2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. イベント(スクール)
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(その他)
  12. リザルト東北
  13. MFJトライアル
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 2016高田島ツートラ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(その他)
  25. リザルト中国
  26. リザルト中国
  27. リザルト中部
  28. リザルト中国
  29. リザルト関東
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト沖縄
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

デ・ナシオンは誰のもの?

1056793932.jpg
デ・ナシオン募金は、みなさまのご協力で、気持ちよく金額を伸ばしています。「まだまだぜんぜん足りないじゃないか」という声もあるとは思いますが、気持ちが気持ちを呼んで、もっとたくさんの人に協力いただければ、金額的にも、きっとクリアできるものと信じています(自分の日記なのに、おすましした書きっぷりになっている。自分のことを書くのって、きっと苦手なんだね、おれ。だからこれでいいことにしよう)。
トライアル選手会は、男子4名のほかに、女子3名についても、支援金を供出することにしたとのことです(ただし金額はひとり10万円。これは去年と同じで、さらに選考委員会が選出した選手が出場する場合に限ってという条件つき)。
ところで、デ・ナシオンってのは、誰が出場して、誰が誰に支援をしているんだろう。これ、きっと人それぞれ、いろんな受け取り方をしているんじゃないかと思います。ぼくはぼくの解釈が正しいと思っているけど、きっとそうじゃない人もいると思う。
ぼく的には、デ・ナシオンに出場するのは「チームニッポン」です。FIMに対してエントリーの手続きをするのはMFJですか、出場者もMFJであるという見方もできると思います。
実際に走るのは代表選手です。代表選手は、MFJ(が招集した選考委員会)が選びます。今年は藤波、黒山、野崎、田中の4人に決まったのはご存知のとおり。
過去には、選手の出場希望に対してMFJが追認したり、選手が対して興味を持っていないのにMFJが出場を促したり、いろんなことがありました(これは最近のことではなくて、15年にも渡る、歴史の中でのことです)。MFJと代表選手、どっちが「出ない」と言っても、うまくいかないのがデ・ナシオンだと、ぼくは思ってます。
では、今ぼくらが集めている募金は、誰のために集めているのか。MFJのためではありません。MFJとしても、金額的支援をしないと表明した以上、募金を受けてしまってもそのお金をデ・ナシオンに使うというのは優柔不断だから、外部からの支援も受けられないというのが現実みたい。
となると、支援金は直接ひとりずつの選手に渡されることになります。だから募金活動も、選手ひとりずつへの支援だと思えばわかりやすいのですが、ぼくにはそうは思えない。
たとえば募金をする人が「あたしゃ誰それ選手のファンだから、だれそれがデ・ナシオンにいくのに使ってちょうだい」と条件をつけてお金をくださったら、やっぱりそれにこたえなきゃいけないという気はするけど、でも誰それ選手だけにそのお金を渡すわけにはいかないし、ひょっとしたら、誰それ選手は代表に選ばれないかもしれない。
デ・ナシオンは、やっぱり「日本チーム」が主体であるべきで、代表選手は「日本チーム」から選ばれて派遣されるというものだと思います。募金活動は、誰それ選手のためでもMFJのためでもなく、「日本チーム」のために。
じゃ、「日本チーム」ってなんだということになると思いますが、これ、「ぼくら」じゃないかと思うんですね。ぼくもあなたも「日本チーム」。みんな「日本チーム」だから、4名の選手は、ぼくらを代表する、代表選手ってことになるのだと。
代表選手は、ぼくらのために走るのだと思うと、デ・ナシオンへ募金するのもわかりやすいと思うのですが、どうでしょう?
今月は、日本GPのあと、サンシャインがあったりどビギナーがあったり、間に鈴鹿にもいってきて、おっと、その間に締め切りもあったりしてと、なんだかどたばたしておりました。
ようやく一段落したんで、こんなものを書いてます。
写真は、ぜんぜん関係ないけど下北沢で見たホンダの新型バイク。スーパーカブの仲間なんだけど、ちょっとオートバイに乗りたくなるような風景でした。

関連記事

イベント(スクール)

202011/23

12/12-13 Gatti School Special 真壁

緊急開催決定 Gatti School Special 真壁トライアルランドで開催。 12月12日土曜日・12月13日日曜日、2日間に…

2021年世界選手権カレンダーは?

2021年FIM世界選手権(暫定)スケジュールが発表になった。日本GP(ツインリンクもてぎ)は5月15〜16日に設定されている。 (…

イベント(大会)

202011/19

12/27 GATTIスクール杯【会場変更】

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

2021年、ガスガスがロードレースに進出

ガスガスがKTM傘下となって1年になろうとしているが、KTMのガスガス・ブランド戦略が本気だ。 (さらに…)…

2021年のXトライアルはこうなる?

Xトライアルの2021年暫定カレンダーが発表された。このまま大会が開催される確証はないし、今後の感染症蔓延の状況を見ながらカレンダーの変更は…

2020年11月号電子版もありますよー

老眼でお悩みの方にお勧めの、お手持ちの電子端末でお好きな大きさに拡大して読める、自然山通信電子版。遅くなりましたが、11月号をお届けします。…

自然山通信11月号発売中!

自然山通信11月号発売中! ちょっと遅くなてしまいましたが、今月も元気にちょっと増ページ。ずっしり重くなってオールカラー70ページ・314円…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2020全日本選手権最終ランキング(独自集計)

2020年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位です。出場し…

全日本トライアル最終戦結果

2020年11月8日 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:晴れときどき曇り 観客数:0人(無観客試合) IAS:10…

ページ上部へ戻る