2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. リザルト関東
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. リザルト中部
  18. リザルト関東
  19. 自然山通信2019年3月号
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1606沖縄トライアル

沖縄トライアル第6戦

例年より1週間ほど早く6月16日に梅雨明けした沖縄! 暑い夏の始まりです!
名護市の(有)北部スズキ自動車の敷地内にて沖縄トライアル大会第6戦 北部スズキ大会が開催されました。

2016年 沖縄トライアル大会
第6戦 北部スズキ大会
開催日:6月26日(日)

1606沖縄6エキスパート冨名越さん

予報では雨でしたが朝から快晴! 各選手、暑さを覚悟して大会が始まりました。暑さを考えセクションを作成したので優しめでしたが、雲や風があり快適な大会……。が、昼に近づくにつれて雨雲が……。空を見て早くトライして走ります。雨がポツリと来たと思ったら、いきなりのどしゃ降り……。私はカメラを守ったが、車は窓開けたままで水浸し……。午後も雨かと思ったら晴れていて競技ができましたが、表彰式の時はまた大雨です。変な天気ですが、楽しく大会ができて良かったです。

台湾から 陳 文懋選手(15歳)がジュニアクラスに参戦です。

去年も8月に参戦しましたが、去年より身長が伸びてバイクを乗るのもうまくなっています。沖縄のセクションでどのような走りをするのか楽しみです。

また、渡嘉敷島より海を渡り女性が一人ビギナークラスに参戦もありました。

観戦者も多く中には懐かしい顔で応援もあり、選手もテンション上がり盛り上がりました。

8月21日には台湾でトライアル大会が開催されるとの事で、台湾に行けばマシンや食事などサポートしてくれるとの事で、台湾のトライアル大会に参加のお誘いがありました。誰が行くのかな……?

■エキスパートクラス

1606沖縄6エキスパート木下さん

昇格して2戦目の冨名腰選手が北部スズキのセクションでどのような走りをするのか楽しみです。対するベテランの長浜選手、OUTまで進みますが足がバタバタ出てしまいます。また、今回よりニューマシンでの参戦となった、木下選手、マシンを受け取って2週間。タイミングが合わないと言いながら軽さを武器に走らせます。

優勝は減点17クリーン4で木下康成選手、ベストクリーンも取りました。2位には減点25クリーン3で冨名腰直人選手です。3位には減点31クリーン2 で長浜晃選手が入りました。與那嶺選手はマシンにトラブル発生……思うように走る事ができずに……

■ジュニアクラス

1606沖縄6ジュニア陳さん

台湾選手、陳 文懋選手はガスガス250を借りて走ります。慣れないマシンですが、軽快にマシンを扱いセクションを走りますが、4番セクションでマーカータッチ……5点。

やっとマシンが治ってパワー復活の高山選手、張り切り過ぎて減点をちょこちょこ取っています。慎重にラインを狙っていますがうまく走れず足を出し点数を増やす高良選手。チャレンジ失敗しても笑顔の米須選手、淡々と走る榊選手、などなど楽しんでいます。

減点8クリーン9で他を引き離し、陳文懋(ちんぶんまお)選手が優勝です。来年はエキスパートで参戦予定です。
2位には減点13クリーン4で、高山寛樹選手です。3位には減点19クリーン4で、高良勝彦選手が入りました。

■ノービスクラス

1606沖縄6ノービス稲福

今回のセクションは各選手緊張しながらトライしますが、ミスができない神経戦になりました。

また、何十年ぶりかで大会に帰ってきた知念選手、新しいマシンやウェアーでいざ出陣。ちょっとギクシャクしてマシンが振られていますが足を出さない保栄茂選手、大先輩に負けまいと頑張る若手選手。エンジンの吹けが悪くクリーンセクションで2点減点を取ってしまった稲福選手、ミスできない気持ちに負けそうな新垣選手。経験を生かしてマイペースを守る仲村選手クリーンを量産、ニタニタ笑います。

優勝は仲村健選手で減点0クリーン12 オールクリーンで走りました。2位には減点2クリーン11で稲福政作選手、最初の減点が響きました。3位に減点3クリーン10 新垣智一選手、4位は減点4クリーン10で金城哲也選手が入りました。上位陣わずかの差で勝敗が決まりました。

■ビギナー・レディース・オープンクラス

各クラス一人の参加です。

ビギナーの名嘉眞 純平選手 ターンは上手になりましたが段差はまだ苦手、気持ちと裏腹に足をつきます。減点14クリーン15 練習あるのみ!

