2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

リザルト関東

201810/14

2018メッツカップ最終戦

去年遠征してお世話になった四十雀トライアルと日程が重なっちゃったんですね。だからヒゲのおじさん来なかったんだ……。

1810メッツ最終戦の大笑い

メッツカップ第3戦が10月14日に真壁TRランドで開催されました。当日早朝までの降雨にもかかわらず会場には82人の方々が集まってくれました。

今回はメッツメンバーでありマスターズの覇者、伊藤庄一さんがセクションコーディネーターです。緻密に練られたセクションはわずかなマーカーの移動で難易度が一気に変わってしまうほど。ふだんの設営ではとうてい気づけないラインを描き、新鮮気分の大会となりました。

うれしいのは、多くの参加者にそれが伝わっていたことです。「どのセクションもどう攻略するか考えるポイントがあっておもしろかった」と話す上級者。また「なんだか今回はとっても難しくなっていた」というビギナークラスの方の声。「すごく計算されていてツインショック時代の選手権のようで楽しかった」というベテランの声も。感想がダイレクトに伝わってくるのが主催者冥利につきますね。

10セクション2ラップでの大会は、今回意外とスムーズ。みんなも慣れたもので渋滞にならないようグループごとに散っていってくれます。参加者に声をかけると、えっ もう2周目!? いつものペースで撮影していたら回りきれません。

1810メッツ最終戦

メッツカップではお互いの親睦を深めるため、名札をつけてもらっているんです。だから、とっても声がかけやすいんですよ。あのひとが噂のアナスタシアさんなのかぁと顔と名前が一致したり、意外な気付きは、ふだん“鉄平ちゃん”と呼ばれているのに本名がぜんぜんちがっていた、とかね(笑)。

広大なマカベトライアルランドはセクションも大きく作れて、お約束ライン(行かなくても良いのに吸い込まれる上級者ライン)も多数用意。クリーンは二の次で足付きを重ねてゆく人は笑顔も重ねてゆきます。

遠くから雄叫びと笑い声が絶えないなか、次々とゴール。

結果は、ビギナークラスはオールクリーンで松崎勝美さんが優勝、オープンクラスはまったくの同点で有川隆さんと田浦敏治さんのお二人が優勝でした。おめでとうございます。

そしてメッツ恒例、持ち寄り景品の大交換会です。そうメッツカップは優勝しても与えられるのは称賛と栄誉だけ、この先は運のみなのです。リタイアした人に大吟醸がわたり、優勝しても最後まで呼ばれないとカップ麺2個だったりして、あぁ人生とは、と今日も考えさせられます。

皆さんお疲れさまでした。次回のメッツカップは来年度となります。TRじゃーやる(クラブ会報)やメッツホームページ、自然山通信にてご確認下さい。初心者に優しいメッツカップ、お財布にも優しいですよ。来年もあなたのご参加お待ちしております。

レポート:秋山晃一@メッツクラブ通信員

1810メッツ最終戦のみんな

2018メッツカップ第3戦
●2018年10月14日
●茨城県真壁TRランド

ビギナークラス
順位 氏名 マシン 総減点 クリーン
1 松崎 勝美 シェルコ07 0 20
2 吉田 英司 TY-S125 1 19
3 篠原 一雄 シェルコ 2 19
4 石原 徹和 COTA4RT 4 18
5 斎藤 俊夫 RTLF 5 19
6 杉本 三四郎 TY175 6 17
7 永山 秀夫 TLR200 7 17
8 古田 憲司 TLM200 9 16
9 新井 真琴 TY250S 9 13
10 松宮 政博 TY250R 13 15
11 佐藤 春樹 スコルパTYS 18 12
12 軽部 栄 Beta 18 10
13 平根 良一 TRS 19 11
14 内藤 隆一郎 Beta 23 10
15 金井 雅明 シェルコ250 23 9
16 飯塚 信男 TYS125 24 9
16 杉本 真幸 Evo200 24 9
18 山口 淳一 COTA4RT 28 12
19 堀内 良一 TLM50 29 9
20 白根 邦広 ガスガス125 30 9
21 四海 正司 シェルコST250 31 6
22 池田 勝 TLM220 34 6
23 竹下 義人 スコルパ125 58 2
24 白根 純子 ガスガズ125 63 1
1810メッツ最終戦ビギナー
オープン
順位 氏名 マシン 総減点 クリーン
1 有川 隆 TY250J 1 19
1 田浦 敏治 Beta 1 19
3 清水 忍 GASGAS 3 17
4 川俣 勉 TLR200 4 17
5 佐々木 敏之 RTL300R 4 16
6 小野田 瑞希 スコルパ 5 16
7 金城 秀明 TRRS 5 15
8 小川 勇 モンテッサ 6 18
9 小瀬村 康夫 コタ4RT 6 16
10 安喰 久一 TL200R 8 15
10 中山 怜二 OSSA 8 15
12 熊谷 秀夫 RTL300R 9 17
13 笹目 憲司 Betaテクノ 10 14
14 宮崎 義司 RTL260F 10 12
15 伊藤 庄一 Beta Evo 11 17
16 川添 義弘 Beta 300 11 15
17 友部 直記 ホンダRTL 11 11
18 大沼 功 RTL250F 12 14
19 宅和 研二 RTL250 12 13
20 西澤 正孝 モンテッサ 13 14
21 友部 俊幸 ガスガス300 13 12
22 佐藤 哲雄 RTL260 14 13
23 山口 生朗 cota315R 14 10
24 稲葉 明浩 RTL300 15 17
25 栗原 利夫 スコルパ200 15 15
26 市村 謙太朗 Beta EVO 15 14
27 高橋 伸二 スコルパ 16 14
28 土井 治 ガスガス 16 12
29 新井 光男 シェルコ250 19 13
30 古山 誠一 GASGASTXTR 20 10
31 横田 哲男 ガスガスTXT280 21 12
32 黒澤 孝史 GASGAS250 21 11
33 山崎 真平 モンテッサ 22 12
34 寺内 敏家 RTL260F 22 10
35 堀江 武 Beta 2T 22 8
36 篠原 守 シェルコST 23 9
37 守屋 治 シェルコ250 25 9
38 浅川 義明 TY250S 26 11
39 栗原 宏 Beta Evo 26 10
40 松岡 深照 4RT 26 8
41 松山 裕明 RTL260F 26 7
42 山田 満 BETA-EVO 27 9
43 志賀 正英 GASGAS 27 7
44 宇賀神 久雄 RTL250F 28 10
45 井坂 勤 TLM50 31 9
46 澤田 政志 Rev3 33 6
47 長山 新吾 GASGAS 33 5
48 下田 博明 モンテッサ 34 9
49 上谷 鉄馬 GAS200 34 8
50 荒木 和貴 ガスガス250 36 8
51 滝沢 一雄 TRS 40 8
52 樫野 光雄 COTA 4RT 40 5
53 柳澤 一男 モンテッサ 4RT 41 7
54 川島 実 ベータ290 43 5
55 能渡 茂 EVO125 47 6
56 山口 雅史 シェルコ300ST 52 3
57 菊次 浩 TLR200 53 5
58 藤田 佳助 ガスガス250 69 3
1810メッツ最終戦オープン

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る