2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ディープ・インパクト

 TDN(トライアル・デ・ナシオン)が終わって、月曜日の夜にパリへ移動し、火曜日の午前中の飛行機でロンドンへ、トランジットで成田へ向かう。
 ふつう、日本人は、日本行きの飛行機乗り場に来ると、いきなり増える。ヨーロッパからヨーロッパへ移動する便では、なぜか日本人はとっても少ない。ところがあなた、パリからロンドン行きの飛行機は、そらもう、日本人だらけじゃないか。びっくり。


 おたずねしてみたところ、どうやらディープインパクトを見に行った人が多いらしい。みんな他人なのに、ディープインパクトつながりでみんな仲がよさそうなのだ。一応解説しておくと(世の中の大半の人は知ってるだろうけど、杉谷とかは知らないかもしれないから)、ディープインパクトってのは日本の競馬馬で、こいつがフランスの凱旋門杯に出場した。本命中の本命だったんだけど、結果は惜しくも3位だった。で、ディープインパクトの応援に、日本人がこぞって海を渡ったというわけだ。
 パリ・ロンドンでは、横一列6人のうち、4人が競馬帰りだった。ぼくと、もうひとり、ドイツから帰国のビジネスマン風の二人が、お馬さんとは関係ない客だった。そのビジネスマンは、ロンドン行きの飛行機が日本人だらけなのを見ておたおたとし「な、なにかあったんですか?」と聞いてきた。ぼくにも日本人が多いのはなぞだったんだけど、その質問を聞きつけた窓際のご婦人が得意そうに解説してくれた。実はぼくも、凱旋門杯に日本人が終結して、無料のパンフレットをとりあう大騒ぎをしているというニュースを読んではいたんだけど、ご婦人の解説を聞いて初めて、ディープインパクトと機内の状況がつながった。
 そういわれてみれば、日本人が大い割にはツアー客って感じじゃなくて、リュックかかえた若者みたいなのも多かった。こういう旅慣れた感じの日本人は、一便に多くて数人程度だもんだけど、今回はみんながみんなこんな感じだから、そりゃドイツ帰りのビジネスマンもびっくりだ。
 ロンドンから成田へのBA007便(カムチャッカで撃墜されたKAL機が確か007便だったけど、まるで関係ない)も、やっぱりディープインパクトファンばっかりだった。隣のお兄さんは、レース展開や騎手(武豊だったらしい)のこと、勝てるチャンスも大いにあったこと、日本人がみんなディープインパクトを買ったので大本命となり、しかもフランスの本命馬も低迷したため、けっこうな高配当になったこと、などを教えてくれた。そのお兄さんはフランスは初めてだそうだけど、スペインには何度か行ったことがあるという。ぼくがトライアル帰りだというところからバルセロナの話になった。スペイン、それもバルセロナがお気に入りなのは、その街の建築ゆえらしい。
 とまぁ、飛行機の中はこんな感じで日本人だらけだったけど、とても乗客の半分が日本人だなんて思えなかった。あんまり日本人の悪口を書くのも気分がいいもんじゃないけど、ヨーロッパの秩序を乱すのは、国籍が日本だからではなくて、日本のツアーだからなんだなとあらためて思いました。みなさん、ツアーで旅をするのはやめましょう。結局外国のことがちっともわかんなくてつまんないからね。

 しかしまぁ、ディープインパクトがどれほどかわいい馬かは知らないけど、これだけオッカケが日本からきてくれるなんて、なんと幸せな馬だろう。TDNの会場では「なんで今年の日本チームは3人なんだ?」「なんで女性陣は世界選手権に1戦しかでないんだ?」なんてことをよく聞かれる。顔なじみのジャーナリストはまずぼくに聞いてくる。「ヨーロッパまで来るのは高いし、お休みをとるのもむずかしいしね」。でも、そういう答えじゃ納得できないらしくて、藤波にも聞いている。答えはいっしょだ。だってそれが真実なんだから。
 でも飛行機の中の様子を見ていたら、日本人は日本の競馬馬の応援に、こんなにたくさんの人がフランスまでやってくる国民性を持っているわけだ。お金がないなんて信じられないし、休みがとれないなんてのも、信じられない。ディープインパクトが日本チームの一員になってTDNを走るとなったら、きっとTDNの会場は日本人だらけになるにちがいない。
 このギャップは、いかなりや。今回は、愛知の松下一家が応援に来てくれた。お母さんはプレスゼッケンをつけて写真を撮ってたけど、TDNに日本からの応援がくるなんて、5年ぶりくらいじゃないだろうか。ほかには、今はドイツに赴任しているMFJ東京の高橋延治さん。日本の応援団は、たったこれだけ。
 今までTDNにくるたびに、海の向こうのイギリスからやってくる応援団の数の多さをうらやましくてしょうがなかったんだけど、今回はイギリスよりも、ディープインパクトがうらやましくてしかたがなかった。
 写真は、ベルギーの空港のチョコレート売り場と、信号待ちの車内から見たフランスのレンヌの街の中。
 どちらも意味もなく並べてみました。

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る