2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. リザルト中国
  4. MFJトライアル
  5. リザルト東北
  6. リザルト関東
  7. リザルト関東
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. TRJ / MFJ
  11. TRJ / MFJ
  12. TRJ / MFJ
  13. MFJトライアル
  14. リザルト関東
  15. TRJ / MFJ
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. トライアル・デ・ナシオン
  19. リザルト関東
  20. イベント(その他)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(その他)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト関東
  26. TRJ / MFJ
  27. TRJ / MFJ
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中部
  30. リザルト中国
  31. イベント(スクール)
  32. リザルト中国
  33. リザルト中部
  34. リザルト関東
  35. リザルト関東
  36. リザルト中国
  37. MFJトライアル
  38. MFJ
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. リザルト中国
  42. リザルト関東
  43. イベント告知
  44. 2017お勉強会

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ベルドン・初日

 2年前のベルドンと今回、いくつかちがうところがあった。主催者と密に連絡がとれればもうちょっと詳細がわかるはずだけど、まぁこんなもんだ。ヨーロッパというところは、事前に文書のやりとりとかではなかなか全容がつかめないことが多い。文書による情報伝達が徹底している日本との大きなちがいだ。


 ひとつは、スコアカードを各自が持つようになったこと。今までは、スコアはオブザーバーのノートにつけられていて、セクションはただ通過すればよかった。
 スタート前のパレードがなかった。スタート前のランチもなくて、朝からズルズル受け付けと車検をやって(ぼくらはきのう済ませているからやることなし)そのまま12時になったら第1ライダーのマルク・コロメがスタートしていった。ゼッケン2はスコルパのベンジャミン。ふたりはもちろんSY250Fだ。その後ろにパリダカ優勝者のステファン・ペテランセルがいたけど、そのときはまだ気がついていなかった。ペテランセルはSY250Rで走っていた。
「マシンはだんだんよくなっているけど、なにもかも初めてのマシンだからやることが多くてたいへん。でも、とても有意義で楽しい仕事だ」とコロメは言ってた。
 ぼくらにとって2年前と大きなちがいは、これは大会とは関係がないけど、サポート隊が皆無ってことだ。前回は試合後にぼくらのマシンを受け取るバイクショップ「HORIZON」がマシンのメインテナンスを全部担当してくれたけど、今回ぼくらの担当はガスガスのフランスインポーターのフィリップ・ベラティエだった(多摩テックのスタジアムトライアルに来たことがある名ライダー)。しかしベラティエは車検が終わったらさっさと帰ってしまった。サポートはブルーノ・カモッジがやるからということだったけど、カモッジは自分が走るのに忙しい。ぼくらには、いっさいのサポートがないってことになった。
 結局エアクリーナーのお掃除だけ、スコルパのファクトリートラックにお願いして、軒を借りてやらせてもらった。今回、スコルパは唯一ファクトリーのトラックがベルドンにやってきている。マリオとぼくの相談では、次の機会はマシンはスコルパにしようということになっている。やっぱり、フランスのイベントはフランスのメーカーが心強い、のかもしれない。前回の体制は、想定外に素晴らしいものだったのだと、改めて痛感した。
 もうひとつ、緑のクラスの下に、黒のクラスができた。セクションはぼくらが15に対して、黒は6つしかない。といってもコースはおんなじだから、トライアルをそこそこかじっていないと走れないと思う。それでも、セクションを走る疲労はないし、とにかくこの雄大なコースだけ走りたいという人には素晴らしいクラスとなった。
 さて1日目は、12時(第1ライダー)スタートの半日コース。ガソリン1回給油で6リットルをフルに使っての移動だから、なかなかタフだ。前半はクリーンセクションが続いて、そのうち手ごわいのも出てきた。
 我々日本人部屋(イタリア人ひとり含む)の7人は全員が同じクラス。トップはマリオで10点。4位。イギリス人が二人5点でトップに並んでいる。マリオは表彰台をねらっているので、悪くはないが今後の奮起が必要な展開だ。
 次は並木さんで18位。斉藤さんは前半からだいぶお疲れの様子で、ぼくは斉藤さんに会うたび、「点数にこだわらずに気楽に行きなさい」だの「マイペースが大事ですぞ」だのと、アドバイスをしたり足を引っ張ったりしていたのだけど、終わってみたらぼくが28点で斉藤さんが27点で1点負けてしまいました。でもまぁ、齋藤さんはなんとか1日目を無事にクリアしたし、ぼくにとってもそれなりに満足いくコンペティションだった。齋藤さんが申告5点で通過していったところを延々と待って5点になったのは痛かったけど、そういうのはあとの祭り。齋藤さんによると、この申告5点でだいぶ楽になったのだということだった。
 茅沼兄さんは、やっぱりコースがきつかったようだ。茅沼完治さんと七海さんといっしょに走っていたけど、だいぶ遅れてゴールしてきた。でも今日はタイムオーバー減点がついてないから(なぜかは不明)、その点はラッキー。並木さん、斉藤さん、ぼくの3人(3人のゴールは同時だった)も20分くらいタイムオーバーしていたはずなんだけどな。マリオは「タイムがきわどかったから、最後は一生懸命早く走ったのに、結局タイムオーバー減点はないじゃないか。でもまぁ、これがフランス人風、ベルドン風、マヤ風なんだけどね」とちょっとぶすっとしていた。マヤってのは主催者の名前だ。マリオはイタリア人だから、こういうことがあっても、あっという間に忘れちゃうんだけどね。
 コースもセクションも、2年前と変わらなかった。簡単だけど厳しい。だけどとってもおもしろい。
 並木さんは、走っているときにはぼくに勝負を仕向けていたけど、成績が出たら、標的をマリオに変更したらしい。どう考えても、並木さんはぼくの相手ではないのだ。
 茅沼兄さんは、とりあえず2日目は走らずに休息をとることになった。ベルドンには「ジョーカー」というシステムがあって、1日は競技を休んでもリザルトから消えないでいられるようになっている。その権利をいきなり使うことになった。
 ゴール後、軽食パーティが催されて、そこで日本人6人が前に引っ張り出されて紹介された。なんと紹介されたのかはフランス語だからわかんない。でも、みんなに拍手されたので、悪い気はしないのであった。
 写真はブルーノ・カモッジ(右)とモトクロスのスーパーチャンピオン(125、250、500のクラスの世界チャンピオンとスーパークロスチャンピオン)にしてロードレースライダーであり、原点はトライアルライダーというジャン・ミシェル・バイル(フランス人)

