2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. 2017お勉強会
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. リザルト関東
  8. イベント(スクール)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. リザルト中国
  13. リザルト中部
  14. 自然山通信2019年3月号
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(スクール)
  20. イベント(その他)
  21. イベント(その他)
  22. イベント(大会)
  23. 2016高田島ツートラ
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(スクール)
  29. イベント(その他)
  30. イベント(大会)
  31. リザルト近畿
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

リザルト沖縄

2017沖縄トライアル第9戦北部スズキ大会

2017年 沖縄トライアル大会
第9戦 北部スズキ大会
開催日:9月24日(日)

9月になり日差しが少し優しくなったかなと思うが、まだまだ暑い沖縄。名護市の北部スズキ自動車敷地内にて沖縄トライアル大会第9戦北部スズキ大会が24日の第4日曜日に開催しました。今年は台風が来ない。雨はあまり降らず晴ればかり続き、草刈りしても草の成長が早く、いくら刈っても追いつきません。

全体的には参加選手がすくなかったのですが、ビギナークラスの参加が多くみんなでビギナーを応援、指導しながら楽しく、大会は和気あいあいで大会が進行しました。

各選手スタートから張り切って走り始めますが大会が進むにつれて厳しくなります。水分とって水かけて、人間を水冷で冷やしますが、追いつかず頭がクラクラします。35℃は暑い!

今回は斜面で石ゴロゴロ、タイヤや岩が並ぶ場所に長めで4セクションの3トライで走りましたが、草が多く残っていてタイヤを取られ減点を取ってしまう姿が多くみられました。暑さも大敵で体力、集中力がなくなっていき、セクションはやさしめに作っていますが、減点が増えて厳しい戦いです。

■エキスパートクラス
スタート前から張り切る各選手、調子良く走り出します。しかし、1番セクションからバタバタの足つきが続きます。イメージあるがその通りに行きません。やっとOUTしますが体力が奪われます。2番セクションでやっとクリーンがでましたが、クリーンはこれだけで、減点を増やしていきます。水分を取り走りますが、風が止まり暑く厳しい状態。長浜選手は走っている時にマーカの位置が分からなくなってコースミスします。頭が動いていない……。暑さのせいだ! 選手の顔が赤い、やばいぞ……。

優勝は減点28クリーン1で木下康成選手です。ベストクリーンです。2位は減点32クリーン1で津嘉山正選手、最後の斜面を125で何とか登りきりました。3位には減点37クリーン0で知念太選手、フラフラで「暑さに負けました。早く来い、秋……」

2017沖縄第9戦エキスパート

■ジュニアクラス
練習で足痛めて参戦していない私……。
他の選手も仕事や子供の運動会などでタイミングが合わせられず、今回の参加が0人……。
こんな事は初めて……。寂しい……。

■ノービスクラス
暑さの中をテンポよく走る新垣選手と大城選手、走るラインは新垣選手が上手に走り経験の差が出ます。ミスをなんとかカバーして走る大城選手ですが、少しずつ減点が増えていきます。マシンの調子上がってきている翁長選手は焦らず無理せずマイペース、減点を取りながらもOUTを目指し走ります。マシンを調整した保栄茂選手、各セクションのポイント箇所は越えていきますが、ターンでなぜかギクシャクしています。どうしたの?

優勝は大城幸太郎選手で減点6クリーン7の成績で初優勝です。体力ある若さの勝利!

2位には減点8クリーン8、新垣智一選手。ベストクリーンは取っていますが「最後のセクションOUT手前でミスった……」と5減点を悔やみます。3位には減点23クリーン3で翁長武直選手が入賞しました。保栄茂選手は残念ながらクラッチトラブルで、途中からクラッチが切れません。最後まで走りましたが納得できずに落ち込んでいます。「整備したのに……」

2017沖縄第9戦ノービス

■ビギナークラス
今回の大会で一番参加者の多い参加クラスになりました。

引率に走るラインを教えてもらいトライしますが、そのラインに行けずバイクは難しいところに向かっていく……。「あれ、あれ?」と笑顔で転倒も! 思うところに行かない。あらためて・走る・曲がる・止まるが難しい。また、長い斜面にもチャレンジ! 頑張って登れた時は至福の時です。

優勝は比嘉文弥選手、減点13クリーン3です。2位は川崎雄士選手で減点17クリーン3、3位には赤崎実昭選手で減点24クリーン2の成績でした。大会後はみんな揃って楽しく練習していました。ファイト!

