2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2016高田島ツートラ
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. 2020.04.05

    福島市へ行く
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト沖縄
  27. イベント告知
  28. 2020XTDN延期
  29. イベント(大会)
  30. SSDT中止
  31. イベント(大会)
  32. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト沖縄
  46. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

第2回お勉強会

100516_Sさん
100516_Tさん

4月に続いて、地元新企画オートバイのお勉強会その2回目を行いました。連休のあとだからか、あんまり引き合いがなくて中止になっちゃうかなと思ったけど、お二人の参加があったので、ちゃんと開催しました。

我が川内村、ちょっと涼しいけど、ようやく春の気配になってきた。オートバイで山の中をるんるんするのは、今が一番気持ちがいいときです。お相手しながら、こちらも気持ちがようござんした。実はちょっとのどが痛くて、咳などしていて申し訳なかったんだけど、オートバイ遊びをしているときには、からだが調子悪いことも忘れられるんですね。

参加者が少ないというのは、告知がなってないからだという反省はもちろんあるんだけど、イベントというのは、参加者がどんなに少なくてもやんなきゃいけない、参加者が少ないから中止にしますとしちゃうと、次からもう来てくれないという話を、SUGOの藤原さんとしたことがあります。藤原さん、超初心者向けのモトクロスイベントを企画して、参加者5人だったことがあるらしい。

「もちろんやりましたよ」

と、藤原さんは胸を張っていた。参加者が少ないからと中止にしたりコンセプトを変えたりするといかんのだそうだ。その参加者5人のイベントは、今ではある程度立派なイベントになっているらしい。

いや、そんなことはどうでもいいのだった。今回のお一人は埼玉からのSさん。まったく初心者によくききますと謳っているので、リピーターってのは初心者じゃないのかもしれないけど、最近は、2度や3度同じことをやって、ようやくわかってくることもあるのかなと思うようになった。

もうおひとりはお近くのTさん。おふたりともオートバイで自走でいらっしゃいました。Sさんは前の日の午後からいらっしゃったので、軽くお散歩に出かけました。季節はちょっとすぎてるんだけど、タラノメをいくらか見つけてきた。そうか、5月の回は山菜狩りツアーつきとしておけば、お客さんいっぱい来たかもしれないね。

その晩は、タラノメのてんぷらと鍋を囲んで、また軽く宴などを持ちました。雑魚寝状態なので、宿泊は無料。お鍋代だけいただいてます。

Tさんは、昔々トライアルジャーナルを読んだことがあって、でもトライアルマシンにさわったことはないという貴重な新人さん。村の奇跡のカフェ・ダノニーの本棚に置いてあった自然山通信を見つけてびっくり。そして今回出会うことになったというわけです。いろんな出会いがあるもんですね。

いつものように、スタンディングスティルの効能と30分でマスターできる道筋、合わせて人さし指でレバー操作をする理由、オートバイの曲げ方などを、いろいろ感じてもらいながら説明していきます。このへんのことは、トライアルライダーに限らず「へー」と思えると思うんで、ツーリングしかしたことない人も来てくれないかなぁと思う次第です。

今回は、妙にカリキュラムの進行が早くて、お昼までにはフロントアップのいろはも説明できちゃった。残りの時間をフルに使うと、なんだか先生を追い抜いてしまいそうなので……もとい、そういう身勝手な理由ではなく、ご本人たちのご希望で、きのうの山菜とりのルートを復習しに行くことにした。

そこは古い通学路で、新参者にはどれが道なんだかわかんなくて、最近になってようやく発見したルート。フロントタイヤが隠れるくらいの笹藪になっているけど、まだなんとか走っていられるほどのコンディション。笹がある以外は道は平坦だけども、迷子気分になったりしながら進むのは、プチ冒険気分で好きなんだけど、お客さんはいかがだったかな?

100516代かきとガスガス

春の遅いこの地域でもぼちぼちと田植えが始まっていて、お散歩の途中に田植えに遭遇したりします。代かきに一生懸命なのはお酒を飲んで村の昔話をしてくれるのが大好きなSさん。でもこの日は、黙々と代かきに精を出していました。夜になったらこの集落に一見しかない焼き鳥屋さんで一杯やっていることだろうから、写真、プリントして持ってってあげようと思います。

さて、トライアルのほうは、セクションマーカーを持っていったので、途中2ヶ所ほどセクション作りました。Tさんには「簡単そうに見えるけど、走ってみるとむずかしいもんですね」と、うれしい感想をいただきました。そうそう。トライアルって、そういうものです。むずかしそうに見えてむずかしい世界選手権なんてのもあるから、ぜひそっちも見に行ってくださいねと宣伝して、この日は無事おしまい。

6月は、12日の土曜日に開催します。日曜日にどうだん祭っていう、山開きのお祭りがあるんで1日前倒しにしたのだけど、次も来てくれると頼もしいSさんによると、走った晩にぐっすり眠って翌日早めに帰るほうが疲れが少なそうだから、土曜日開催もまた悪くないということでした。そういうものかもしれないね。

関連記事

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ページ上部へ戻る