2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. MFJトライアル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2016高田島ツートラ
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(その他)
  12. リザルト中国
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中国
  15. リザルト中部
  16. リザルト関東
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト沖縄
  21. イベント(大会)
  22. 2017お勉強会
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. MFJトライアル
  26. イベント(大会)
  27. リザルト関東
  28. リザルト関東
  29. イベント(スクール)
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト中国
  35. 2020.04.05

    福島市へ行く
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. リザルト四国
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト沖縄
  46. イベント告知
  47. 2020XTDN延期
  48. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

プロバンス新聞

 3日目だったかな? 地元のプロバンス新聞の記者さんがやってきて、日本人を取材したいという。その記事が、4日目の朝刊に載っていた。これがこの記事だ。新聞に載っちゃったから、日本人は有名人になっちゃったねーなんて思ってたんだけど、帰ってきてからフランス語のわかる人に訳してもらったら、なんのこった。


 取材は、マリオ・カンデローネ(ほとんど今回のベルドンの主人公のひとり。イタリア人にして七人の侍のメンバーの一人)につきあってもらった。なんとなれば、プロバンス新聞の記者さんは、英語があんまり得意ではなく、こちとらポンニチは、フランス語は全滅だからだ。マリオはフランス語はそれなりに話す。スペイン語はイマイチ。英語はかなり上手に話す。日本語はぼくのイタリア語と同レベル。
 何人できたのか、ベルドンは何回目か、年はいくつだ、オートバイはどうしたのだ、云々カンヌン。記者さんの取材はしつこい。最近のニシマキは、ライダーの気持ちをおもんばかって、取材はどんどん簡素化していっているけど、ライダーは取材を受けるのが仕事だから、こんなふうにしつこく食い下がるのも必要だなと反省しました(といいつつ、直後のアンドラでは、藤波貴久選手が他の取材の相手に忙しそうだったので、やっぱり遠慮してしまったのだった)。
 でね、ぼくらの記事だけど、なんだかぼくの名前がいたるところに登場しているなぁとは思ったんだ。

野心のない、いや、野心を見つけにきた変な日本人6人組!!!
イタリア人の10年来のお友達マリオ・カンデローネ曰く、Hiroshi NISHIMAKIは日本人じゃないとさ。ふつうの日本人は秩序正しいんだけど、Hiroshiのようなふつうじゃない日本人だと、トライアルの試合でも規制が多くていやんなっちゃうらしい。いわば反抗的な人ってわけだ。
彼らにとって、ベルドン5日間はすごーく大変なトライアル。おっこちたら命がないような危ないところもあるしね。昨年の大会を輝かせた野崎史高が今回は不在の中、しかしこの6人組は野崎のあとに続くような人たちではない。みんなバカンスでやってきた。楽しみゃいいのって、みんな言ってる。中にはすでにへとへとになっていて、第2ステージをスタートしなかった人がいたり、中にはヨーロッパ初めての人もいるとか。すごいチャレンジだね。でも、ま、言葉の壁だって、なんのその。我が国には「我が輩の辞書に不可能はない」と言ったナポレオンがいるけど、日本人だって、やる気があれば不可能はない。変な日本人6人組気を付けて楽しんで下さいまし。

 途中の見出しには「HIROSHIはへそ曲がり」なんて書いてある。これは、ぼくらのインタビュー記事ではなくて、ほとんどマリオの日本人インプレッション(しかもニシマキインプレッション)ではないか。
 マロゴン由佳さんにこの新聞を見せたところ、この記事は好意的なのかどうか、ちょっと悩んでいたものね。くそー、マリオのやろー。やりやがったな。
 もっとも、マリオに「おまえはふつうのイタリア人か?」と聞いたら「おまえがふつうの日本人じゃないくらい、ふつうじゃない」とお答えになった。マリオと遊んでいる限り、ふつうのイタリアを知ることにはならないのかもしれない。

関連記事

MFJトライアル

9/27全日本開幕、もてぎにて!

2020年全日本選手権トライアルが、ようやく、ようやく開幕する。9月27日、ツインリンクもてぎでの開催だ。 (さらに……

イベント(大会)

10/25第57回バイクトライアルKAMEOKA CUP(KC57)

第57回バイクトライアルKAMEOKA CUP(KC57)大会 開始以来12シーズン目に入ったKC。今年は全5試合の開催を予定していま…

イベント(大会)

11/29第24回爆笑ツインショック

第24回爆笑ツインショック大会開催のお知らせ 爆笑大会実行委員会 第24回爆笑ツインショック大会を以下により開催いたします。 春…

イベント(大会)

11/22 2020年度ペガサスカップ

2020年度ペガサスカップトライアル大会の日程が決まりました。 第36回ペガサスカップ:開催日 2020年11月22日(日) ペ…

イベント(大会)

秋のど・ビギナーもてぎは中止に

10月4日、ツインリンクもてぎで開催予定だったど・ビギナートライアルは中止となった。 以下、ど・ビギナートライアル現代表の山内さんより…

プラ板の電子版? 2020年9月号電子版

お待たせしました。2020年9月号電子版をご用意しました。 お値段も中身も紙の自然山通信と同じです。お手持ちの電子端末でご覧ください。…

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!全日本も世界選手年もいよいよ9月からスタートですが、シーズン直前は「プラ板と針金から生まれる・やっさんの、世界。…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/4世界選手権開幕

9月4日、2020年世界選手権がいよいよ始まる。 COVID-19感染症に翻弄された2020年だが、数々の苦難を乗り切り、待ちに待った…

イベント(大会)

10/24-25水源の森

第25回 水源の森ツーリングトライアルin比和 (さらに…)…

ページ上部へ戻る