2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

リザルト近畿

2020マスターズ第5戦近畿

40年前のレジェンドも参戦。トライアルのシニアツアー、マスターズトライアル

2019マスターズ5近畿3

トライアルのシニアツアー、それがマスターズトライアルだ。45歳以上で5歳刻みのクラス分けがメインの設定で、加えて年齢や性別、腕前レベルに関係なく出場出来るクラスも併催されていて、老若男女、初心者からベテランまで幅広いライダーの出場が可能となっている。それは「生涯スポーツとしてのトライアル」の普及を目指す日本トライアル連盟(Federation Trial of JAPAN=略称FTJ)の主旨を形にしたものだ。だからこそ、女子高校生と80歳のおじいちゃんライダーの対決など、他のジャンルでは想像も出来ない出来事も生まれるのだった。

2019シーズンはシリーズ全7戦が組まれており、今回は第5戦近畿大会である。

2019マスターズ5近畿2

マスターズトライアルは、1999年にFTJの設立とともに始まりはや20年。当時40歳代、50歳代の駆け出しシニアだった選手達が、20年も経つと押しも押されもしない立派なシニアとなって、未だ出場し続けている。そして本大会では出場者の1/3以上が65歳以上というこれまた他にはない状況となっている。その中には、1973年から始まったMFJ全日本トライアル選手権の、当時のトップライダー成田省造(75歳)、南野年明(78歳。5年連続チャンピオン山本昌也氏の師匠でもある)、4度の全日本制覇を誇る近藤博志(71歳)や、先のトライアルデナシオン(国別対抗戦)」で世界2位を獲得した日本が誇る藤波貴久、黒山健一、小川友幸らが出てくる以前に、天才少年と呼ばれた5年連続全日本チャンピオン山本昌也(60歳)もいる。そうそうたるレジェンドが並ぶ中、コツコツと練習を続けているシニアサンデーライダーが、約40年前の雲上人に勝負を挑むのだ。そういう構図もマスターズトライアルならではと言える。

今大会は北海道、四国、関東などの遠方からも出場者が集まってきた。競技内容は8セクションを3ラップ、持ち時間は4時間30分だ。

奇跡は起きた。

2019マスターズ5近畿1

オープンAクラスに出場した山本昌也選手が、最初の最初、第1セクションでゲートマーカーを見落とし不通過で減点5となってしまう。腕前的には全てのセクションを余裕でクリーン出来るはずだったし、実際、残りの23回のトライはさっさと回って早々にゴール、全てクリーンだった。つまりワンミスのみで競技を終えていた。

その同じクラスに国際B級ライセンスを持つ森育美がいた。森は1ラップ目には減点2で山本との差は3点。2ラップ目には勝負所の第4セクションで減点1となり、差は2点となる。3ラップ目もやはり同じところで減点1を付いてしまった。その差はとうとう1点、あと1回足を着けば同点となりクリーン数の差で負ける。残り4つのセクションを全てクリーンすれば、憧れだったレジェンドに勝つことが出来る。胃が痛くなるような痺れるようなプレッシャーが森に覆い被さったが、堪えに堪えてノーミスでゴール。40年前の雲上人を押さえて森が優勝を勝ち取った。

2019マスターズ5近畿4

75歳代クラスの40年ぶりの対決は、75歳と若い(!)成田省造(マシンは36年前のホンダTLR200)が、オールクリーンを達成し、最新マシンTRRSに乗る78歳の南野年明を退けた。75歳を過ぎると体力や集中力の衰えが顕著になるという。一年一年が自分との闘いになるのだ。

こういうドラマティックな出来事が起きるのもマスターズトライアルの魅力だ。

さて、今年はあと2戦、10月27日に中部大会(愛知県キョウセイドライバーランド)、11月24日の関東大会(茨城県オフリードパークSHIRAI)が開催される。

※文中敬称略とさせていただきました。マスターズトライアルに関する情報は日本トライアル連盟のホームページでご覧下さい。
http://www.ftj.sakuraweb.com

2019FTJ全日本マスターズトライアル選手権第5戦近畿大会
開催日:10月6日
会場:京都府・亀岡トライアルランド
主催:日本トライアル連盟(FTJ)
主管:マスターズトライアル事務局
後援:ストレートオン
協賛:住友ゴム工業株式会社、エトスデザイン、TOM’S、ぱわあくらふと

