2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ソニーα7Cを試用中

ソニーαシリーズを使って、もう7年になるんだった(そんなに長いこと使ってるなんて、日記を調べてみるまで忘れてた)。ポンコツで人には勧められないα7、ちょっと安心感は増したけどやっぱりポンコツのα7S、α9、α7IIIと増やして、もういいかなと思ってたけど、α7Cってのがちょっと気になって、試用させてもらうことにした。

空を撮ってみた中国製の10mmレンズ。周辺光量落ちはカメラのせいじゃないけど、周辺まで色かぶりがないのは裏面照射素子のおかげ

α7(α9とかα1含む)シリーズは、いにしえの一眼レフみたいにレンズの真上にペンタプリズムみたいなでっぱりがある。α7を買う半年くらい前、ヨドバシカメラでソニーの販売員に「どうでしょう、画期的カメラの登場です」なんて持たされたことがあるんだけど、なんか頼りなくて、ニセモノ感たっぷりでぜんぜんそそられないです、と突っ返した覚えがある。画期的カメラなのに古くさいデザインなのはつまんないノスタルジーだと思うんだけど、理想的形状がどういうカタチなのかはよくわからない。

で、α7Cはペンタプリズムみたいなでっぱりがない。ファインダーは小さくてちょっと見にくいのが、カメラの端っこについている。これもまぁ、レンジファインダー型をまねっこしたノスタルジックなデザインという気もするんだけど、まぁいいか。

ぼくがα7Cに興味があったのは、まず小さいこと。α7Sと比べてみる。α7Sは、α7シリーズの初期型で、コンパクトで軽量。α7シリーズで一番軽量なのは一番最初に出たα7で、7Sはこれより30g15g重たい。そしてα7Sより22g軽い20g重いのが、α7Cだ。でも持った感じは7Cのほうがずっしりくる感じがする。*調べた数値が、バッテリー込みとなしのものとごっちゃになっていたので、調べなおしたらこういうことになりました。ちなみにソニーα7シリーズ最軽量は、最初に出たα7Rですが、これは残念な仕様でした。

7Sと7C。前から初期型シリーズは光っててそれ以降は梨地。個人的にはつるりんとしてるほうが好き。

前から見ると、7Cの小ささは際立っている。画像サイズの小さいAPS-Cのα60000シリーズとほとんど変わらないんだからなかなかがんばった。しかも、この機種には手ブレ補正機能まで入ってる。でもこのおかげで、ボディが分厚い。

正面からはコンパクトだけど、上から見ると分厚いのが一目瞭然。スペック上、ボディで一番分厚い部分はグリップ部分だけど、その数値でも10mmほど7Cが分厚い。お客さんのニーズは手ブレ補正装備なんだろうけど、デジタルカメラはどんどん分厚くなっているのはとても残念なので、ぜひ手ブレ補正のない薄いボディが出てくれるといいと思うんだけど、そういう需要はないんだろうなぁ。

7Sと7C7Sはだいぶへたってきているけど、7年物だったらしかたないか。7Sでも、薄すぎない。もっと薄くてもいいと思ってる。

もうひとつ、7Cが初めて採用したのがバリアングル液晶というやつで、液晶がボディの外側に飛び出してぐるぐる回る。カメラポジションの自由度という点では、今までのチルト液晶よりはるかに高い。なんでソニーがかたくなにこの液晶システムを採用してこなかったのか、理解できない。まぁ、ソニーの設計思想にはいろんなところにあほかいな、というところがあるので、これくらいは許容範囲かもしれない。

使ってみてあほかいなと思ったのは、ストラップの取り付け金具だ。本体を見る限り、ふつうの金具がふつうのところについているだけど、バリアングル液晶はボディの左側(撮影者から見て)に開くので、ストラップが垂れ下がっているとストラップがじゃまになる。右側にもうひとつストラップ金具をつけておいてくれると、縦につるすストラップ使いができると思うんだけど、ソニーの設計者は、おそらく自分の設計したカメラを使ったことがないんだと思う。

残念なところは多々あるけれど、残念の大半はα7Cの残念というよりソニーという会社の残念なので、そこは忖度して評価してるみると、α7Cはこれまでのα7シリーズにはなかったファインダーもどきの出っ張りがない35mm版フルサイズでバリアングル液晶搭載機種なので、その点はおもしろい。

飲みかわす幸せ。2021年版こういうのを撮るときは、バリアングル液晶が楽しい。

レンズ交換式ミラーレスカメラはレンズを外すと受光素子がもろに見えてホコリとかがついちゃう構造なので、環境劣悪のぼくらの仕事場では、極力レンズ交換はしたくない。両肩に1台ずつ持ってるとすると、首から下げる1台は、できるだけ軽いのがいいので、α7Cくらいの機種はとても魅力的。バリアングル液晶開けたままにしていて、ポキッと折ったりしちゃうんじゃないかという心配もないではないけど、今は試用中で遠慮しながら使ってるから、そのあたりはこれから先のお楽しみだ。スペック的にはすでに使っているα7IIIでそれなりに満足しているので、7IIIと同様のスペックを持つ7Cは必要にして充分、とい
うことになる。

小麦刈り小麦刈り。もらってきたコンバインがぶっこわれて、ピンが飛んで切れたチェーンをなおすのに六角レンチを刻んだり万力で曲がったちぇーんをなおしたりしました

ちなみにぼくが必要としている性能は、AFの追従性やMFのピントの視認性、秒10コマ程度の連写性能くらいで、巷のカメラ小僧(おっさんを含む)が重要視している画素数なんてのはほとんど興味がない。なのでこの機種は(あほかいななどと悪態をつきつつ)買い。もともとそう思っているからためしに使わせてもらったんだけど、その思いはますます強くなった今日この頃です。

といいつつ、うさぎがそこそこの大病をしやがって、予想外の出費を強いられることになったので、導入予定だったけど、しばらくはお預けになりそうです。お金できるまで指くわえてる間に、手ブレ補正のない、あと10mm薄くて100g軽いボディが出るといいなぁ。

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る