2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. MFJトライアル
  5. 2017お勉強会
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(その他)
  10. リザルト東北
  11. MFJトライアル
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. 2016高田島ツートラ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(その他)
  23. リザルト中国
  24. リザルト中国
  25. リザルト中部
  26. リザルト中国
  27. リザルト関東
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. リザルト沖縄
  32. イベント(大会)
  33. リザルト関東
  34. MFJトライアル
  35. イベント(大会)
  36. リザルト関東
  37. リザルト関東
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト中国
  44. 2020.04.05

    福島市へ行く
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ラリージャパンに見る告知活動

ラリージャパン表紙

 単車で遊ブログ『RALLY JAPAN2004報道記録集』についての記事があって、おもしろそうなので買ってみました。
 『RALLY JAPAN2004』は、日程が合わなくて行けなかったのだけど(あうわけがない。ぼくはその頃、藤波のチャンピオン獲得劇を観ている最中だ)、正直なところ、ラリーは一度も観たことないし、モータースポーツ好きとして、ふつうに好きという程度の思い入れです。
 だもんで、特にこのラリーの記録を手元に置いておきたいということもないんですが、この記録集がほしかったのは他に理由あり。
 イベントそのものだけじゃなくて、ラリージャパンを日本に呼ぶことになった、発端の頃からの記事がまとめられているというので、ぜひイベントの流れを見てみたいと思ったのでした。
 十勝毎日新聞社は、このラリーの主催者のひとつでもあり、イベントの告知報道に一生懸命なのは当然といえば当然なんだけど、さすがに一般地方紙だけあって、記事のバランスがとてもよくとれている。モータースポーツのラリーの魅力を伝えるのももちろんだけど、経済効果や待ち望んでいる人の声など、さまざまな視点で、このイベントのことを報じている。


 帯広のカレー屋さんが特別メニューを作ったとか氷まつりの会場でラリーのテレビゲームがこどもに大人気だったとか、どっちかというとどうでもいいじゃないかという情報もちゃんと記事として扱われていて、すごいなぁ、えらいなぁと感心しました。
 昔々、トライアルジャーナルができた頃、その創刊スタッフたちは「出版が東京だけでおこなわれている時代は終わった」と鼻息が荒かった。確かに、東京での出版活動(ぼくも、その中にいたんだけど)は視点が平面的になって、売れるものにしか反応しなかったりする。売れるものというのはみんなが向いている方向の先にあるものだから、ネタ集めもみんなといっしょにやればいい。取材なんかしないで、記者クラブに入っていればよいという悪循環(二輪モータースポーツ界には特に記者会なんかないけどね)。最近、既存の大手メディアが「お金のためだけで動くのはいかがなものか」なんてお行儀のいいことをいっているけど、おまえに言われたくないよなぁという思いの人も多いんじゃないかと思う。
 すいません。話がそれた。十勝毎日さん。地方紙ならではの、ほしい記事、読みたい記事が並んでいて、好感が持てます。