関連記事

1986年の平凡パンチ

1986年に、ぼくは初めてアフリカ大陸に行った。今はダカールラリーと呼ばれている、パリ・ダカール・ラリーを取材に行くためだ。なーんてね、取材…

イベント(大会)

2022年わびさび大会開催

2022年のわびさび大会の日程が決定しました。 トライアルチーム嵐山不老天狗よりのお知らせです。 (さらに…)…

自然山通信2022年1月号電子版

2022年になりました。今年もよろしくお願いします。ということで、2022年1月号電子版をご用意いたしましたので、ご購入、ダウンロードしてお…

自然山通信2022年1月号発売中!

新年1月号発売中!Repsol Honda Team監督に就任した藤波貴久のロングインタビュー、第三回目。そして、ポルトガル GPの会場で藤…

2022トライアルマシン合同試乗会のご案内(三重県)

2022トライアルマシン合同試乗会開催のお知らせ 2月11日、三重県四日市市グリーンパーク岡山トライアル場で、トライアルマシン試乗会を…

年始の放射能冷却

あいからわず、当地は寒いです。世間は雪が降ってたいへん、ということなのだけど、こちら、ほとんど雪は降ってません。一応白いんだけど、積雪量1c…

イベント(大会)

202112/22

2022年新春植木トライアル大会

初転び今年もやります草大会 日時:2022年1月16日(日)  受付:8時30分〜  スタート:9時30分〜  ゴール:13時3…

リザルト中国

中国選手権第2戦山口大会

2021年中国選手権 第2戦山口大会 ●2021年12月19日 ●広島県グリーンピア瀬戸内 ●天候:晴れ   (さらに&he…

MFJトライアル

2021MFJグランドチャンピオン大会

第34回MFJグランドチャンピオン大会 ●2021年12月12日 ●愛知県キョウセイドライバーランド (さらに…)…

トライアルGC大会/GCクラストップ10の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスの上位10名の結果一覧です。 GC大会10位までに入ると、国際B級へ昇格することができます。…

ページ上部へ戻る