2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

リザルト中部

第2回あしたかTT

第2回あしたかTT(ツインショックトライアル)大会

3月17日(日)昨年に続き第2回あしたかTT大会を開催いたしました。

前日夜のにわか雨に心配も致しましたが当日は天候に恵まれ、37名ものエントリーを頂きました。このうちキッズのエントリーが7名もあり、今回よりキッズクラスを設けることといたしました。

当日はトライアルの伝道師と云われるトシ西山さんも来訪され、1980年製のイタルジェットの新車の展示もしていただき、来場された皆様も楽しんでいただけました。

1903あしたかの林

今回もキッズから国際A級まで、同じフィールドで楽しめるよう、セクションを広めにとりました。各人思い思いのラインをトライして楽しむことを目標としたセクション設定です。

1903あしたかキッズ走り

大会の様子としては、キッズ及び初心者はほぼ平らなラインで難なくこなしている様子、また上級者及び国際A級の方々は、より難易度の高いラインを探し果敢にアタックしておられました。

IAの寺澤さん、山森さん、あしたかトライアルパークの石川さんもエントリーいただき、まわりの上級者を圧巻されておりました。

昼食は“住まい工房とうくり”様の計らいで、バーベキューとピザ窯で焼いたピザをご提供いただき、来場者皆で楽しませていただきました。
進行はMCなおさん(永井修樹)が務め、ユーモアを交えたトークで爆笑の中順調に進みました。

キッズクラスでは永久保圭選手がオールクリーンで優勝、山森あゆな選手は大人顔負けのライン取りで減点22クリーン10で、一般でも10位に相当する好成績でした。

1903あしたかキッズ

一般の部では、永久保愛美選手が減点3クリーン15で優勝し、永久保一家が両クラスの優勝を持って行ってしまいました。ツインショックでは大木衛選手が減点13クリーン13で3位と健闘されました。

1903あしたか表彰台

表彰式に合わせ、たくさんの協賛品の抽選会を行いました。これに続き来場者全てを対象にじゃんけん大会をおこない、多くの協賛品が多くの方に届けられました。大当たりのリヤタイヤはIA昇格の山森選手の元へ、全日本ではぜひこのタイヤで参戦いただきたいと思います。

1903あしたかじゃんけん

最後に永久保恭平選手のスポンサー“住まい工房とうくり”様の伝達式で大会を閉めさせていただきました。

1903あしたか伝達式

今回もボランティアにて会場設営。受付、BBQの手伝いと協力してくれた仲間、協賛をいただいた企業の皆様、会場を提供していただきましたあしたかトライアルパーク様、そして何よりもエントリーしていただいた参加者の皆さんのおかげで大成功でした。皆様に感謝いたします。

