2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. リザルト関東
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. リザルト中部
  18. リザルト関東
  19. 自然山通信2019年3月号
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1611沖縄11C

201611/27

2016沖縄トライアル第11戦

2016年
沖縄トライアル大会
第11戦
ブセナ大会
参加台数:14台
2016年11月27日

沖縄トライアル大会第11戦、ブセナ大会が11月27日の第4日曜日に開催されました。

朝なのに会場に近づくと雨雲でだんだん薄暗くなっていく……。雨降って晴れそうにもない、どんよりとした天気。テンション下がります。この場所は雨降るとバイク、車もスタックしやすい場所になります。

走れる場所が限られてくるので、役員・選手で協議して4セクションを作成し、4トライで走ることになりました。この天気で参加選手の少ないこの時がポイントを取るチャンスになるかも……。

■エキスパートクラス

雨で下がったテンションを上げて集中する木下選手、各ポイントでTRSを操り見事な走りを見せます。練習中に転倒し腰を痛めてしまった津嘉山選手。「無理せず走ります。林道走るみたいに行けば……」と走らせます。「雨でも何とかなる……」と長浜選手でしたが、タイヤを滑らせてバタバタでクリーンが取れません。

木下選手が優位と思われたのですが「ところどころでミスがあった」と、転倒もあり、勝敗はわずかの差で、GasGas125の津嘉山正選手が減点26クリーン6で優勝、2位には減点28クリーン7で木下康成選手、ベストクリーンを取りました。差が開いて3位には減点53クリーン1で長浜晃選手になります。

1611沖縄11津嘉山

■ジュニアクラス

雨の中、気を引き締めてスタート。コースが荒れる前に早めに入る高良選手、少々ミスがあるもののクリーンを取ります。他の走りを参考にラインを確認して走る神谷選手。気持ちは十分ですが、マシンがへそを曲げてしまった高山選手、思うように走れません。自然の土セクションが好きと言う知念選手は、Betaで狙ったラインを通り滑る斜面をきれいに走ります。久しぶりの参戦になるのに雨のセクションに苦笑いの宮城選手。ちょっとした事で差が……。

現在、10戦までのポイントで高山選手と高良選手が51点でトップ争いをしています。

優勝は減点26クリーン5で知念太選手が優勝! ベストクリーンも取りました。知念選手に2連勝を許してしましました。2位には減点29クリーン4で、神谷実選手。3位には減点36減点5でクリーン数では負けていないが、少々ミスが多かった高良勝彦選手が入りました。年間ポイントでは1歩リード。

1611沖縄11知念

■ノービスクラス

雨の滑る路面に戸惑う各選手ですが、体調復活で3戦間を開けての参戦の仲村選手、雨の中でも安定して走りクリーンを量産していきます。ゼッケン1の走りは健在です。雨の中でも強気に走る新垣智一選手、今一歩のところで減点が増えていきます。荒れた路面にタイヤを取られ減点を増やす砂川選手、新垣考昇選手、保栄茂選手、マシンも泥、泥です。年間ポイントトップの稲福選手の調子は良いようですがタイヤを滑らせ転倒もあり、山あり谷ありで結果は……。

雨の中唯一の一桁減点で走った仲村健選手が減点7クリーン12で優勝、ベストクリーンも取りました。2位には減点12クリーン10で稲福政作選手、3位には減点16クリーン10で新垣選手です。

1611沖縄11中村

2017年のシリーズ、沖縄トライアル大会第1戦は、1月22日(第3日曜日)に名護市の(有)北部スズキ自動車の敷地内にて、北部スズキ大会を開催いたします。エントリー受付は大会当日の会場にて受付します。

沖縄トライアル協会では毎月トライアル大会を開催しています(年間12戦)。

気軽に足を運んで、観覧もしくは参戦などどうでしょうか。トライアルを楽しみましょう!!

観戦および大会参加を待っています。気軽にどうぞ!!

バイクトライアル競技とは、バイクの走る・曲がる・止まる、の基本操作を追及してバイクの操縦技術を競い合っています。
トライアルを観てみたい方、トライアルバイクに乗って体験したい方、トライアル大会に参加したい方、お気軽にお問い合わせください。

沖縄トライアルについての問い合わせ
沖縄トライアル協会
2016年 会長:米須 正浩 090-3013-8062
2016年 広報:大西 邦孝 090-8290-1614

1611沖縄11砂川

順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 タイム
オーバー
合計
減点
クリーン
エキスパートクラス 3台
1位 5 津嘉山 正 首里チーム ガスガス125 26 6
2位 1 木下 康成 カンガルー TRS300 28 7
3位 4 長浜 晃 す〜た〜ず ガスガス280 53 1
ジュニアクラス 5台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 タイム
オーバー
合計
減点
クリーン
1位 16 知念 太 チーム セイキ ベータEVO300 26 5
2位 15 神谷 実 MINORU88 ガスガス280 29 4
3位 12 高良 勝彦 T.小禄 RTL260F 36 5
4位 3 宮城 昭 T.ミヤゾノ RTL260F 44 3
5位 1 高山 寛樹 STC ガスガス250 46 1
ノービスクラス 6台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 タイム
オーバー
合計
減点
クリーン
1位 1 仲村 健 アシスト RTL260F 7 12
2位 5 稲福 政作 ジャッカル シェルコ 12 10
3位 9 新垣 考昇 TMU RTL-F 16 10
4位 2 新垣 智一 カンガルー ガスガス 19 9
5位 13 砂川 京介 TMU RTL-F 21 8
6位 17 保栄茂 隆 す〜た〜ず JTG300 31 5

関連記事

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキ…

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催…

ストライダー日本グランプリDay2も藤波3位表彰台!

6月9日、ツインリンクもてぎでの世界選手権、その2日目。トニー・ボウが見事な勝利を飾り、藤波貴久は再び表彰台に上った。2位はアダム・ラガ、黒…

ストライダー日本グランプリDAY1の結果

6月8日土曜日、ツインリンクもてぎで世界選手権第2戦、その1日目が開催された。 (さらに…)…

ストライダー日本グランプリ予選結果

世界選手権日本大会(正しくは「2019 FIMトライアル世界選手権第2戦ストライダー日本グランプリ」という)が始まった。 木曜日に受付・車検…

イベント(大会)

10/27第24回水源の森

第24回 水源の森ツーリング・トレッキング・トライアル&やまびこ祭り (さらに…)…

イベント(大会)

8/24第7回OASIS CUP

第7回 OASIS CUP トレッキング・トライアルIN比和 (さらに…)…

自然山通信2019年6月号電子版

自然山通信電子版をご用意しました。印刷した紙版と同じ消費税込み308円でのご提供です。 PDFでお届けしますので、お手もとのスマートフ…

自然山通信6月号発売!

「自然山通信6月号」発売のお知らせです。全日本選手権R2九州10ページ、CityTrial in OSAKA 6ページ、鷲ヶ岳のクラシックミ…

2019トライアル・デ・ナシオン(TDN)日本代表選手決定

2019年トライアル・デ・ナシオン(TDN)に参加する日本代表選手が決定して、発表された。代表選手は藤波貴久、黒山健一、小川友幸の3名だ。 …

ページ上部へ戻る