2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. リザルト関東
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. リザルト中部
  18. リザルト関東
  19. 自然山通信2019年3月号
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

リザルト沖縄

2017年沖縄トライアル大会第3戦今帰仁大会

沖縄トライアル大会第3戦 今帰仁大会が、今帰仁自動車学校となりの敷地にて開催されました。

3月ですが寒くもなく暑くもなく快適な大会日和! ヒューム管やU字溝、タイヤなど使って設定した6セクションを3トライ、計18回走り採点します。

朝からセクションを作りますが、今回はノービスにやさしく、ジュニアに厳しく、エキスパートにはもっと厳しく……と、減点も多く取るようなセクションが作られています。

大会中には昔のトライアル大先輩やツーリング中に見に立ち寄った人達などギャラリーが観戦に来て、わいわいがやがやと賑わいました。見るだけじゃなくて参加しないかな……。

■エキスパートクラス

17沖縄3エキスパート久保さん

スタートぎりぎりで到着の與那嶺選手は慌てて準備します。冨名腰慶亮選手と久田幸希選手にはそれぞれお父さんがマインダーについて走りますが、今回より久田選手はニューマシン(RTL300R)での参戦で、気持ち新たに走ります。各選手は冨名腰選手の走りを見ますが、点数はどんどん増えていき差が広がります。與那嶺選手は練習不足でマシンコントロールがうまくいきませんが何とか減点を抑えます。

知念選手は今回のセクションでは思うように走れず、クリーンが取れません。「全部厳しい……」とのこと。

津嘉山選手もバタバタ足を出していますが半分ぐらいは5点です。相棒の長浜選手は最初のセクションでかっこよくステアーを登りましたが、その後にミッションから異音が……。トラブル発生! 1セクション走っただけで終了。

優勝は減点5クリーン14。圧勝で冨名腰慶亮選手、もちろんベストクリーンです。

2位には減点41クリーン5で久田幸希選手(写真)、3位に減点53クリーン1で木下康成選手でした。

■ジュニアクラス

17沖縄3ジュニア稲福さん

高良選手は前回の負けた屈辱を晴らすため、気合い入れて走ります。稲福選手はマイペースでセクションをこなしていきます。互いに意識してセクションをこなしていきます。6番セクションに先にはいた高良選手がポイントとなる岩に引っかかって岩を落としてしまい、走りやすいセクションに……。あとから入った選手はラッキー。

減点34クリーン5で稲福政作選手(写真)が優勝、ベストクリーンも取っています。2位に減点40クリーン4で高良勝彦選手、減点66クリーン0で3位に、大西邦孝選手。セクションに入るタイミングを失敗して、減点を増やしました。

■ノービスクラス

17沖縄3ノービス州鎌さん

今回も、高吉選手と仲村選手はお互いの走りを意識しながら走っていきます。しかし、2番セクションのタイヤ越えで転倒も……。1年ぶりの参戦となった洲鎌選手、なんとTLM220Rで参戦、四苦八苦してOUTを目指します。保栄茂選手のマシンは息子(ビギナー)で使うため、私のマシンを借りて参戦。「4ストが良いかも」と言いながら、コケまくり、ビックリの大前転も! 私も唖然……。けがはありませんでしたが、体の前面は綺麗なのに背中は泥だらけ……。

優勝はミスなくまとめた仲村健選手が減点7クリーン13、ベストクリーンです。2位にはあの転倒が響いて減点13クリーン13で高吉慶選手、3位にはあれだけ転んだ保栄茂隆選手が減点27クリーン8。「昔々の若かりし頃、30数年ぶりの表彰台」と喜んでいました。

TLM220Rで走った洲鎌博一選手(写真)が減点29クリーン8で4位に入っています。今のマシンに乗ってTLM220Rに負けたのはだ〜れだ??

