2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. KLX230skidplate
  3. 2019.11.21

    地球温暖化?
  4. MFJトライアル
  5. イベント(その他)
  6. リザルト中国
  7. リザルト中国
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. MFJトライアル
  14. リザルト近畿
  15. リザルト中国
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. 2019.10.13

    台風一過
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト関東
  23. イベント(大会)
  24. イベント(その他)
  25. MFJトライアル
  26. 2017TDN
  27. トライアル・デ・ナシオン
  28. リザルト関東
  29. リザルト東北
  30. リザルト中国
  31. リザルト関東
  32. リザルト九州
  33. リザルト中国
  34. リザルト沖縄
  35. MFJトライアル
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト中国
  43. リザルト東北
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト中部
  47. リザルト四国
  48. 2019.08.02

    最近の星空
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. リザルト九州
  52. リザルト沖縄
  53. 140ccボアアップセット
  54. リザルト関東
  55. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  56. MFJトライアル
  57. リザルト中国
  58. リザルト関東
  59. リザルト九州
  60. リザルト沖縄

    2019.06.23

    2019沖縄第6戦
  61. リザルト中国

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SSDT 5日目

だんだん書くことがなくなってきたぞ。困ったな。
5日目、金曜日は、フォートウィリアムの南の半島を一回りしてくるコースで、他の4日間に比べると少し楽。コランフェリーというフェリーボートで川(なのか海なのか湾なのか)を渡ったり、ちょっと趣向がちがう。これは毎年こういう傾向らしい。
スコットランド、地元の期待の星ギャリー・マクドナルドは10点を献上してトップから後退した。5点が一つあるのが痛かった。そういえば、ルールについてなにも書いてなかったけど、SSDTってのはイーハトーブとおんなじような、停止即5点のルールを使っている。失敗してもとにかく突き進まないと5点になっちゃうのだ。でも、イーハトーブはともかく、SSDTでは止まった止まらないの採点で悩むことはあまりない(ライダーがカードを持たないから、採点でもめるってことはほとんどないのだ)。SSDTのセクションは圧倒的に上りばかりで、しかもつるつる滑ったりごろごろしていたり、一度止まって再スタートができるような地形じゃない。
SSDTのセクションは、これまた圧倒的に沢に作られている。スコットランドの広野には、無数の沢が走っている。水が流れているものも流れていないものもあるけど、この沢をセクションにして、3つ4つをひとまとめにして、ヒルと呼んでいる。ヒルとは丘だけど、もてぎの世界選手権に習った言い方をすれば、ゾーンのような意味だ。
SSDTの伝統的な点といえば、連続セクションがけっこうあること。最近のトライアルではとんと見かけなくなったけど、セクションの出口と次のセクションの入り口がくっついているのが連続セクション。有名なパイプラインのセクションも連続セクションだと思った。全部をクリーンしようと思ったら、全部一気に走りぬけなければいけない。採点はひとつずつのセクションでおこなわれるけど、ライダーとしたら、恐ろしく長いセクションを走りぬけなければいけない。


