2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

日曜日の午後

 最近、日曜日に家にいることが多い。人には「月曜日と火曜日は下取りに出すから、日曜日を倍にしてくれないと、仕事する時間がない」なんて言ってたけど、どうもうそついてたみたいだ。もっとあちこちのトライアルに出歩かないといけないかな? 今日も、近所で言えば寄居トライアルパークでチャリティ大会があるんだけど、さぼりました。雪が降るとかいう予報だったけど、明けてみれば、降ってないじゃないね。
 しょうがないから、まだ企画段階のお仕事をしこしことしながら、F1の開幕戦なんか観ちゃいました。


 今年から、レギュレーションが変わって、タイヤ交換ができない、エンジンを2戦持たせなければいけない、予選方法も変更、なんてことになっていた。佐藤琢磨もミハエル・シューマッハもどんけつからのスタートです。
 レギュレーションの変更ってのは、一部の頭でっかちが机の上で考えてもろくなことはないけど、きちんと考えられていれば、レースを楽しくする大きな要因だと思います。F1なんかだと、エントラントが少ないから、全員そろって解決策を探ることもできるんでしょうね。日本では規則の変更がおこなわれると、大なり小なりMFJが悪者になるけど、エントラントが多い割に連絡網がなっちゃないから、末端の人たちはなにがなんだかわかんないままにあーでもないこーでもないと気勢を上げる傾向があります。MFJのやっていることが正しいとはこれっぽっちも思わないけど「文句ばっかり言っててもなにも変わらない」とは、小泉純一郎もよくおっしゃる(小泉さんの場合は、方便って気がするけど)。
 してF1。最初はおもしろいと思った。シューマッハみたいに、強いやつが先頭からスタートして逃げ切りましたなんてレースは、ジャイアンツが強い選手をそろえて、しかも3点ハンディをもらって試合が始まるみたいなもんだ。これでシューマッハが上位に入れば、それこそ王者とほめてあげられる。
 ところが始まってみれば、シューマッハも琢磨も、下位に沈んだままぜんぜん上位進出ならず、終わってしまいました。去年までのF1はぶっこわれたりスピンすることが多かったから、地道に走っているとそれなりのポジションを得られたような気がするけど、今年はタイヤもエンジンも持たせないといけないから、みんなが安全に走るようになったんだね。そうすると完走率が高いから、下位スタートの人はやっぱり苦しいまんまということになる。
 でもアロンソやバリチェロはきちんと上位進出しているから、ちゃんと走れる人は走るということなのかもしれない。規則の変更は、しばらく長い目で見ないと、よかったのかどうかわかんないですね。
 さて、今「トライアルをはじめよう」のWebサイトを作り直しています。今のページは、制作途中のものをそのままアップロードして、しかも無責任にもそのまま放置されているという、とんでもないものです。少しずつ形になってきてるんだけど、ここでこっそりボランティアを募集します。
 このWebサイトの制作をお手伝いいただけませんか。
・原稿を書く。
・写真を集める。
なんてことをしていただければとってもうれしいけど、
・できたものの感想を送っていただく
 なんてモニター活動でも感謝です。お気持ちのある方は、ニシマキ(@を@に置き換えて送信してください)までご連絡ください。例によって、当面謝礼はありません。ずっとないかもしれません。
 ではでは、また。みなさんの日曜日は、どんなでしたか?

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る