2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. KLX230skidplate
  4. 2019.11.21

    地球温暖化?
  5. MFJトライアル
  6. イベント(その他)
  7. リザルト中国
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. MFJトライアル
  15. リザルト近畿
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. 2019.10.13

    台風一過
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. イベント(その他)
  26. MFJトライアル
  27. 2017TDN
  28. トライアル・デ・ナシオン
  29. リザルト関東
  30. リザルト東北
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. リザルト九州
  34. リザルト中国
  35. リザルト沖縄
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト中国
  44. リザルト東北
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中部
  48. リザルト四国
  49. 2019.08.02

    最近の星空
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. リザルト九州
  53. リザルト沖縄
  54. 140ccボアアップセット
  55. リザルト関東
  56. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  57. MFJトライアル
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東
  60. リザルト九州
  61. リザルト沖縄

    2019.06.23

    2019沖縄第6戦

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ど・ビギナーで教室を

子どもバイク教室

 12月4日、茨城県真壁トライアルパークで、ど・ビギナートライアル大会でした。
 この大会、当日エントリーという気安さもあり、2000円という参加費の格安感もあり、お天気に恵まれれば、200人を超える参加者がきてもおかしくないマンモス大会。
 実際のところ、オープンクラスのセクションはどこが「ど・ビギナー」なんだというようなレベルの高いもんです。でも、高いところから落っこちたりするような危険度はないから、たいていの初心者ならもがけば3点で抜けられる。もがかないで3点で抜けられるようになったらずいぶん進歩だと実感できるでしょう。ビギナークラスは、段差なし。アクセルワークだけで乗りきれるセクションってことになってて、こちらはNBでポイントをとるにいたらず、の人たちがオールクリーンできる設定です。でも油断したりするから、それはそれでオールクリーンはむずかしい。黒山健一が、オールクリーンは実力でできるもんじゃないとよく言ってますが、初級者でも、そういう気分を味わえるところはすごい。


