2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. リザルト中国
  2. イベント(大会)
  3. リザルト中国
  4. リザルト中部
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2016高田島ツートラ
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト沖縄
  11. イベント(大会)
  12. 2017お勉強会
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. MFJトライアル
  16. イベント(大会)
  17. リザルト関東
  18. リザルト関東
  19. イベント(スクール)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト中国
  25. 2020.04.05

    福島市へ行く
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. リザルト四国
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト沖縄
  36. イベント告知
  37. 2020XTDN延期
  38. イベント(大会)
  39. SSDT中止
  40. イベント(大会)
  41. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(スクール)
  45. イベント(スクール)
  46. イベント(スクール)
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

相模川クリーンアップの報告とこれから

相模川移動

 相模川のクリーンアップ活動は、最初に話があってから1年を迎えました。「相模川クリーンアップトライアル」なるトライアル大会を始めて9ヶ月。その間、参加者がほとんどいないような回を含めて4回の開催をしてきました。
 クリーンアップ活動には、もちろん反対の声などあるわけがないのですが、そことトライアル大会を絡めた試みは、果たしてうまくいくのか、これで正しいのか、半信半疑のまま、今でも自問しています。


 もともと、相模川の河川敷でトライアル遊びをするということが、やっていいのか悪いのかはっきりしない。行政側(相模川のクリーンアップ関係について、行政の窓口になっているのは相模川河川管理事務所)の対応は「一級河川に対する国の方針もあり、拒絶はしないが許可もしない」というものです。お墨付きをもらった黙認のようなもので、私有地に勝手にはいっているのとは事情がちがうけど、有料のトライアル場(あるいはモトクロスコースやラジコン飛行場や釣り場)を利用するような気楽さはない。利用者にも自覚や責任が求められてくるわけです。
 河川敷には、いろんな目的で、いろんな人が入り込んできます。水遊び、バーベキュー、釣り、ラジコン、四駆にオートバイ。オートバイに限っても、モトクロスもトライアルもエンデューロも、ちょっとだけオフロードを楽しみたいだけの人もいる。
 そんなみんなに、共通の自覚や責任を問うことなんかできるんだろうか。ラジコンや釣りのみなさんは、エリアが限定されているので連絡事項の伝達も容易です。仲間意識も高い。モトクロスをやっている人たちは、少なくともモトクロスコースを共用していることで、連絡がとりやすい。ところがトライアルは、どこから現れてどこへ消えていくのか、出会いもまれです。釣りやラジコンの人たちにすれば「オートバイの連中は、もっと連絡を徹底できないのかね」ということになりますが、ふらりとやってきたオフロードライダーまでを含めると、連絡の徹底はとてもむずかしいのが現状です。

セクション

 この点について、大会をやって人を集めて、そこで周知徹底しようと思ったのが、クリーンアップトライアルのはじまりのひとつの理由でした。やってくるのはトライアルの右も左もわからない初心者のみなさんが多いし(そういうふうに設定してもいます)彼らが走る場所のことまで気を配れるようになるには、少し時間が必要だと思われ、クリーンアップが、相模川の現状について告知をする場としては、必ずしも機能しきれていないのが現実ですが。
 現在、猿が島利用者連絡会では、河川敷に利用者に呼びかける看板を立てようという動きが起こっています。河川敷には河川法なるものがあって、トイレひとつ、看板一枚建てるにも一筋縄ではいかないのですが、これも、行政から許可もしないが排除もしないという言質をもらって、計画が進められています。
 看板には、ゴミの問題や、このエリアには多くの民間の地主さんが存在すること、また水門近くをオートバイや自動車が走り回ることで、水門斜面が崩れてしまい、多額の費用を充てて補修工事をしなければいけない被害が起こっていることなどをお伝えすることになるはずです。
 相模川クリーンアップトライアルでは、4回の大会開催で、少しずつエントリーフィーの貯金がたまってきました。当初より、エントリーフィーは相模川のクリーンアップ活動に使わせていただくと宣言しておりましたが、まずは連絡会の看板設置に向けての費用に充てたいと思います。
===============================
●相模川クリーンアップトライアル・4回開催時点での会計報告
 4回通じてののべ参加人数:61人。エントリー収入:153,000円
 MFJ承認料:4回で40,000円
 MFJ共済掛け金:ひとり500円で30,500円
 打ち合わせや事務経費など:29,500円
 差し引き:53,000円
===============================
 看板設置の次は、大きなゴミの撤去処理費などが考えられますが、これは連絡会とも相談の上、あらためて考えていきたいと思います。
 現在、第3日曜日に行われている12時から1時間のクリーンアップ活動は、猿が島入り口を拠点としておこなわれています。トライアル愛好家が駐車スペースとしてよく利用するのは座架依橋下関口運動場周辺で、ここには清潔なトイレもあって(これは行政が設営したもの)快適なスペースといえます。このエリアは、いわゆる猿が島を利用する多くの人々からは隔絶されているので、ここのゴミを払拭できるのは、トライアル愛好家しかいません。それが不法投棄による赤の他人が出したゴミであっても、トライアル愛好家の手で美しいプレイゾーンを作っていきたいと思います。
 いまのところ、みなさんの自覚に頼るしかない段階なのが、ちょっとくやしいですが。

関連記事

2020 RTL300R/COTA301RR専用カーボンプロテクター

愛車を守るカスタムパーツ、2020 RTL300R/COTA301RR専用のカーボンプロテクター3種が発売されました。三谷モータースポーツよ…

TY125Fブリーザーホース新設加工

TY125Fのエンジンを、より回転が上がり、より低速がスムーズ、よりエンブレが効かなくなり2stのようなエンジンに。黒山レーシングによる…

野崎史高の、最後のセロー

野崎史高といえば、いわずとしれた国際A級スーパーのトップライダーで、2002年の世界選手権ジュニアチャンピオン、そして2019、2020年は…

リザルト中国

2020中国選手権第8戦

中国選手権第8戦山口大会 島根県 日原島高原TR場 2020年8月9日 天候:晴れ (さらに…)…

イベント(大会)

9/27岩手ツインショック

第5回岩手ツインショックトライアル大会 東北選手権・SUGO大会の日程変更により、同日開催は避けなければならなくなったので、 当初予…

自然山通2020年8月号電子版

いきなり夏らしい夏になって、みなさま、体調を崩さず、お元気でお過ごしでしょうか。いつものように、自然山通信最新号の電子版をご用意しました。P…

自然山通信8月号発売中!

暑中お見舞申し上げます!そして自然山通信8月号発売のお知らせです。今月の表紙は、若さと元気いっぱい武田呼人選手でお届けします。 (さらに…

リザルト中国

ケニーズクラブ30周年記念大会

2020年8月2日 広島県福山市海の見える杏の里トライアル場 天候:晴れ (さらに…)…

リザルト中部

第5回あしたかTT

第5回あしたかツインショックトライアル 8月2日(日)、第5回あしたかTT大会が開催されました。 (さらに…)…

COTA 300RR/RTL300Rサイレンサー加工

スーパーウイングまるやまでは、2020〜COTA 300RR/RTL300Rの純正サイレンサー・エンド加工を開始しました。 (さらに&h…

ページ上部へ戻る