2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. イベント(大会)
  2. 2017お勉強会
  3. TRJ / MFJ
  4. TRJ / MFJ
  5. イベント(その他)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. リザルト関東
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(スクール)
  15. リザルト関東
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. TRJ / MFJ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト関東
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. MFJトライアル
  27. リザルト東北
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. TRJ / MFJ
  33. TRJ / MFJ
  34. TRJ / MFJ
  35. MFJトライアル
  36. リザルト関東
  37. TRJ / MFJ
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. トライアル・デ・ナシオン
  41. 2017TDN
  42. リザルト関東
  43. イベント(その他)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SSDT 5日目

だんだん書くことがなくなってきたぞ。困ったな。
5日目、金曜日は、フォートウィリアムの南の半島を一回りしてくるコースで、他の4日間に比べると少し楽。コランフェリーというフェリーボートで川(なのか海なのか湾なのか)を渡ったり、ちょっと趣向がちがう。これは毎年こういう傾向らしい。
スコットランド、地元の期待の星ギャリー・マクドナルドは10点を献上してトップから後退した。5点が一つあるのが痛かった。そういえば、ルールについてなにも書いてなかったけど、SSDTってのはイーハトーブとおんなじような、停止即5点のルールを使っている。失敗してもとにかく突き進まないと5点になっちゃうのだ。でも、イーハトーブはともかく、SSDTでは止まった止まらないの採点で悩むことはあまりない(ライダーがカードを持たないから、採点でもめるってことはほとんどないのだ)。SSDTのセクションは圧倒的に上りばかりで、しかもつるつる滑ったりごろごろしていたり、一度止まって再スタートができるような地形じゃない。
SSDTのセクションは、これまた圧倒的に沢に作られている。スコットランドの広野には、無数の沢が走っている。水が流れているものも流れていないものもあるけど、この沢をセクションにして、3つ4つをひとまとめにして、ヒルと呼んでいる。ヒルとは丘だけど、もてぎの世界選手権に習った言い方をすれば、ゾーンのような意味だ。
SSDTの伝統的な点といえば、連続セクションがけっこうあること。最近のトライアルではとんと見かけなくなったけど、セクションの出口と次のセクションの入り口がくっついているのが連続セクション。有名なパイプラインのセクションも連続セクションだと思った。全部をクリーンしようと思ったら、全部一気に走りぬけなければいけない。採点はひとつずつのセクションでおこなわれるけど、ライダーとしたら、恐ろしく長いセクションを走りぬけなければいけない。


で、本日の成績。ポンスが18点、1点差でマクドナルド。関係ないけど、マクドナルドとかマクマスターとか、Macで始まる名前って、スコットランドとかアイルランドとかに多い名前なんだね。カナダ人にもけっこう多いけど、緯度的にこのへんの人の名前、ってことなのかもしれない。
マクドナルドを追うは、ヘミングウェイ、カモッジ、コリー、ビルバオ、コナー、ソープ。この6人が8点の中にひしめいている。この日だけを見ると、トップのポンスをはじめ、カモッジ、ソープが3点。この中のだれかが明日の最終日に、オールクリーンでもすれば逆転トップも夢じゃない。
ジョン・ランプキンのトータルポイントが、きのうまでより5点へっている。これはきっと、抗議が通ったのだろう。「ぼくの○セクションの点数だけど、クリーンしたけど5点になっている。おかしくない?」なんて事務局に申し入れると、事務局は一生懸命調べる。まずコンピュータの入力まちがいを疑う。まちがってたらすぐになおる。オブザーバーのノートに5点てなっていると、これがひっくりかえることはほとんどないけど、オブザーバーとライダーが直接面談をして、ほら、あのときあんたはおれに「ナイスクリーン」って声をかけてくれたじゃないか、なんて話をしているうち、オブザーバーが「あぁまちがえた」って採点がひっくり返ることもある。ジョンの場合も、きっとこんな感じなんでしょう。よくわかんないけど。
パスケットは、なぜかリザルトの最後尾にいる。なんらかの失格扱いなのかなぁ。サンダースも、ちょっと息切れした感じ。
マーチン・クロスウェイトは木曜日にちょっと減点をしたけど、今日は持ち直して56点、19位。TYSデビュー戦を飾るには、まずまず優秀な成績。成田匠はクロスウェイトに遅れることちょうど10点。この日は同点だったから、その差は縮まらず。
クロスウェイトに1点差の20位はクリストフ・ブルオン。この気弱なフランス人はここではなかなかがんばっている。もてぎでは「見直したぜ」と言ってやろうと思うけど、「見直したぜ」はなんて言うんだか、辞書をひかなきゃわからない。なさけない。
野崎史高は、どうやら走り続けている。減点も成田より2点多いだけだから、手が痛かったりチャンスがなくなってコンセントレーションにも影響があろう今となっては、よく走ってるといえるんじゃないかな。
で、順位はどーんと下って160位あたり。レディースのふたりはすごいことになっていますよ。イリス・クラマーとマリア・コンウェイはとうとう同点になっちゃった。305点。
木村さんは452点。ミショーを抜きました。でもミショーは50点をいっぱいとって、勝手に脱落してきたんだね。ミショーといえば、かつてルジャーンと世界選手権でもSSDTでもトップ争いをしていたけど、今はフランスのフェデレーションのお仕事をしています。クリストフやベチュンは、みんなミショーさんの子分です。
秋山さんは510点。辻さんが585点で追い上げています。もうすぐケリー・ウイリアムスに追いつきそうだよ。ケリーのねえさんのクリスティーヌは、大量減点をくらっています。どうやらリタイヤか、失格かな?
ということで、あしたはいよいよ最終日だ。日曜日はぼくが遊びにいってしまうので、日記を書くのは少し遅くなると思うけど、ちゃんと書くから待っててくださいまし。

関連記事

自然山通信8月号発売中

自然山通信8月号発売中!世界選手権参戦から一時帰国した小川毅士とマインダーのガミーこと大神智樹のインタビュー「ツヨシとGAMMyの持ちつ持た…

イベント(大会)

10/9 2022年メッツカップ第2戦

2022年メッツカップ第2戦のお知らせ トライアルメッツクラブより 初心者の方が安心して楽しめ元気が出る親睦草大会です。 感染予防…

2022年の原発見学

2年分ぶりに、福島第一原発を見学してきた。今回は、初めて経験させてもらえることもあって、興味深かった。だらだら長くなってしまったけど、原発廃…

8/19-20 2022シティトライアルジャパン開催

全日本選手権第5戦はシティトライアルジャパン(CTJ)。いろいろと、これが初めての試みとなる。MFJ公式プロモーションサイトに詳細が公開され…

2017お勉強会

7/9高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第4戦北海道大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第4戦北海道大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年7月17日 ●北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 天候:晴れのち曇り…

イベント(その他)

10/16第4回中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。普段あまり動かす機会のないヴィンテージなトライアル車を走らせましょう。 …

自然山通信2022年7月号

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、PDFで配信する電子版もご用意しました。 お手元の電子機…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売中!2022世界選手権開幕。R1スペインとR2アンドラのレポートをお伝えします。Trial2に参戦している武田呼人と小川…

ページ上部へ戻る