2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. MFJトライアル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2016高田島ツートラ
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(その他)
  12. リザルト中国
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中国
  15. リザルト中部
  16. リザルト関東
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト沖縄
  21. イベント(大会)
  22. 2017お勉強会
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. MFJトライアル
  26. イベント(大会)
  27. リザルト関東
  28. リザルト関東
  29. イベント(スクール)
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト中国
  35. 2020.04.05

    福島市へ行く
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. リザルト四国
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト沖縄
  46. イベント告知
  47. 2020XTDN延期
  48. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

踏みまちがい1年生

生まれて初めてアクセルとブレーキの踏みまちがいをした。

代車で借りてきたフィット。

出かけようとして3メートル前進、10メートル後進、向きを変えて出かける手はずで、動き出す。

暖機中だからか、クリープがけっこうな勢いなので、アクセルさわらなくても前に出る。3メートル前進したから後進しようとクルマを止めようと思ってブレーキを踏んだら、アクセルだった。

おーっ! これがアクセルとブレーキの踏みまちがいかとびびって、あわててブレーキを踏みなおして、軽トラにもこれから薪にする木のかたまりにもぶつからないで済んだ。あー、びっくりした。いよいよ免許返上か。

しかして、ぼくがしっかりした運転手であると主張する気はないけど、あの状態で自分が踏んだのがブレーキだと信じるへっぽこ運転手だったら、まちがいなくブレーキを踏み足して、前に木があったらつっこんでいたし、歩行者がいたらなぎ倒してしまうだろう。

それからの道中、おっかなくて左足でブレーキ使って走っていたけど、ちょっとペースが上がると、右足でアクセルとブレーキを踏みなおしたほうが、慣れているからやりやすい(ぼく、カートに乗った経験がほとんどないんで)。ちょっと速いペースでいっしょうけんめい走っていると、踏みまちがいなんてやらかしそうにない。踏みまちがいする時って、ぼく個人の感想でいえば、ぼーっと運転している時みたいだ。

アクセルとブレーキ

降りる時、ペダルを見てみた。FRに比べるとFFはタイヤハウスの張り出しが大きくて、アクセルペダルが内側に追い込まれている。タイヤハウスがフットレストみたいになっているから、クリープで走った時には、ここに足を乗せていたんだね。そこからブレーキに足を踏み変えようと思うと、けっこう大きく左に足を移動させなければいけない位置関係になっている。ぼくの踏みまちがいは、この距離感覚をまちがえたせいだ。慣れないクルマに乗る時には、ペダル間の距離をものさしで測って、それをからだにおぼえさせてからでないとあぶないかもしれない。

その後、運転してて思うに、このクルマ、ブレーキペダルの位置がずいぶん高い。ATだからヒール&トウなんてする必要はないけど、これじゃハイヒールでも履いてないとアクセルを空振りしちゃうんじゃないかしら。アクセルとブレーキの距離もちょっと遠い気がするから、ブレーキを踏む時には思い切って足を移動しなければいけない。

もしかするとこのペダル配置を考えた人は、アクセルとブレーキの踏みまちがいがないように、ペダル位置を離したのかもしれない。でもそういう最近のクルマを知らないぼくの古い左足は、そんな左側にブレーキがあるとは思わず、このへんだろうと思って踏んでしまった、という事情もあったような気がする。

人のクルマに乗ると、クラッチのつながる位置がそれぞれちがって、最初はちょっとどきどきするけど、ペダルの位置がちがうとか、ハンドルを右に回すと左に曲がるとか、そういうクルマにはあんまり出会ったことがなかった。でもこれからは、エンジンをかける前に5分くらいはペダルの位置を確認することにしよう。クルマも、新しい人たちが設計しているから、古い感覚で運転するのはあぶないんじゃないかなと思ったきのうの話でした。

(キャッチの写真はhttp://girlschannel.net/topics/379367/からいただきました)

関連記事

MFJトライアル

9/27全日本開幕、もてぎにて!

2020年全日本選手権トライアルが、ようやく、ようやく開幕する。9月27日、ツインリンクもてぎでの開催だ。 (さらに……

イベント(大会)

10/25第57回バイクトライアルKAMEOKA CUP(KC57)

第57回バイクトライアルKAMEOKA CUP(KC57)大会 開始以来12シーズン目に入ったKC。今年は全5試合の開催を予定していま…

イベント(大会)

11/29第24回爆笑ツインショック

第24回爆笑ツインショック大会開催のお知らせ 爆笑大会実行委員会 第24回爆笑ツインショック大会を以下により開催いたします。 春…

イベント(大会)

11/22 2020年度ペガサスカップ

2020年度ペガサスカップトライアル大会の日程が決まりました。 第36回ペガサスカップ:開催日 2020年11月22日(日) ペ…

イベント(大会)

秋のど・ビギナーもてぎは中止に

10月4日、ツインリンクもてぎで開催予定だったど・ビギナートライアルは中止となった。 以下、ど・ビギナートライアル現代表の山内さんより…

プラ板の電子版? 2020年9月号電子版

お待たせしました。2020年9月号電子版をご用意しました。 お値段も中身も紙の自然山通信と同じです。お手持ちの電子端末でご覧ください。…

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!全日本も世界選手年もいよいよ9月からスタートですが、シーズン直前は「プラ板と針金から生まれる・やっさんの、世界。…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/4世界選手権開幕

9月4日、2020年世界選手権がいよいよ始まる。 COVID-19感染症に翻弄された2020年だが、数々の苦難を乗り切り、待ちに待った…

イベント(大会)

10/24-25水源の森

第25回 水源の森ツーリングトライアルin比和 (さらに…)…

ページ上部へ戻る