2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

はずれ

 スペイン、ポルトガルと世界選手権開幕戦2連戦を観戦して、今年の藤波がえらく強いのを確信して大喜び、今年の藤波は強いぞとみんなに自慢していたのだけど(ぼくが自慢してどうするとお思いでしょうが、ヨーロッパでは藤波が勝つとみんなぼくら日本人に「おめでとう」と言ってきてくれる。そのうち、ぼくが優勝したような気になる。 ヨーロッパでトライアルを見ると、こういう気分も味わえます)、これはもっとちゃんと伝えなくてはと、藤波について書きました。
 ようやく書いたぞと思っていたら、アメリカから悲しいお知らせ。「期待を裏切らない藤波」なんて書いたばっかりだったけど、こういうことが起きるのが勝負のおもしろいところだと、泣きながら納得している今日この頃です。


「気合いだー」
 と叫ぶおっさんがいる。あのおっさん自体はどうも生理的に受け付けないタイプなんだけど、ものごとに気持ちが大きく影響を与えるのはとても理解できる。昔々、砂漠のど真ん中で「パンクしたらいやだなー」と思いながら走っていたらパンクした。パンクは運だという人は多いと思うけど、気持ちがパンクを呼んでいるという気がしないでもない。
 最近はすっかりドライバーになってしまった池町佳生は「パリダカを走っていると、次はどんなトラブルが起きるんだろうとわくわくして楽しみなんです。実際にトラブルが起きると、考えていたのとちがうトラブルのことがほとんどで、そうすると“そうかぁ、そういう手できたか”とまた楽しくなる」と言っていた。ほんとは泣きべそかきたいこともあったんだろうけど、こういうふうに考えられればそうとう強い。
 池町のパリダカ論とは月とスッポンで小さくて申し訳ないけど、最近では「雨よ降れ降れもっと降れ」と思いながら街を歩いている。折り畳み傘を忍ばせていることもあるし、何にも持ってないこともある。何にも持っていない時にはどうやって雨を凌ぐか、とっさのときにどこに飛び込んで雨宿りするか、自分がどんな行動に出るのか、それを楽しみに街を歩けば、気分はパリダカの池町なのである。
 トライアルでも、ようやく最近、メンタルの勝負がというのが少しだけ感じられるようになってきた。最初は、しょうもない失敗をするうちの小娘に対して「油断してただろう」「だせーなー」と愚痴を垂れていたんだけど、世界選手権だか全日本だか、どこかで見聞きした会話を思い出して、セクションイン前に深呼吸させてみたら「なんだかとっても具合が良かった」とライダーに好評だった。それで、その後、自分でもトライの前には深呼吸することにした。
 新潟で小川友幸が久々に優勝して、勝因を尋ねたら「メンタルでしょう」と答えをもらった。小川のメンタルの弱さというか、持っているべき実力を発揮できずに脱落していく構図は自他共に認めるところだけど、小川に限らず、誰だってこういう面はある。実力をちゃんと発揮しようと思うと、最後はメンタルの勝負になるんでしょうね。
 アメリカの藤波は、土曜日の2ラップ目、第1〜第3までを連続5点となったのが敗因となった。その原因を聞いたら「集中力不足でしょう」と答えをもらった。小川の勝因も藤波の敗因も、メンタルだ。
 テクニックがないのにメンタルを鍛えてもしょうがないという意見もあろうけれど、池町のパリダカ用メンタルがニシマキの雨の日用メンタルにモディファイされたように、小川や藤波のメンタルも日常の生活にきっとモディファイして使えるにちがいないから、彼らのメンタル勝負はおおいに注目したいところ。
 それにしても、がんばれ、藤波貴久。
(写真は、ポルトガル大会の街にお住まいの、犬)

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る