で、本日の成績。ポンスが18点、1点差でマクドナルド。関係ないけど、マクドナルドとかマクマスターとか、Macで始まる名前って、スコットランドとかアイルランドとかに多い名前なんだね。カナダ人にもけっこう多いけど、緯度的にこのへんの人の名前、ってことなのかもしれない。
マクドナルドを追うは、ヘミングウェイ、カモッジ、コリー、ビルバオ、コナー、ソープ。この6人が8点の中にひしめいている。この日だけを見ると、トップのポンスをはじめ、カモッジ、ソープが3点。この中のだれかが明日の最終日に、オールクリーンでもすれば逆転トップも夢じゃない。
ジョン・ランプキンのトータルポイントが、きのうまでより5点へっている。これはきっと、抗議が通ったのだろう。「ぼくの○セクションの点数だけど、クリーンしたけど5点になっている。おかしくない?」なんて事務局に申し入れると、事務局は一生懸命調べる。まずコンピュータの入力まちがいを疑う。まちがってたらすぐになおる。オブザーバーのノートに5点てなっていると、これがひっくりかえることはほとんどないけど、オブザーバーとライダーが直接面談をして、ほら、あのときあんたはおれに「ナイスクリーン」って声をかけてくれたじゃないか、なんて話をしているうち、オブザーバーが「あぁまちがえた」って採点がひっくり返ることもある。ジョンの場合も、きっとこんな感じなんでしょう。よくわかんないけど。
パスケットは、なぜかリザルトの最後尾にいる。なんらかの失格扱いなのかなぁ。サンダースも、ちょっと息切れした感じ。
マーチン・クロスウェイトは木曜日にちょっと減点をしたけど、今日は持ち直して56点、19位。TYSデビュー戦を飾るには、まずまず優秀な成績。成田匠はクロスウェイトに遅れることちょうど10点。この日は同点だったから、その差は縮まらず。
クロスウェイトに1点差の20位はクリストフ・ブルオン。この気弱なフランス人はここではなかなかがんばっている。もてぎでは「見直したぜ」と言ってやろうと思うけど、「見直したぜ」はなんて言うんだか、辞書をひかなきゃわからない。なさけない。
野崎史高は、どうやら走り続けている。減点も成田より2点多いだけだから、手が痛かったりチャンスがなくなってコンセントレーションにも影響があろう今となっては、よく走ってるといえるんじゃないかな。
で、順位はどーんと下って160位あたり。レディースのふたりはすごいことになっていますよ。イリス・クラマーとマリア・コンウェイはとうとう同点になっちゃった。305点。
木村さんは452点。ミショーを抜きました。でもミショーは50点をいっぱいとって、勝手に脱落してきたんだね。ミショーといえば、かつてルジャーンと世界選手権でもSSDTでもトップ争いをしていたけど、今はフランスのフェデレーションのお仕事をしています。クリストフやベチュンは、みんなミショーさんの子分です。
秋山さんは510点。辻さんが585点で追い上げています。もうすぐケリー・ウイリアムスに追いつきそうだよ。ケリーのねえさんのクリスティーヌは、大量減点をくらっています。どうやらリタイヤか、失格かな?
ということで、あしたはいよいよ最終日だ。日曜日はぼくが遊びにいってしまうので、日記を書くのは少し遅くなると思うけど、ちゃんと書くから待っててくださいまし。

関連記事

自然山通信オリジナル「壁掛け・2020トライアルカレンダー」プレゼント中!

2020年自然山通信謹製壁掛けオリジナルトライアルカレンダー完成しました。恒例のプレゼント開始しました! (さらに…)…

KLX230skidplate

KLX230用スキッドプレートとトレッキングシートで「トレッキング戦闘力」アップ!

ぱわあくらふとより、KAWASAKI KLX230の戦闘力を上げる「Rikizoh スキッドプレート」と、足つき性を良くする「Rikizoh…

宇宙船の落ちた町

先日、福島第一と福島第二原発の視察というか見学にでかけた。そのとき、いっしょに原発に入った仲間に、根本聡一郎さんがいた。この本の著者だ。 …

Xトライアル2020開幕!

2019年11月にして、早くも2020年のX-TRIALシーズンが始まった。11月16日、インド洋のレユニオン(フランス)での開幕戦は、やっ…

201911/21

地球温暖化?

やっぱり地球は温暖化しているのか、それともただおかしくなっているのか、ここ最近、うちの近所で見られた自然現象はこんなでした。 (さら…

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

自然山通信11月号発売中!

世界選手権参戦24年目にして、昨年のランキング5位から3位へジャンプ!チャレンジャー藤波貴久が表紙の11月号発売中!オールカラー60ページ、…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2019最終ランキング(独自集計)

2019年全日本選手権ポイントランキングです。MFJからの発表前の、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位で…

ページ上部へ戻る