引率推薦で比嘉選手と川崎選手はノービスクラスに昇格になりました。

2017沖縄第9戦ビギナー

沖縄トライアルについての問い合わせ
沖縄トライアル協会
2017年 会長:高良 勝彦 090-1341-8962
2017年 広報:大西 邦孝 090-8290-1614

2017年沖縄トライアル大会第9戦北部スズキ大会/参加台数:14台/9月24日

エキスパートクラス 4台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計
減点
クリーン
1位 1 木下 康成 カンガルー TRS 300 28 1
2位 津嘉山 正 首里チーム ガスガス280 125 32 1
3位 11 知念 太 セイキ ベータ EVO 300 37 0
4位 5 長浜 晃 す〜た〜ず ガスガス280 42 0
ジュニアクラス 0台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計
減点
クリーン
1位
2位
3位
ノービスクラス 4台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計
減点
クリーン
1位 20 大城 幸太郎 STC ガスガス 6 7
2位 2 新垣 智一 カンガルー ガスガス280 8 8
3位 8 翁長 武直 カンガルー JTG300 23 3
4位 5 保栄茂 隆 す〜た〜ず JTG300 26 6
ビギナークラス 6台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計
減点
クリーン
1位 比嘉 史弥 RTL260F 13 3
2位 川崎 雄士 ガスガス 17 3
3位 赤崎 実昭 RTL260F 24 2
4位 仲間 真路 ガスガス 25 0
5位 崎原 雄斗 ベータ EVO300 34 0
6位 吉浜 千恵美 スコルパ TY125 41 0

関連記事

2019アウトドア世界選手権開幕前夜
トニー・ボウ・インタビュー

今週末、いよいよ2019年世界選手権がスタートする。会場はイタリア。この2年、最終戦として組まれていた会場が、今年は開幕戦となっている。 …

2回目のCity Trial、野崎史高が勝利

街中でトライアルを楽しんでもらう。こんなコンセプトで去年初開催されたCity Trial Japanが、今年も開催、大盛況となった。 …

ブストが突然ヴェルティゴへ

ハイメ・ブストがヴェルティゴに移籍した。2015年にトライアルGPにデビューして今年は5年目。愛車はこれが3つ目となる。 (さらに&…

2019第2戦初開催の九州宮崎は
黒山健一が大逆転勝利

最後の最後、小川友幸が足を出した瞬間に、九州大会の熱い勝負は決着した。黒山健一が、2018年開幕戦以来、1年2ヶ月ぶりに勝利。開幕戦勝利の野…

イベント(大会)

8/4奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2019年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせです。 恒例の真夏のトライアル祭典『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。初心者…

2017お勉強会

6/15川内村お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

2019全日本ランキング(〜第2戦九州まで)

2019年国際A級スーパー・ポイントランキング【独自集計】 順位 No. Rider R1 R2 R3 …

2019全日本選手権第2戦九州大会リザルト

2019年5月12日 宮崎県えびの市矢岳高原トライアルコース 天候:晴れ 観客数:1,400人 10セクションx2ラップ(IAS…

自然山通信5月号電子版

令和となって第1号の自然山通信ですが、元号とはあんまり関係なく、のんびり5月になってできあがりました。 5月号は全日本選手権開幕戦レポ…

自然山通信5月号発売!

令和の第一号「自然山通信5月号」はGWが終わると同時に出荷を終えました。全日本選手権開幕戦レポート、X-TRIALデ・ナシオン、大好評ほろ酔…

ページ上部へ戻る