2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. TRJ / MFJ
  5. TRJ / MFJ
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(スクール)
  12. リザルト関東
  13. イベント(大会)
  14. TRJ / MFJ
  15. TRJ / MFJ
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト中国
  23. MFJトライアル
  24. リザルト東北
  25. リザルト関東
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. TRJ / MFJ
  30. TRJ / MFJ
  31. TRJ / MFJ
  32. MFJトライアル
  33. リザルト関東
  34. TRJ / MFJ
  35. リザルト中国
  36. リザルト関東
  37. トライアル・デ・ナシオン
  38. 2017TDN
  39. リザルト関東
  40. イベント(その他)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

セサールと寺井君

 セサール・カニャスと寺井一希、バイクトライアルの頂点の二人を撮影してきた。バイクトライアル連盟のお仕事だったのだけど、寺井くんとは久しぶり。セサールとはちゃんとお話したこともなかったので、今回はちょっと楽しみなお仕事でした。


 神門くんに迎えにきてもらって、八王子のホテルにセサールを迎えに行く。今回サセールは「第2回徳光&所の世界記録工場」に出演、ハードルジャンプでのバイクトライアル世界記録に挑戦するのだが、その前日にお仕事してもらおうという魂胆。8回の世界チャンピオンにそんな強行軍をさせていいのかと思うけど、セサールはにこにこ顔だ。世界記録の審判を務めるマイクさんも同行した。
 ホテルのフロントで出会ったセサールは、もうずいぶん髪の毛も薄くなっていた。オット・ピの髪の毛のなくなり方は貫録ものだったけど、サセールはオットよりも身長も低いこともあって、気のいい兄ちゃんという印象。ライダーの多くがそうであるように、チャンピオンの風格はかけらもない。クロークに預けておいた彼の自転車をクルマまで運ぶ大役を仰せつかったが(なんとなく、転がしてっちゃいけないような気がして、かかえて持っていきました)、セサール本人よりも自転車のほうが存在感があった。
 目的地は奥多摩の渓流。フリーロッククライミングを楽しんでいる人たちもいて、あっちはあっちで黙々と岩に取り組んでいる。こっちもやっぱり岩に取り組んでいるんだが、なんせスペイン人だから空気が明るい(スペイン人1名、日本人4名、カナダ人1名がこちらの勢力)。
 セサールは押しも押されぬバイクトライアル・キングだし、そのセサールも一目置くのが日本の寺井一希。結果表を見ると「まだまだだなぁ」なんて思うかもしれないけど、かつての藤波とランプキンと同じく、結果表だけでは語れないものは多い。セサールの持っているもので寺井が持っていないものはまだあるけれど、世界中で寺井だけしか使えないテクニックがあるのも確かなのだ。
 まぁこんなふたりの共演だから、撮影がうまくいかないわけがない。一番素人なのがぼくってわけで、ちょっと緊張しました。こういう緊張は、トップライダーを取材する時にはいつも感じるべきことなんだろうけど、慣れってのは恐ろしい。こういう時に、新鮮な感情を持てるのはうれしい。
 しかしてスペイン人は、こんな撮影に緊張感なんかかけらも感じていない様子。では手抜きかといえばそんなことはなくて、朝ホテルのフロントで出会った人と同一人物かと思うほど、ヘルメットをかぶったセサールにはピリリとした緊張感が漂っていた。近寄りがたいのはライディング中で、それ以外はいたってフレンドリーなのがスペイン人のメンタリティ。気持ちの切り替えが苦手なワタクシメだと、緊張していようと思うと朝から晩まで緊張していないといけない。人種がちがうのかなぁと痛感するひとときだった。
 撮影は2時間ほど続いた。日本人わりとしつこいタイプなので、あれやこれやとネタを見つけて撮影を続けようとする(ぼくもしつこいタイプだけど、コーディネーター役の神之門くんがもっとしつこかった)。するってーとスペイン人は、その緊張感はどこへやら「今日はもういろんなシーンを撮ったし、よい瞬間も撮れた。そろそろ終わりにしてもいいんじゃないか」と言い出した。熱しやすく、冷めやすいタイプっていうんだろうか。こちら日本人勢はスロースターターでしつこいわけなんで、水と油だった。水と油のわりには、本日の撮影はうまくいったほうだった。
 思うに、熱しやすく冷めやすいスペイン人が、トライアルのスタートからゴールまで、ポイントをきちんと抑えて緊張感を維持しているのは、そのメンタリティを考えるとすごい偉業だ。1日中集中し続けていることはないんだろうけど、集中のし方、手の抜き方、気の抜き方は、彼らに学ぶことはまだまだ多い気がする。少なくともぼくは、多いに学びたいものなのでありました。
 写真は珍しく本文と関係のあるセサール・カニャス(上)と寺井一希(下)。たくさん撮影した中で、一番パンチのない1枚

関連記事

イベント(大会)

8/21第80回里山トライアル

○第79回里山トライアル大会  開催日:2022年8月21日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/10里山初級者トライアル大会

○里山初級者トライアル大会  開催日:2022年7月10日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/3ファミリートライアルのお知らせ!

急ですが、中止となった「トムスカントリー」の代わりに「ファミリートライアル」を開催することになりました! (さらに…)…

自然山通信2022年6月号電子版お届けしますー

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、こちらはPDFで配信する電子版です。 お手元の電子機器、…

2022年版トライアルGPの楽しみ方

本日、いよいよ開幕する世界選手権「トライアルGP」。どうやって楽しんだらいいのかわからないからちゃんと紹介しろというお声をいただいたので、ち…

小川毅士、武田呼人、日本人のT2
世界選手権開幕直前情報

今週末、いよいよ世界選手権、トライアルGPが開幕する。6月の開幕は、記憶の限り、最も遅い開幕になる。土曜日、日曜日の2日間制、開幕戦はスペイ…

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売中!SSDT(スコットランドの6日間トライアル)でドギー・ランプキンが13回目の勝利。そしてSSDTに初めて電動バイクが…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第3戦関東大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年6月5日 ●栃木県茂木町モビリティリゾートもてぎ 天候:曇りのち晴れの…

小川友幸の逆襲。2022全日本第2戦九州大会

開幕戦中部大会から3週間、全日本選手権は九州へとやってきた。会場となった熊本県矢谷渓谷キャンプ場は、6年ぶりの全日本開催となる。キャンプ場に…

ページ上部へ戻る