■ビギナークラス

17沖縄3ビギナー保栄茂さん

ノービスの保栄茂選手の次男、秀光選手がトライアル大会初参戦。渡嘉敷島からの参戦で吉浜千恵美選手が引率の長浜選手(エキスパート)の指導を受けてターンや上り下りを走らせています。初めての体験で最初は「ここ下るの怖い……」と騒いでいた秀光選手でしたが、何度か走っているうちに慣れてくると笑顔です。それに負けじと吉浜選手もトライして笑顔で楽しんでいます。

優勝は減点11クリーン12で保栄茂秀光選手(写真)。2位には減点19クリーン13で吉浜千恵美選手、ベストクリーンを取りました。

2017年の沖縄トライアル大会第5戦は、5月28日(第4日曜日)は今帰仁大会の予定でしたが、会場が変更になり、名護市の喜瀬区にてブセナ大会を開催いたします。エントリー受付は大会当日の会場にて受付します。

沖縄トライアル協会では毎月トライアル大会を開催しています(年間12戦)。
気軽に足を運んで、観覧もしくは参戦などどうでしょうか。トライアルを楽しみましょう!!
観戦および大会参加を待っています。気軽にどうぞ!!

トライアルを観てみたい方、トライアルバイクに乗って体験したい方、トライアル大会に参加したい方、お気軽にお問い合わせください。

沖縄トライアルについての問い合わせ
沖縄トライアル協会
2017年 会長:高良 勝彦 090-1341-8962
2017年 広報:大西 邦孝 090-8290-1614

沖縄トライアル大会
第3戦
18台
3月26日

順位 ゼッケン 氏名 車種 合計
減点
クリーン
エキスパートクラス 7台
1位 9 冨名腰 慶亮 RTL-280F 5 14
2位 4 久田 幸希 RTL300R 41 5
3位 1 木下 康成 TRS 300 53 1
4位 7 與那嶺 健也 RTL250F 54 0
5位 11 知念 太 ベータEVO300 61 1
6位 2 津嘉山 正 ガスガス125 66 2
7位 5 長浜 晃 ガスガス280 88 0
ジュニアクラス 3台
1位 10 稲福 政作 シェルコ 34 5
2位 1 高良 勝彦 RTL260F 40 4
3位 3 大西 邦孝 RTL260F 66 0
ノービスクラス 6台
1位 1 仲村 健 RTL260F 7 13
2位 9 高吉 慶 RTL260F 13 13
3位 5 保栄茂 隆 RTL260F 27 8
4位 14 洲鎌 博一 TLM220R 29 8
5位 2 新垣 智一 ガスガス250 31 8
6位 7 新垣 孝昇 RTL260F 33 8
ビギナークラス 2台
1位 保栄茂 秀光 JTG300 11 12
2位 吉浜 千恵美 スコルパ 125F 19 13

関連記事

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキ…

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催…

ストライダー日本グランプリDay2も藤波3位表彰台!

6月9日、ツインリンクもてぎでの世界選手権、その2日目。トニー・ボウが見事な勝利を飾り、藤波貴久は再び表彰台に上った。2位はアダム・ラガ、黒…

ストライダー日本グランプリDAY1の結果

6月8日土曜日、ツインリンクもてぎで世界選手権第2戦、その1日目が開催された。 (さらに…)…

ストライダー日本グランプリ予選結果

世界選手権日本大会(正しくは「2019 FIMトライアル世界選手権第2戦ストライダー日本グランプリ」という)が始まった。 木曜日に受付・車検…

イベント(大会)

10/27第24回水源の森

第24回 水源の森ツーリング・トレッキング・トライアル&やまびこ祭り (さらに…)…

イベント(大会)

8/24第7回OASIS CUP

第7回 OASIS CUP トレッキング・トライアルIN比和 (さらに…)…

自然山通信2019年6月号電子版

自然山通信電子版をご用意しました。印刷した紙版と同じ消費税込み308円でのご提供です。 PDFでお届けしますので、お手もとのスマートフ…

自然山通信6月号発売!

「自然山通信6月号」発売のお知らせです。全日本選手権R2九州10ページ、CityTrial in OSAKA 6ページ、鷲ヶ岳のクラシックミ…

2019トライアル・デ・ナシオン(TDN)日本代表選手決定

2019年トライアル・デ・ナシオン(TDN)に参加する日本代表選手が決定して、発表された。代表選手は藤波貴久、黒山健一、小川友幸の3名だ。 …

ページ上部へ戻る