2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ベルドン・おまけなど

ベルドンでのいろいろ。備忘録や覚え書きを兼ねて。こういうことを書いておいて次の機会の役に立つこともあるし、ぜんぜん役に立たないこともある。まぁ、いろいろということです。

山の上で、齋藤さんと

ベルドンでは、ガソリンは自分らで用意する。燃料サポートのトラックが2台あって、各々に鉄タンク(ポリタンクはだめ)を載せておく。

ぼくらはマリオを入れて7人だから、20リットルのタンクひとつではちょっと不安(ひとつのタンクで2回の給油をすることもある)。2年前にぼくらが買ったタンクをマリオに預けてあった(というより、処分に困ったのでマリオに押し付けた)ので、マリオはそのタンクと自分の2個のタンクを持ってきて全部で4缶を7人で使った。

でも4日目になって、マリオは自分のマシンを壊してしまって、125Fを借り出した。タンクの燃料は75対1に混合してあるので、4ストロークには使えない(使えないことはないと思うんだが、マリオは使えないといっている)。そしたらマリオは、しゃあしゃあとゼッケン1番のタンクから給油していた。ゼッケン1はコロメだ。
「マシンも借りたから、燃料ももらっちゃう。でもオレが燃料をもらっちゃって、コロメのがなくなっちゃったりしてね」

なんて、マリオは笑っている。

今回は、スコルパにお世話になりっぱなし。スコルパだけは、世界選手権用のトラックがやってきて、みんなの整備をしている。コロメの参戦、ペテランセルのサポートなど、ビッグネームをかかえているのもあるけど、さすがフランスのイベントだけあるって感じ。

マリオは、3日目にフロントブレーキキャリパーがゆるんで転倒、大クラッシュをしたのだけど、そのときに膝をちょっとぶつけていたがっていた。3日目の晩、スコルパと宿がいっしょになって、そしたらベンジャミンが湿布だか塗り薬だかをくれた。マリオはマシンも人間も、すべてスコルパにお世話になっている。ぼくらはエアクリーナーのお掃除だけ、お世話になっている。

1日走っていると、いろんな人に出会う。狭い道を走っていると、後ろから排気音が迫ってくる。うんと速い連中ははるか遠くで激しく空ぶかしをして存在を知らせてくるから、ぼくもよけられるところ(わざわざ止まるまでの必要はないけど、先へ行かせてあげないとお互いに楽しくない)を見つけてやりすごす。若いライダーにはいかにも「くそガキ」風のやつも多いんだけど、そういうときはみんなにっこりメルシーと抜いていく。まぁ、根はそんなに悪いやつじゃないわけだ。きっと。

ひときわ甲高い4ストロークサウンドはコロメだ。コロメには林道で抜かれて、そのあとしばらくいっしょに走った。ベンジャミンとお話しながら走っていたから、ぼくでもついていけるスピードだったんだけど、こういう何気ないスピードで何気ない道を走っても、やっぱり世界チャンピオンはうまいなぁ。当然だけど。

ずぶとい排気音で道を譲ったら、バイルだった。狭いシングルトラックの山道だったんだけど、道を譲られたバイルは、ぼくを抜きざま、100mほどウイリーしたまま走っていった。山道だから、多少うねうねしている。さすが世界選手権モトクロス全クラス制覇でスーパークロスのタイトルまで取っちゃった男の走りはちがうなぁ。

ジャン・ミシェルには、表彰式で名刺をちょうだいした。長らく会っていない佐藤敏光によろしくってことでした。

そうそう、表彰式といえば、ニシマキ2回目の参加にして、はじめて表彰式に出会うことができた。ゴールの町ではスタジアムトライアルがおこなわれたあと、あっという間に参加者がいなくなってしまった。これは2年前と同じ。なんだぁ、みんな淡泊なんだなぁと思っていたんだけど、その後、斉藤さんと下の町に置いたままになっているクルマをとりにいくと、途中の町(昼飯を食べたところ)に参加者の車が大量に止まっている。どうしたのかなぁと思ったら「おまえらも早く来い」ということで、ちょっと様子を見にいったら表彰式だった。そうかぁ。こういうふうに表彰式はおこなわれているのか。

下のクラスの表彰から始まって、最後にコロメが表彰台の中央で手を振っていたと思ったら、5日間、なにかと「ニッポンのお友だちがやってきましたよー」とアナウンスしてくれたおっさんが「ほれ、おまえらも台上に登りなさい」と言うではないか。まいったなぁと思いつつ、斉藤さんとふたりで台に登って、地元のメダル(別になにかを表彰されたわけではない)をいただいてきた。

マイクを向けられて、斉藤さんは「またここへきて、今度は表彰台に登ります」と宣言してしまった。ぼくは「次はもっとたくさん日本人を連れてきまーす」とか言っちゃって、みんなにうけちゃったのだった。参加ご希望の方がいらしたら、ニシマキをうそつきにしないためにも、来年いっしょに行きましょう。

写真は、山の頂上の絶景ポイントで、たぶんイタリア側に向かって、フランスのおっさんに撮ってもらった斉藤さんとニシマキ。こんな素晴らしいところを走らせてもらっちゃって、日本のみなさんには申しわけないなぁと思いつつも、ぜーんぜんそんなこと考えてないみたいに、人間の芯から楽しそうですね、ぼく。実は「ベルドンに来ない人って、ばかだよなーと思っているのです。わはは。

(きのう、パスケットが250Fに乗っているビデオを撮ったと書いちゃったけど、チェックしたらスイッチの押しまちがえで撮れていなかった。あちゃー。黙ってればわかんなかったのに、全国的に失敗を暴露してしまったよ。とほほ)

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理された方は以下の通り…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る