これからもキッズからIAまで楽しめる大会を目指し努力してまいります。

報告:望月@チームかってにBIGBOX

1903あしたか集合

順位 NO. ライダー/
マシン
8セクション3ラップ {G} G計 C計
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
1 20 永久保 愛美
Bata80
0 0 3 0 0 0 0 0 3 3 15
0 0 0 0 0 0 0 0 0
2 19 中島 和夫
Montesa
0 3 0 0 0 0 0 2 5 10 13
0 0 0 0 0 0 0 5 5
3 1 大木 衛
HONDA TLR
0 0 0 0 0 0 0 0 0 13 13
0 5 5 3 0 0 0 0 13
4 24 杉本 三四郎 1 1 3 3 0 2 1 0 11 13 9
0 0 0 0 0 0 0 2 2
5 17 高山 土実子
TRRS
0 0 0 0 3 0 0 0 3 14 12
0 0 0 5 5 0 0 1 11
6 23 寺澤 慎也
RTL280F280
0 1 0 0 0 2 0 0 3 14 9
0 5 1 3 1 0 0 1 11
7 21 吉垣 太一
Montesa COTA
0 1 1 0 0 1 3 1 7 14 8
0 3 0 0 0 0 1 3 7
8 12 小野 美加
Scorpa 125
0 0 0 0 0 0 5 0 5 16 12
0 0 5 1 0 0 5 0 11
9 16 高山 穣冶
TRRS
0 3 3 3 1 0 0 1 11 18 8
0 0 3 2 0 0 2 0 7
10 11 土田 満
HONDA TLM220R
0 3 3 3 1 0 0 1 11 23 6
0 3 0 2 1 5 1 0 12
11 25 久保田 レイコ 5 3 0 1 2 0 3 3 17 25 8
0 0 0 0 0 0 3 5 8
12 9 荒木 利光
HONDA TLM50
0 3 3 3 0 0 0 5 14 25 7
1 0 0 2 3 3 2 0 11
13 10 長田 裕子
Bata
0 0 3 0 0 0 3 0 6 26 7
1 0 3 5 3 3 2 3 20
14 6 片野 泰宏
Bata
3 3 3 0 0 0 0 0 9 28 7
3 3 2 5 1 5 0 0 19
15 長谷 由紀子
GASGAS80
0 0 3 3 0 5 0 5 16 29 8
0 0 2 5 0 3 0 3 13
16 14 長澤 正昭
HONDA TLM50
3 3 3 1 0 0 2 1 13 29 4
3 3 3 3 0 0 3 1 16
17 2 西山 泉
HONDA TLM50
0 1 2 3 3 3 0 3 15 30 5
0 1 0 3 3 0 3 5 15
18 4 永久保 真里
Scorpa125
5 3 1 5 0 0 0 1 15 32 6
3 5 5 3 0 0 0 1 17
19 7 渡邊 福光
HONDA TLM50
3 0 3 3 1 3 2 3 18 33 4
0 5 3 5 1 0 1 0 15
20 8 仲田 雅史
YAMAHA TY125
3 2 5 3 0 3 1 2 19 33 3
0 2 1 3 0 1 5 2 14
22 奥野 栄之
HONDA TLM50
0 5 3 3 3 0 2 0 16 34 5
5 3 0 1 0 5 3 1 18
21 26 山森 篤志
RTL300F300
0 3 1 5 0 5 0 1 15 34 5
5 3 0 3 5 2 0 1 19
23 大江 孝
HONDA TLM50
0 3 0 3 0 1 1 3 11 38 4
5 3 1 5 0 5 5 3 27
24 27 石川 忠
YAMAHA TY
0 2 1 2 2 5 1 1 14 38 3
5 5 0 5 2 5 0 2 24
25 3 福島 英幸
HONDA TLM50
3 2 3 2 0 3 3 3 19 39 2
2 3 3 1 0 3 5 3 20
26 13 飯野
Bata
3 5 3 1 0 1 5 2 20 40 3
3 5 2 2 5 0 3 0 20
27 5 山本 卓矢
TRRS
5 3 2 1 3 2 2 2 20 41 2
0 3 5 2 3 5 0 3 21
28 22 河合 朋美
Bata125
5 3 3 5 0 5 5 3 29 48 4
5 5 3 3 0 0 0 3 19
29 16 杉本 真幸
Bata
5 5 5 5 5 5 2 3 35 55 2
0 3 5 5 3 0 3 1 20
30 15 高野
Bata
5 0 5 5 5 5 5 5 35 75 1
5 5 5 5 5 5 5 5 40
キッズ
順位 NO. ライダー/
マシン
8セクション3ラップ {G} G計 C計
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
1 1 永久保 圭
Bata50
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 16
0 0 0 0 0 0 0 0 0
2 4 山森 あみな
Bata
0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 15
0 0 0 1 0 0 0 0 1
3 2 岩村 昌幸
Bata
0 0 2 0 0 3 0 0 5 6 13
0 0 1 0 0 0 0 0 1
4 6 寺澤 ゆうし
Bata
0 3 5 5 0 0 0 5 18 18 12
0 0 0 0 0 0 0 0 0
5 3 山森 あゆな
Bata
3 5 0 5 0 0 0 0 13 22 10
5 2 0 2 0 0 0 0 9
6 5 溝上 拓実
Bata
0 0 3 3 5 5 0 0 16 24 10
0 0 3 0 0 0 5 0 8
7 7 寺澤 心結
オセット
0 5 2 3 0 5 0 0 15 25 7
0 0 1 2 0 5 1 1 10

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る