ
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. リザルト関東
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト中国
  34. MFJトライアル
  35. リザルト東北
  36. リザルト関東
  37. リザルト関東
  38. リザルト中国
  39. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

最近の星空

魚眼レンズってのがある。ひとつ持ってるんだけど、先日、2本目を手に入れたんで、星空を撮ってみました、というお話。

2019年8月の星空

魚眼レンズは画角が180度あるのを言う。魚の目がそうなっているのかどうか、魚に聞いたことがないからわからない。画角180度ってことは、目の前にあるものがみんな見えるということだ。

ただし写真は長方形に写る。この長方形の対角線が画角180度になる魚眼レンズと、完全に目の前の全部が見えるレンズとがあって、前者を対角線魚眼といい、後者を円周魚眼、なんていう。対角線魚眼は、写真の周囲がびょーんと歪むけど、まずまずふつうの写真に写る。円周魚眼は、丸く写る。

ちょっとおもしろい写り方をするから、円周魚眼がほしいと思ったけれど、だいたい10万円くらいするんで、金欠ゆえに買えない。そしたら、3万円でなんとかなるというおいしい話があったので、飛びついた。

サムヤンの魚眼レンズ

買ったレンズはこんなの。マイクロフォーサーズ用の対角線魚眼レンズ。お値段、ざっと3万円。安くてそこそこ高性能のレンズを作っている韓国のメーカーのやつ。

このマイクロフォーサーズ対角線魚眼をぼくが持ってるソニーαに無理やりつける。検索すると、マイクロフォーサーズレンズをソニーEマウントにくっつけるマウントアダプターってのが売ってる。これが2,000円くらい。

マイクロフォーサーズとソニーαの画面サイズは大きくちがう。ソニーαで撮ると、こんなふうに写る。

ふつうに撮ってみました

本来なら、この画面の中心だけ写しとるはずなんだけど、画角のちがうカメラにくっつけられて、よけいなところまで写ってしまっている。で、教えてもらったのは、レンズの先端のフードの部分を削ると、これが円周魚眼になるというとびきりの話だった。

それで、フードをレンズから外して、削り倒します。外しただけでもいいんだけど、レンズの臓物が見えてしまってかっこ悪いのとゴミとかはいりそうだから、フードを削ってまた元通りに装着するという段取り。

加工中です

これは仕上げをしているところだけど、最初はリューターを使いました。お隣にリューターを借りにいったら、ちょうどヒマしていたと、やってくれました。おまえがやるとよけいなケガとかして、めんどくさいことになるんじゃねぇー、みたいなことだったのかもしれない。お世話になります。

で、これはフードがはずれている状態で撮ったもの。これが円周魚眼の写り方です。

加工後はこんな感じ

冒頭の星空は、水瓶座流星群が写るかと思ったけど、そっちは空振りでした、という星空。画面上(だいたい西の方向)に黒い部分が多いけど、こっちは森があって、死角が多くなっている。さそり座とかは木の陰になってしまって、見えていない。

最近は村ががんばってくれちゃって、防犯灯があちこちに立ったので、安心はともかく、星を見るのには厳しい感じになってきました。世の中には光害を防ぐためにいろいろやっているところもあるんだけど、街灯は少ないほうがいい、なんていうと、都会人はめんどくせーことを言うな、なんてなるんですが、まぁおいおい、なんとかなればいいなと思います。

とりあえずこの写真は、防犯灯の光があんまり届かない、だからイノシシもよく出てくる、うちの坂を下りたあたりで撮ってみました。

関連記事

イベント(大会)

1/29第44回「わっしょい杯」

以前からごく近い仲間で開催されていた「わっしょい杯」を、もう少し多くの人に参加してもらいたいということで、ぜひみなさんのお越しをお待ちしてい…

イベント(大会)

第81回里山トライアル

○第81回里山トライアル大会  開催日:2022年10月23日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

12/4爆笑ツインショック大会

第28回爆笑大会の開催が以下の通り決まりました。 爆笑大会実行委員会よりのお知らせです。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/16第27回水源の森ツーリングトライアル

第27回水源の森ツーリング・トライアル大会のご案内です。 (さらに…)…

イベント(大会)

11/13南牧20km耐久トライアル

2022 南牧20km耐久トライアル大会開催、3年ぶりの開催です。 (さらに…)…

イベント(大会)

12/5トムスカントリートライアル

トムスカントリートライアルの開催案内です。 (さらに…)…

イベント(大会)

11/13里山初級者トライアル大会

○里山初級者トライアル大会  開催日:2022年11月13日(日) (さらに…)…

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

ページ上部へ戻る