 
 ところで、ぼくはもう何年も、ど・ビギナー大会のときにトライアルマシンに触ったことのない人を対象にトライアル教室というか、トライアルマシン体験会をやらせてもらっている。「ど・ビギナー」という名前に反して、その中身がずいぶん高尚で、その反面、ほんとうのど・ビギナーは対象からはずれちゃってるんじゃないか、ちょっとでもいいから、ど・ビギナーに視線を向けてみてくれないでしょうか、というぼくのわがままに、ど・ビギナー主催の萩原さんが「そんなら勝手におやんなさい」とやらせてくれてるってわけだ。
 借り物のオートバイで、はじめてトライアルマシンに触れる人を相手にするのだから、たいしたことはできません。ほんとうなら、トライアルマシンに触れる前に、林道ツーリングにでも出かけてもらってきて、ダート路面に慣れてきてもらったほうがいいんだけど、最近の日記に書いたみたいに、今のライダーはダート路面に慣れ親しむ環境を失っている。「トライアルに来る前に、たっぷりダートを走ってこい」というのは、ダートがたっぷりあった時代のおじさんたちの妄想になりつつあるわけだ。
 このメニューを始めたのは、伊藤家の入門編ビデオを作った頃だった。内容も、そのビデオに即して進めている。でも何年もたつうち、ビデオは成長しないけど、こっちはいろんなノウハウを身につけた。スタンディングスティルひとつを学ぶにしても、学び方次第では夢が大きく広がることも、いくらでも応用が利くことも、やっているうちにわかってきた。その都度、いろんな人がやってくるから、その都度ちがう反応を示してくれたりもする。それで、また新たな課題が生まれたりする。
 トライアルは毎回ちがう表情を見せる自然セクションとの闘いが魅力だけど、人に教えるという作業も、似たような楽しさがある。次はどんなふうにてこずらせてくれる人が来るんだろう、なんてね。今度はどんなセクションを走らされるんだろうとわくわくするのと、似たようなもんだ。
 今回は、福島県から来たご夫婦がお客さんだった。もうひとりおじさんがいらっしゃる予定だったけどドタキャンなさった。このご夫婦は、前回チーズナッツでひととおりメニューをこなしてしまったので、ふたりしかいないんだったら、セクションは知っちゃおうかな、なんて考えていた。でもやっぱり甘かったなぁ。奥さんにとって(からだも大きいし元気な奥さんだったから、行けるかもしれないと思ったんだけど)真壁の地形は、やっぱりおっかないもんだったらしい。前回チーズナッツの駐車場はだだっ広くて、少々失敗してもなんてことない(気がする)。真壁だと、意地悪そうな岩があちこちに牙をむいている(気がする)。
 で、やっぱり今回も、なるべく平らところでとことことトライアルマシンのお勉強をした。彼ら、旦那の出張で、まもなく帯広に引っ越しちゃうんだそうだ。奥さまは専業主婦だっていうから、帯広へ引っ越して一段落したら、なんでもいいからマシンを買っちゃいなさい、旦那が仕事している間に家のまわりでもガレージででもできる練習はあるから、そこから始めましょうと焚きつけておきました。帯広方面のみなさん、その先はよろしくお願いします。
 そうこうしているうちに、ひとりで走る自信がない人のための「カルガモクラス」から、ふたりこっちに転校してくることになった。カルガモとはいえ、コースを移動するだけでも、真壁はちゃんとしたトライアルの領域だ。ふたりともマシンを持っているのだからいっぱしのライダーなのだろうと思ったけど、ひとりは12歳でモンテッサの250を持て余しぎみ、小学校のときにちょっと乗ってたけど、ブランクがあるってことだ。もうおひとりは、どうやらバイク仲間にそそのかされて(笑)連れて来られたみたい。マシンも自分のじゃないってことだ。そういう状況で真壁ってのは、ちょっとたいへんですね。どうやら最初のセクションを走って転んだ時に肋骨をぶつけたみたいで、それもあって、すでに戦意は消失していなさった。
 スタンディングスティルは、なんで立ち続けることができるのか、そのためにライダーはなにをやるのか、なんて解説をしてあげたら「こういう地味な練習がしたくてトライアルをやりたいと思った」のだとおっしゃる。お世辞だったとしても、ちょっとうれしい。
 ぼくの周囲の遊び人ご一同は、派手なことが好きだ。ぼくも、地味なのより派手なほうがいい。だけど、地味に基本を勉強すれば、その先が早いという種類の人たちもずいぶんいる。世の中は、派手なことがいつもいいわけじゃないってことに気がついたのも、こういう活動をさせてもらっての大きな収穫だった。
 正直なところ、小学生や中学生には、技術を習得する近道があると思ってます。子どもたちは、ぼくらが3年かかって習得することを、3日くらいでマスターしちゃうから。だけど今回のけんたくんみたいに、ブランクからいきなり大きなオートバイに乗り換えたりすると、なかなかたいへん。そうそう、藤波だって、50から125に乗り換えた時には、しばらく山ごもりをしなくちゃいけなかったんだものね。
 トライアル技術の習得って、階段だと思ってます。素質のあるやつや若いやつは、二段飛ばしでも五段飛ばしでも、どんどん階段を駆け上がっていってください。そのかわり、間にある階段を、抜いたりしないでくださいね。ときには階段と階段の間にもう一段、特別の階段を置いて、ゆっくりゆっくりあがっていったほうが、確実に上れる人たちがいるんだから。
 いつの日か、バリアフリーのトライアル入門コースを作りたいのでありました。
(写真は、例によってやっぱりぜんぜん関係のない、小学校でのオートバイ教室)

関連記事

MFJトライアル

2020MFJスケジュール

2020年全日本カレンダーが決定した。2019年同様、全日本選手権は7戦が組まれていて、世界選手権はツインリンクもてぎで第2戦として日本GP…

自然山通信オリジナル「壁掛け・2020トライアルカレンダー」プレゼント中!

2020年自然山通信謹製壁掛けオリジナルトライアルカレンダー完成しました。恒例のプレゼント開始しました! (さらに…)…

KLX230skidplate

KLX230用スキッドプレートとトレッキングシートで「トレッキング戦闘力」アップ!

ぱわあくらふとより、KAWASAKI KLX230の戦闘力を上げる「Rikizoh スキッドプレート」と、足つき性を良くする「Rikizoh…

宇宙船の落ちた町

先日、福島第一と福島第二原発の視察というか見学にでかけた。そのとき、いっしょに原発に入った仲間に、根本聡一郎さんがいた。この本の著者だ。 …

Xトライアル2020開幕!

2019年11月にして、早くも2020年のX-TRIALシーズンが始まった。11月16日、インド洋のレユニオン(フランス)での開幕戦は、やっ…

201911/21

地球温暖化?

やっぱり地球は温暖化しているのか、それともただおかしくなっているのか、ここ最近、うちの近所で見られた自然現象はこんなでした。 (さら…

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

自然山通信11月号発売中!

世界選手権参戦24年目にして、昨年のランキング5位から3位へジャンプ!チャレンジャー藤波貴久が表紙の11月号発売中!オールカラー60ページ、…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

ページ上部へ戻る