2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. イベント(スクール)
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(その他)
  12. リザルト東北
  13. MFJトライアル
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 2016高田島ツートラ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(その他)
  25. リザルト中国
  26. リザルト中国
  27. リザルト中部
  28. リザルト中国
  29. リザルト関東
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト沖縄
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トライアルマシン試乗会



こちら、スコルパ
の試乗会

 全日本近畿大会で、目からうろこが落っこちるものを見た。
 たぶん、これを読む人の半分以上は、なにが目からうろこなのかわかんないかもしれない。その人たちは、正常な神経の持ち主です。で、トライアルの世の中には、(少なくとも)ことトライアルを始めるという点においては、正常な神経を失ってしまった人たちが多い。みんな、じょうずになって、はじめた頃の苦しみとか悩みとか、そういうのを忘れてしまっちゃったんだね。
 で、自分じゃいつまでもへたくそだと思っていたけど、知らない間に、だんだん気持ちばっかり幽体離脱してきちゃったんだなぁと思った次第なのだった。


 もったいぶった書き方をしちゃったけど、この日猪名川サーキットで、ふたつの試乗会が開催されていた。ひとつはHRCとモンテッサによるRTL250F/Cota4RTの試乗会で、もうひとつはスコルパTY-S125Fの試乗会。モンテッサ/HRCのほうは、なだらかな斜面に設定されていて、まぁ狭いながらも岩を越えたりできるようになっていた。
 トライアルマシンの試乗というのは、もっとあればいいのにと思っている人は多いと思うけど、実はさんざんやってきた経緯がある。トライアル大会を観戦にきたひとに、実際にトライアルマシンに乗ってもらって、その楽しさを味わってもらって、今よりマシンが売れるなら、商売する方は大喜びだし、お客さんのほうも、試乗もできないマシンをいきなり大枚はたいて買う気にはなれない。どっちから見ても、試乗会はとってもいいシステムだ。
 ところがやってみると、これがなかなかハプニング続き。走り始めたと思ったらいきなりウイリーして飛んでいったり暴走したり、そういうハプニング(というよりアクシデントですね、これは)が続出。リヤフェンダーが見る見る消費されていく事態となった。リヤフェンダーがなくなるのはまだ目をつぶるとしても、お客様がケガをしてしまってはなんともどうしようもない。そんなハプニング続きから、試乗会はどんどん平らなエリアでおこなわれるようになり、しかしそれでも事件は起き続けた。そしてとうとう、最近ではすっかり試乗会がおこなわれなくなっちゃった。



HRCの試乗会

 今回、スコルパの試乗会は、かの木村治男さんのアイデアということなんだけど、トライアルマシンの試乗会らしくない、でも考えてみると試乗会としてはあたりまえの催しになっていた。
 エリアは草っぱら。ここに、木の向こうをぐるっと回って帰ってくる1周100メートルほどのコースが作られている。ここを2周ずつが、ひとりに与えられた試乗タイムなんだそうだ。1周という概念は、トライアルではすっかり忘れてしまったものだ。セクションは入り口と出口が別々にあるから、ふつう周回するようにはできていない。だから試乗用のスペースも、すっかりそれでいいものだと思っているけど、初めてトライアルマシンに触れる人にとっては、1周のコースを用意してもらえるというのは、きっととても安心できることにちがいない。
 そういえば、ぼく自身、初めての人をトライアルマシンに乗せる時には、なだらかなコースを設定して走ってもらうようにしているし、トライアルパークには初めての人がすんなり周回してこれる“コース”がないところが多いのも残念だなぁと常々思っていた。でも、試乗会のことはとんと考えが及ばなかった。
 HRCとモンテッサの試乗会のほうは、トライアル心のある人が集まっていたように見えた。試乗会のエリア設定もマシンの性格も、ふたつの試乗会は、それぞれ特徴がよくでていたようだった。
 それにしても、トライアルを知らない人たち向けの、この日のスコルパ試乗会みたいな催しがあっちこっちで開催されたら、きっとトライアルはじめたい人、増えるんじゃないかな。

関連記事

イベント(スクール)

202011/23

12/12-13 Gatti School Special 真壁

緊急開催決定 Gatti School Special 真壁トライアルランドで開催。 12月12日土曜日・12月13日日曜日、2日間に…

2021年世界選手権カレンダーは?

2021年FIM世界選手権(暫定)スケジュールが発表になった。日本GP(ツインリンクもてぎ)は5月15〜16日に設定されている。 (…

イベント(大会)

202011/19

12/27 GATTIスクール杯【会場変更】

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

2021年、ガスガスがロードレースに進出

ガスガスがKTM傘下となって1年になろうとしているが、KTMのガスガス・ブランド戦略が本気だ。 (さらに…)…

2021年のXトライアルはこうなる?

Xトライアルの2021年暫定カレンダーが発表された。このまま大会が開催される確証はないし、今後の感染症蔓延の状況を見ながらカレンダーの変更は…

2020年11月号電子版もありますよー

老眼でお悩みの方にお勧めの、お手持ちの電子端末でお好きな大きさに拡大して読める、自然山通信電子版。遅くなりましたが、11月号をお届けします。…

自然山通信11月号発売中!

自然山通信11月号発売中! ちょっと遅くなてしまいましたが、今月も元気にちょっと増ページ。ずっしり重くなってオールカラー70ページ・314円…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2020全日本選手権最終ランキング(独自集計)

2020年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位です。出場し…

全日本トライアル最終戦結果

2020年11月8日 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:晴れときどき曇り 観客数:0人(無観客試合) IAS:10…

ページ上部へ戻る