2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど、じっくり見つめていたり翻訳してみたりすると(娘がやってくれた)思い出した。

プロター25周年

イタリアにプロターってプラモデルメーカーがあった。元GPライダーで、初期の日本GPを走ったこともあるタルキニオ・プロヴィーニが、マン島で大クラッシュしてレースを引退したあとに始めた事業だった。

まともに組めない、そのラインナップが独特、とにかくマニアック、などという評判で、日本には熱心なファンがいて、そういう人にとって、プロヴィーニは神様(ただし全能の神ではなかったと思う)だったんだと思う。

タルキニオ・プロヴィーニが亡くなった

プロヴィーニさんが亡くなった時に自然山WEBに書いたのによると、ボローニャのプロターをたずねた日本人取材者は4人だったということで、そのうちの一人がぼくだ。しかもぼくは、二度も行っちゃったんだ。元プロタージャパンの岡部和生さんとは、ライディングスポーツにプラモデル特集をやった頃から、懇意にしてもらっていた。ライディングスポーツの記事がどんなのかというと、長くなるけど記憶をたどってみると、タミヤ模型さんからCB400だかのプラモデルをいくつかプレゼント用にいただいた。今でもそうだけど、こういうのをもらうと、ただであげるのが惜しくなる。それで、当時宮城光とかが出てきて人気を博していたTT-F3仕様に改造して写真を送ること、という難題を押っつけたら、続々とエントリーがあって、こんなに人気があるなら、プロモデルはプレゼントするけど、プレゼントに外れた人も自分でプロモデルを買って参加できるようにしたらどうだ、ということにした。

それで結局、確か4ページだか6ページにわたって力作を紹介するページができあがった。どうせならちゃんとスタジオで写真を撮ろうということで、全作品、送ってもらったんだよね。当時の編集部もそうとうヘンタイだったけど、送ってくる読者の皆さんもそうとうなもんだ。

写真を撮っている間、ぼくはねちねちと改造マシンを観察して、これでは旋回性が悪そうだとか、CVキャブが上下さかさまについてるとか、およそ、プロモデル作品の出来とは関係ない評価をした。中には仮面ライダーマシンに換装されているものもあって、そういうのは速そうとか遅そうとかじゃなくて、いかに悪者をやっつけられそうか、という評価になったと思われる。そのページが、岡部さんにはいたく気に入ってもらって、それからいろいろ話を持ってきてくれるようになった(あのページ、もう一度見てみたいなぁ。こう書いたら、誰か見せてくれないかなぁ)。

それで声をかけられたのが、浅草のホテルで開催された、プロター社長を囲む会だった。プロター社長は、すでに息子に代替わりしていて、プロター愛の強い日本人モデラーのみなさまは、新社長は先代の築いたプロターの独特かつ高貴な味わいをどう維持していくのか、なんてことを聞きたかったみたいだけど、若いビジネスマンの彼は、プロターは今も昔も、精密で正確なプロモデルをつくっていて、それは今後も変わらない、みたいなことを答えていたと思う。えー? プロターは精密でも正確でもないじゃん、だからおもしろいじゃん、とみんな思っていたと思う。で、イタリアと日本の友情の出会いは、なんとなくかみ合わないで思った覚えがある。

でもこういうの、よくあるんだ。ライカとかカール・ツァイスとか、数値的には日本製レンズにかなわないけど、ドイツ製レンズには独特の味があるという人たちがいる。ぼくも、少しそう思っている。でも当のドイツ人技術者にいわせると、我々は日本製に勝る再度の高いレンズを作っている。ボケ味って、そりゃなんじゃい? ということになる。そうそう、ボケ味って、日本人が言い出したことで、なので最近は、外国人にもBOKEが通じるという話です。

レンズの話になっちゃった。そんなわけで、プロター社長とプロターファンの集いはすれちがいっぽかったんだけど、プロターの製品そのものにそんなに思い入れがない(というか、プラモデルにそんなに思い入れがない)ぼくは、そもそもそこにお呼ばれする資格なんかないんだけど、プロター本社に2回もいっちゃったジャーナリストということで岡部さんが特別に仲間に入れてくれたのだけど、若い社長と熱心なプロターファンのやり取りを、ちょっと遠い目で見ていたのを思い出した。

そのミーティングのおみやげに渡されたのが、このイタリアと日本の友情の証です。

プロターにおじゃましたときは、プロヴィーニさん(先代)はマン島でひっくり返って時のギブスを見せてくれたり(事務所の片隅に、さっきまで使ってました、みたいにごろんと転がっていた)、ベネリ4気筒のエンジンをかけて音を聞かせてくれたりしたもんだった。40年近く前のお話です。

岡部さん、プロタージャパンもなくなったので、連絡が取れなくなってるんだけど、どなたか連絡先をご存知ないかしら?

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る