町おこしページ

 このアーカイブからは、主催者やラリー関係者だけじゃなくて、十勝の人たちみんなが、ラリージャパンを楽しみにしている様子が感じられます。もしかしたら、十勝毎日新聞がやらせで記事を作って、みんながイベントを楽しみにしているように作っているのかもしれないけど、それでも事務局の人のインタビューが出てきたり、地元の有志がオフィシャルスタッフに名乗り出たという記事があったり、あるいはスタッフボランティア募集という記事もあり、単なる提灯記事(またの名をよいしょ記事)ではないという雰囲気がそこここにあふれているのでした。
 ちょっとうらやましいなぁと思いながら、いろいろ参考にして、できるところからやっていかないといけないと思います。藤波が世界タイトルを取ったときの新聞記事を、MFJがサンプリングをしていたけど、ほとんどが「チャンピオンをとった」という事後報告でした。十勝毎日新聞の例でいえば、イベント当日のことは全体の1割ちょっとでしかないんですね。いかに告知活動が大事かということです。
 ということで、全国のトライアル大会主催者のみなさん(草大会も地方選手権も全日本選手権も、世界選手権もだよ〜)、もっとどんどん告知をしようじゃありませんか。
 と、こういうことを書いていて思い出しました。ちょっと前に全日本第1戦のポスターが届いていたので、ご紹介しました。これ、走っているのは、2000年の藤波貴久でした。
 実はこのポスター(B5判のちっちゃなの)は、自然山通信に掲載してねと送られてきたものではなくて、草大会などを開催する主催者クラブ自然山倶楽部に宛てての「前売りチケット買ってくださいね」という案内でした。ちゃんと告知活動もしてほしいところだけど、告知活動が苦手という体質は、なかなか変われないんだろうなぁと思います。自分のことを考えても、なかなか体質の改善はむずかしいしね。もちろん、ぼくらのネタ探しの怠慢でもあるわけです。
 こういう体質を変えるには、ほりえもんみたいな造反勢力を受け入れて、どっかんと大改造するしかないんだろうけど、さてどーなるかな。テレビでインタビューを拝見する限り、フジテレビの会長さんは、最初は敵対心まるだしだったけど、最近は温厚にしゃべってますね。こういうふうにしゃべったほうがメディアや世間の共感をとりますよと、誰かにアドバイスされたんじゃないかとそーぞーしてます。
 メディア戦略といえば、最近世界に羽ばたいている若いアスリートたちって、みんな外国語を自由に扱いますね。けっして流ちょうにしゃべるとはいわないけど、スノーボードの成田夢露も臆することなくぺらぺらしゃべってたし、ゴルフの宮里藍もちゃんとしゃべりますね。
 世界挑戦をするのにことばを勉強しなきゃいけないということはないと思うけど、平気な顔をしてぺらぺら外国語をしゃべる若者たちを見るのは、とても心強い思いがします。
 我らが藤波貴久はもちろんだけど、そういえば去年デ・ナシオンに初挑戦した日本レディースの3人は、けっこうふつうに外人たちと接していた。ガイジンとお話ができるようになるのにずいぶん時間を費やしたオヤヂとしては、心強くもちょっとうらやましかったりするのでした。
 例によって、書き始めたときと書き終わったところでは、ぜんぜんちがうことを書いてますね。とほほ。

関連記事

SSDT公式バイクフロアマット

SSDT公式・JITSIEフロアマット。三谷モータースポーツより発売です。 (さらに…)…

イベント(大会)

202010/20

どビギ真壁は中止に

お世話になっております。現代表の山内です。 日頃より、どビギナートライアルをご愛顧頂きありがとうございます。 12月13日開催予…

イベント(大会)

202010/20

YSWクリスマストライアルは中止

YSW道志の森クリスマストライアル開催取りやめのご案内 (さらに…)…

イベント(大会)

202010/20

12/27 GATTIスクール杯

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

わな免許の試験

わな免許をとりました。 (さらに…)…

MFJトライアル

10月25日は全日本第3戦東北大会

ようやく始まった2020年全日本選手権だが、第2戦中部大会は無観客開催となっていた上に台風で中止になってしまった。 実質2戦目となる第…

2017お勉強会

11/14高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

2020年10月号電子版準備できました

コロナ禍の真っ最中、自然山通信10月号電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手もとの電子端末でお楽しみください。 写真をクリック…

イベント(大会)

11/1(日程変更)メッツカップ第3戦(まかべ)

2020メッツカップ第3戦(まかべ)開催します メッツカップ第3戦は11月1日に延期です! 台風14号の接近にともない10月11日予…

イベント(大会)

11/29マジックジャンプ追加大会

福岡県久留米市のマジックジャンプ事務局からの緊急通知です。 追加大会は11月15日とお伝えしていましたが、九州選手権と日程がかぶってい…

ページ上部へ戻る