2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

さよなら! 澤口正人さん

1202澤口さん
珍しいネクタイ姿さんの澤口さん
ダートトラックの競技長さん執務中

 2月7日のお昼ごろ、ぼくたちの大切な友人である澤口正人さんか亡くなられました。
 大きな手術をして「おれはもうすぐ死ぬんだ」と笑いながら病状を説明してくれていたけど、ほんとに死んじゃった。
 この10年、澤口さんにはいろいろお世話になりました。追悼と感謝をこめて、故人を思い出してみたい。


 澤口さんは、元本田技研の人だった。鈴鹿から栃木の研究所に転勤になって、栃木県もてぎのあたりに引っ越してきた。そしてやりたいことをやりたいと会社を辞めて澤口屋という商売を始めたのが、ツインリンクもてぎが創業した頃だったという。
 できたばかりのツインリンクから仕事をもらって、澤口屋さんはわりと忙しそうだった。ツインリンクの乗り物の整備とかが、澤口さんのお仕事になった。
 もてぎで初めてトライアル日本グランプリが開催されたのは2000年のことだった。澤口さんは第1回龍泉洞トライアルに参加したことのあるトライアル愛好者だったから(ひどい目にあったらしいけど)地元での世界選手権開催にはうんと張り切った。
 トライアルはショップからインポーターまで、小さな企業ががんばっていることが多い。一方ツインリンクは大きな企業だから、そのまんまだと、なかなか話が通じない。澤口さんはその両方のことばがわかる。会場設営やセクション作りなど、澤口さんが大企業たるツインリンクとトライアル専門職との間の通訳をした現場はたくさんあった。
 2000年のときには、古いトライアルマシンを並べて臨時博物館を作った。日本全国のオーナーの方からマシンをお借りしてくるのに、自然山通信も一枚かませていただいたが、そんな現場にも、澤口さんはいてくれた。澤口さんがひとりいるだけで、作業はうんとスムーズになった。突貫工事中は、トンカチがない、釘がないだけでも大きな支障になるし、あんなものがないかなぁ、こんなものがないかなぁというヒラメキにも、いつも「あるよ」と返事が返ってきて、希望通りのものをどこからともなく持ってくるのが、澤口さんのパワーだった。
 その頃、世界選手権だけじゃなくて、ふつうの人のトライアルももてぎでやりたいと考えた人がいた。ど・ビギナートライアルの萩原さんだ。一方自然山通信も、世界選手権だけじゃ片手落ちだから、ぜひ素人の部もやりましょうよとツインリンクにご提案申し上げてきた。そして、ツインリンクで調整に立ち待ったのが、澤口さんだ。

1202澤口さん
最初にもてぎでど・ビギナートライアルをやったとき。

 はじめてツインリンクでど・ビギナートライアルを開催したとき、澤口さんは萩原さんの軽トラックの荷台でなにやら語っている。おそらくツインリンクで遊ぶ上でのご注意を語っているんだと思う。ツインリンクもてぎでやってるど・ビギナートライアルは、萩原さんの熱意によって実現したものだが、萩原さんは自然山通信なしでは実現はなかったと言ってくれている。でも澤口さんの影の力がなかったら、開催できたどうかだろうかあやしいと思う。澤口さん、ありがとう。

1202澤口さん
澤口さんの協力で実現したトライアル体験試乗会

 他に、2回か3回、一般のライダーを相手に、トライアル体験会もやった。セクションを作るといっても、本当の素人を走らせるのだから、危ないものは作れない。澤口さんが見つけてきたのは、廃材となって放置されていた部材だった。それはなにかというと、世界選手権の最終セクションの一部だった。「こんなのがここに捨ててあるのは、たぶん、おれしか知らないよ」とニコニコしていた澤口さんを思い出す。
 マシンはXR100改(写真)やAPE100だった。大排気量ツーリングバイクを走らせるライダーが、小さなマシンのコントロールに苦労しているのが楽しかった。

1202澤口さん
世界選手権のセクションの廃材を使って体験コースを作る澤口さん(真ん中)。右は杉谷だ

 これが最初のトライアル体験で、トライアルを始めたという人がいる。萩原さんの跡を継いで、今、ど・ビギナートライアルのまとめ役をやっている山内克敏くんだ。山内くんもホンダにお勤めだけど、萩原さんとの接点はなくて、本当にたまたまの一般客として、ぼくらのイベントでトライアルごっこを体験したのだという。
 澤口さんがいたからおもしろかった。お疲れさまでした。ありがとう。

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る