2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1986年の平凡パンチ

1986年に、ぼくは初めてアフリカ大陸に行った。今はダカールラリーと呼ばれている、パリ・ダカール・ラリーを取材に行くためだ。なーんてね、取材といったら取材体制をしっかりつくっていくものだと思うけど、こちとら、カメラ3台(1台はちょっとしか持ってない着替えにぐるぐるにくるんでスペアにしていた)とフィルムはたくさん持ってたけど、どこまで取材ができるのかはまるで自信がなかった。そんな状態ででかけていきました、という告白に4ページを割いてくれたのが「平凡パンチ」さんだった。

1986平凡パンチ表紙

平凡パンチにはグーフィ森さんという名物編集者がいて、グーフィさんがページをくれたのだ。パリダカ観るならいっしょに走らなきゃ、なんてぼく自身は思っていない。だってタイヘンだもの。読者の皆さんには、とてもとてもお勧めできない。これはたぶんグーフィさんがくっつけたタイトルだ。そうそう、当時はパリダカって呼ばれていたんだよね。なつかしい。

なんで今ごろこんなものがというと、親がなくなって、荷物を整理したら出てきたんだという。全部捨てちゃってすっきりさせればいいよと無責任な助言をした兄貴の助言を無視して、弟は細かく荷物を分けてくれたんだね。たいへん申し訳ない。おかげで、こんな思い出に浸ることができる。

1986平凡パンチの1

パリダカ取材については、いまやバイオディーゼル世界一周のカリスマにして、東日本大震災からの復興に尽力する立役者の山田周生さんが、いっしょにいかないかと声をかけてきたのを、ついまちがって行く行くといってしまったのだ。スズキ本社にお願いして足の届かないDR600をお借りして、スズキ・フランスでビッグタンクとミシュランデザートを装着してもらって(タイヤを変えたらもっと車高が上がって、渋滞の凱旋門で泣きべそをかいたことがあるのも、今思い出した)、えいやとでかけていった。

パリダカに取材に行った>パリダカに行った>パリダカに出た、と勘違いされる方もいらしたけど、当時よく説明していたのは、パリダカのコースが諏訪経由で東京から名古屋まで下道を走っていくのに対して、ぼくは東名高速を走ってるようなもんで、会わない時にはとんとラリーには出会えない。それでも、今みたいに毎日砂漠の奥地からレポートが届く時代ではなかったから、アフリカから帰ってきた”取材者”の生の声は、貴重に扱ってもらったものだった。

この4ページは、パリダカのレポートじゃなくて、ついていったぼくがどんな目にあったのかをつづれといわれたんだと思う、確か。ズタボロになって帰ってきたやつが目の前にいるのに、ポルシェとホンダのプレスリリースみたいなレポートをもらってもおもしろくない、ということなんだろう。ぼくとしてはありがたいお話だったけど、こういう采配ができる編集者って、なかなかいないもんなんだ。

1986平凡パンチの2

1986年3月3日号。実際の発行日はこの1ヶ月くらい前だから、ずいぶん突貫工事だったんだなぁ。パリダカのゴールは1月20日すぎで、それからパリへ帰って日本に帰ってだから、帰ってきてほとんどそのまんま銀座の編集部に駆け込んだと思われる。平凡パンチといえば平凡出版だと思っていたけど、当時はもうマガジンハウスに社名を変更していた。マガジンハウスになって平凡パンチが休刊になるまで6年。この号が出たのは、その中間くらいだった。

今、平凡パンチやマガジンハウスをぐぐってみたら、小説家の椎名桜子の売り出しに一役買った、なんて書いてあったけど、それで思い出した。グーフィさんといっしょに砂だらけの(もちろんダカールを出た後、何度もお風呂には入ったけどね)ぼくを編集部で出迎えてくれたのは、その双子の妹の椎名桂子さんだった。みんな、どうしていらっしゃるかなぁ。

写真は、クリックしていただくと文字が読める大きさになります。著作権的に許されるのかどうかわかんないけど、35年前のことだし、個人の記録として許してくださいまし。

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る