スコルパ125Fで参加のレディス、吉浜千恵美さん途中で休んでいるので、尋ねると「お腹すいた。」とガス欠状態。ちょっとバテバテでしたが、笑顔でトライしています。減点17クリーン10

1606沖縄6レディース吉浜さん

「今年の初乗り……」と言って1年半ぶりぐらいにベータ125で参戦の親川久信選手、「体が重く動かない」と言いながらジュニアと同じセクションを減点5クリーン10で走破。 あっぱれ!!

「練習で体動かさないと……」と反省も言っていました。

1606沖縄6オープン親川さん

2016年の第8戦、沖縄トライアル大会は8月28日(第4日曜日)に名護市喜瀬区にてブセナ大会を開催いたします。エントリー受付は大会当日の会場にて行います。

沖縄トライアル協会では毎月トライアル大会を開催しています。(年間12戦)
気軽に足を運んで、観覧もしくは参戦などどうでしょうか。トライアルを楽しみましょう!!
観戦および大会参加を待っています。気軽にどうぞ!!

バイクトライアル競技とは、バイクの走る・曲がる・止まる、の基本操作を追及してバイクの操縦技術を競い合っています。

トライアルを観てみたい方、トライアルバイクに乗って体験したい方、トライアル大会に参加したい方、お気軽にお問い合わせください。

沖縄トライアルについての問い合わせ
沖縄トライアル協会
2016年 会長:米須 正浩 090-3013-8062
2016年 広報:大西 邦孝 090-8290-1614

2016年沖縄トライアル大会
第6戦北部スズキ大会
参加台数:22台
6月26日

エキスパートクラス:4台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 タイム
オーバー
合計
減点
クリ
ーン
1 1 木下 康成 カンガルー TRS 17 4
2 14 冨名腰 直人 T.ライトニング RTL-280F 25 3
3 4 長浜 晃 す〜た〜ず ガスガス280
モンテッサ2T
31 2
4 6 與那嶺 健也 消防FTC RTL-250F 35 1
ジュニア クラス:6台
1 7 陳 文懋 ガスガス250 8 9
2 1 高山 寛樹 STC ガスガス250 13 4
3 12 高良 勝彦 T.小禄 RTL-260F 19 4
4 8 米須 正浩 チーム セイキ モンテッサ4RT 24 5
5 10 榊 政仁 消防FTC RTL-250F 27 3
6 2 大西 邦孝 す〜た〜ず RTL-260F 29 3
ノービスクラス:9台
1 1 仲村 健 アシスト RTL-260F 0 12
2 5 稲福 政作 ジャッカル シェルコ 2 11
3 2 新垣 智一 カンガルー ガスガス 3 10
4 12 金城 哲也 カンガルー RTL-R 4 10
5 17 保栄茂 隆 す〜た〜ず RTL-260F 11 6
6 6 平田 尚 TMU RTL-F 13 7
7 25 知念 太 チーム セイキ ベータEVO 300 15 7
8 8 翁長 武直 カンガルー RTL-R 30 3
9 9 新垣 考昇 TMU RTL-F 58 0
ビギナークラス:1台
1 名嘉眞 純平 TMU RTL-F 14 15
レディースクラス:1台
1 吉浜 千恵美 スコルパ125F 17 10
オープンクラス:1台
1 親川 久信 T.NAGO ベータEVO 125 5 10

関連記事

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキ…

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催…

ストライダー日本グランプリDay2も藤波3位表彰台!

6月9日、ツインリンクもてぎでの世界選手権、その2日目。トニー・ボウが見事な勝利を飾り、藤波貴久は再び表彰台に上った。2位はアダム・ラガ、黒…

ストライダー日本グランプリDAY1の結果

6月8日土曜日、ツインリンクもてぎで世界選手権第2戦、その1日目が開催された。 (さらに…)…

ストライダー日本グランプリ予選結果

世界選手権日本大会(正しくは「2019 FIMトライアル世界選手権第2戦ストライダー日本グランプリ」という)が始まった。 木曜日に受付・車検…

イベント(大会)

10/27第24回水源の森

第24回 水源の森ツーリング・トレッキング・トライアル&やまびこ祭り (さらに…)…

イベント(大会)

8/24第7回OASIS CUP

第7回 OASIS CUP トレッキング・トライアルIN比和 (さらに…)…

自然山通信2019年6月号電子版

自然山通信電子版をご用意しました。印刷した紙版と同じ消費税込み308円でのご提供です。 PDFでお届けしますので、お手もとのスマートフ…

自然山通信6月号発売!

「自然山通信6月号」発売のお知らせです。全日本選手権R2九州10ページ、CityTrial in OSAKA 6ページ、鷲ヶ岳のクラシックミ…

2019トライアル・デ・ナシオン(TDN)日本代表選手決定

2019年トライアル・デ・ナシオン(TDN)に参加する日本代表選手が決定して、発表された。代表選手は藤波貴久、黒山健一、小川友幸の3名だ。 …

ページ上部へ戻る