2019マスターズ5近畿のみんな

2019年 全日本マスターズトライアル 第5戦 近畿大会 リザルト

オープンAクラス
順位 No. 氏名 都道府県 年齢 車両 ラップ1 ラップ2 ラップ3 合計
減点 C 減点 C 減点 C 減点 他減点 総減点 C
1 10 森 育美 京都府 58 モンテッサ 2 6 1 7 1 7 4 0 4 20
2 7 山本 昌也 大阪府 60 ホンダ 5 7 0 8 0 8 5 0 5 23
3 11 滝山 政彦 兵庫県 ベータ 6 3 21 2 10 3 37 0 37 8
オープンBクラス
順位 No. 氏名 都道府県 年齢 車両 ラップ1 ラップ2 ラップ3 合計
減点 C 減点 C 減点 C 減点 他減点 総減点 C
1 11 谷岡 貞一 兵庫県 61 モンテッサ 3 6 13 5 7 5 23 0 23 16
2 12 片桐 政憲 石川県 44 ベータ 12 2 17 1 9 4 38 0 38 7
3 14 中村 靖彦 石川県 60 ベータ 13 1 17 0 9 2 39 0 39 3
4 15 速川 知宏 兵庫県 50 TRS 14 2 13 2 26 0 53 0 53 4
オープンCクラス
順位 No. 氏名 都道府県 年齢 車両 ラップ1 ラップ2 ラップ3 合計
減点 C 減点 C 減点 C 減点 他減点 総減点 C
1 12 小林 清成 三重県 64 ヴェルティゴ 3 6 4 5 5 4 12 0 12 15
50歳代クラス
順位 No. 氏名 都道府県 年齢 車両 ラップ1 ラップ2 ラップ3 合計
減点 C 減点 C 減点 C 減点 他減点 総減点 C
1 5 松尾 行誠 奈良県 51 TRS 3 5 6 3 10 4 19 0 19 12
2 8 尾上 武士 香川県 52 ホンダ 12 3 10 4 6 6 28 0 28 13
3 4 重永 雅行 奈良県 54 ガスガス 18 2 21 2 7 4 46 0 46 8
4 2 佐藤 一博 愛知県 54 ベータ 17 1 24 0 19 0 60 0 60 1
55歳代クラス
順位 No. 氏名 都道府県 年齢 車両 ラップ1 ラップ2 ラップ3 合計
減点 C 減点 C 減点 C 減点 他減点 総減点 C
1 6 栗原 賢司 群馬県 59 ベータ 1 7 0 8 1 7 2 0 2 22
2 9 谷口 隆 鳥取県 58 スコルパ 7 6 8 5 17 3 32 0 32 14
10 小川 伸字 大阪府 58 ホンダ 28 0 0 0 0 0 リタイア
60歳代クラス
順位 No. 氏名 都道府県 年齢 車両 ラップ1 ラップ2 ラップ3 合計
減点 C 減点 C 減点 C 減点 他減点 総減点 C
1 4 荒川 直理 神奈川県 60 ベータ 0 8 7 6 3 6 10 0 10 20
2 2 上田 光一 兵庫県 63 モンテッサ 3 6 1 7 6 6 10 0 10 19
3 1 早川 兄二 愛知県 63 ベータ 10 4 1 7 0 8 11 0 11 19
4 13 星野 正広 群馬県 64 ベータ 9 4 8 5 8 4 25 0 25 13
65歳代クラス
順位 No. 氏名 都道府県 年齢 車両 ラップ1 ラップ2 ラップ3 合計
減点 C 減点 C 減点 C 減点 他減点 総減点 C
1 15 小林 義信 山梨県 69 ベータ 1 7 0 8 0 8 1 0 1 23
2 16 吉川 富美男 京都府 68 ガスガス 6 6 0 8 0 8 6 0 6 22
3 10 西野 雅道 北海道 69 ベータ 8 6 3 5 2 7 13 0 13 18
4 11 小瀬村 康夫 神奈川県 68 モンテッサ 5 5 8 5 14 2 27 0 27 12
70歳代クラス
順位 No. 氏名 都道府県 年齢 車両 ラップ1 ラップ2 ラップ3 合計
減点 C 減点 C 減点 C 減点 他減点 総減点 C
1 14 大西 幸夫 奈良県 71 TRS 3 5 3 6 0 8 6 0 6 19
2 4 柳場 久男 神奈川県 70 モンテッサ 3 6 1 7 3 7 7 0 7 20
3 3 川瀬 朋文 愛知県 70 TRS 4 5 0 8 3 6 7 0 7 19
4 1 伊藤 庄一 東京都 72 ベータ 2 6 1 7 6 6 9 0 9 19
5 2 衣笠 剛 兵庫県 74 モンテッサ 7 5 7 6 1 7 15 0 15 18
6 9 川嵜 潤三 大阪府 70 TRS 11 4 4 6 12 3 27 0 27 13
7 8 篠原 一雄 埼玉県 74 シェルコ 19 1 12 2 8 4 39 0 39 7
8 7 下田 博明 神奈川県 73 モンテッサ 8 4 18 2 24 2 50 0 50 8
17 近藤 博志 兵庫県 71 TRS 11 4 0 0 0 0 リタイア
75歳代クラス
順位 No. 氏名 都道府県 年齢 車両 ラップ1 ラップ2 ラップ3 合計
減点 C 減点 C 減点 C 減点 他減点 総減点 C
1 4 成田 省造 神奈川県 75 ホンダ 0 8 0 8 0 8 0 0 0 24
2 6 南野 年明 大阪府 78 TRS 0 8 1 7 6 5 7 0 7 20
ツインショック
順位 No. 氏名 都道府県 年齢 車両 ラップ1 ラップ2 ラップ3 合計
減点 C 減点 C 減点 C 減点 他減点 総減点 C
1 13 尾上 満寿雄 徳島県 57 ホンダ 10 2 8 4 9 2 27 0 27 8
ビギナークラス
順位 No. 氏名 都道府県 年齢 車両 ラップ1 ラップ2 ラップ3 合計
減点 C 減点 C 減点 C 減点 他減点 総減点 C
1 5 神崎 京一 大阪府 61 TRS 4 6 5 3 0 8 9 0 9 17
19mastersR5

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る