2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. 2017お勉強会
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. リザルト関東
  8. イベント(スクール)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. リザルト中国
  13. リザルト中部
  14. 自然山通信2019年3月号
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(スクール)
  20. イベント(その他)
  21. イベント(その他)
  22. イベント(大会)
  23. 2016高田島ツートラ
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(スクール)
  29. イベント(その他)
  30. イベント(大会)
  31. リザルト近畿
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2018沖縄トライアル第4戦

2018年沖縄トライアル大会第4戦
久志海岸大会
参加台数:16台
2018年5月28日

1805沖縄第4戦赤崎実昭奮闘する赤崎実昭選手(ノービス)

毎月開催で12戦していた沖縄トライアル協会の大会が、今年は10戦で4月と8月の大会が無くなり沖縄トライアル大会第4戦が5月27日に名護市の東側の久志で久志海岸大会が開催されました。ゴールデンウィーク後から梅雨入りしていますが雨がふらず、今日も曇り晴れの天気となりました。

干潮11:30、中潮で潮が引いた岩場を使って5セクションの3トライです。砂が潮で持っていかれて、下のゴツゴツした岩場が現れ、岩だらけのセクションでステアも高くなり、厳しいセクションになっています。また、海岸ですが今回は風が少なくとても暑くなり、トライする回数が増すごとに体力、気力が奪われていきます。水分補給が追いつきません。沖縄の大会はこれからが暑さとの闘いになります。

□エキスパートクラス

1805沖縄第4戦木下康成エキスパートの木下康成選手

順番にセクションインしていきますが、第1セクションの岩ステアで知念選手が腰から落ちて大転倒。他の人もバタバタと3点で走ります。

3番セクションは振りが多く長いセクションになり、体力を奪われます。4番セクションでは順調にクリーンで走っていた冨名腰選手がアウト手前のマーカーを見落として5点を取ります。5番セクションはクリーンが取れそうなセクションですが、最後のセクションになると体力がもたず減点をもらいます。クリーンが取れそうで取れません。

ちょっとしたミスもありましたが、優勝したのは減点17クリーン8で冨名腰慶亮選手が優勝、ベストクリーンを取りました。2位には減点33クリーン2の平良顕治選手。「長かった、5セクションだけどもっと走った感じ……」と疲れていました。3位には最初の転倒で腰を痛めながらも減点39クリーン2で知念太選手が入りました。

1805沖縄第4戦冨名腰慶亮優勝の冨名腰慶亮選手

□ジュニアクラス

1805沖縄第4戦稲福政作ジュニア優勝の稲福政作選手

各選手は下見に時間をかけて最初は調子よく走り、前半のセクションではそれぞれのラインを走ってクリーンします。しかし後半はバテ気味で減点を増やします。一時雨も降り、岩が濡れると滑りやすくなるので気をつけて慎重にトライしますが、それでも減点を増やしています。私はアウト手前でのエンストを2回もやってしまいました。

1805沖縄第4戦仲村健2位に入った仲村健選手

優勝は減点32クリーン6で稲福政作選手、ベストクリーンをとりました。2位には減点36クリーン4で仲村健選手、3位には減点41クリーン2で大西邦孝選手でした。

□ノービスクラス

1805沖縄第4戦仲宗根正晋ノービス初参戦初優勝の仲宗根正晋選手

数年ぶりにT.NAGOの具志堅選手が参戦、ノービスで走ります。ミスしても修正して走り、クリーンを取って早いペースで走りますが、後半になると疲れからか減点をもらいます。

昇格したばかりの若手の仲宗根選手、初めての場所で初めてのノービスセクションに挑みます。最初は戸惑って思うように走れませんでしたが、慣れてくるとクリーンを取り笑顔で走らせます。各選手みな後半はバテバテで減点を増やしていました。保栄茂選手、赤崎選手はクラクラして走り切れず最後はエスケープ……。残念。

優勝は減点15クリーン8で仲宗根正晋選手、ベストクリーンを取りました。昇格して最初の参加で優勝です。「岩場に驚いた。砂が難しかった」とのこと。2位には減点24クリーン6で具志堅興作選手、3位には減点27クリーン5の宮城昭選手となりました。

□ビギナークラス

1805沖縄第4戦保栄茂秀光楽しんでもらった保栄茂秀光選手

ノービスクラスの保栄茂選手の子供で秀光君がマシンを借りて参戦。引率に教えてもらいながら走らせますが思うところに進みません。操作するのが難しい。だけど広い海岸を走れて気持ちよく走れて爽快!

成績は減点45クリーン8、保栄茂秀光選手がトライアルを楽しみました。

エキスパートクラス 6台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計
減点
クリーン
1位 2 冨名腰 慶亮 チーム ミタニ RTL280F 17 8
2位 10 平良 顕治 T.ミヤゾノ RTL260F 33 2
3位 3 知念 太 セイキ ベータ EVO 39 2
4位 11 宮園 豊明 T.ミヤゾノ RTL260F 40 2
5位 1 木下 康成 カンガルー TRS 43 0
6位 5 長浜 晃 す~た~ず ガスガス280 53 0
ジュニアクラス 3台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計
減点
クリーン
1位 2 稲福 政作 ジャッカル シェルコ 32 6
2位 7 仲村 健 アシスト RTL260F 36 4
3位 3 大西 邦孝 す~た~ず RTL260F 41 2
ノービスクラス 6台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計
減点
クリーン
1位 21 仲宗根 正晋 T.ミヤゾノ RTL260F 15 8
2位 20 具志堅 興作 T. NAGO ガスガス280 24 6
3位 13 宮城 昭 T.ミヤゾノ RTL260F 27 5
4位 2 翁長 武直 カンガルー JTG300 33 3
5位 1 保栄茂 隆 す~た~ず ガスガス280 51 4
6位 16 赤崎 実昭 RTL260F 51 0
ビギナークラス 1台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計
減点
クリーン
1位 保栄茂 秀光 す~た~ず ガスガス 45 3

関連記事

2019アウトドア世界選手権開幕前夜
トニー・ボウ・インタビュー

今週末、いよいよ2019年世界選手権がスタートする。会場はイタリア。この2年、最終戦として組まれていた会場が、今年は開幕戦となっている。 …

2回目のCity Trial、野崎史高が勝利

街中でトライアルを楽しんでもらう。こんなコンセプトで去年初開催されたCity Trial Japanが、今年も開催、大盛況となった。 …

ブストが突然ヴェルティゴへ

ハイメ・ブストがヴェルティゴに移籍した。2015年にトライアルGPにデビューして今年は5年目。愛車はこれが3つ目となる。 (さらに&…

2019第2戦初開催の九州宮崎は
黒山健一が大逆転勝利

最後の最後、小川友幸が足を出した瞬間に、九州大会の熱い勝負は決着した。黒山健一が、2018年開幕戦以来、1年2ヶ月ぶりに勝利。開幕戦勝利の野…

イベント(大会)

8/4奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2019年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせです。 恒例の真夏のトライアル祭典『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。初心者…

2017お勉強会

6/15川内村お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

2019全日本ランキング(〜第2戦九州まで)

2019年国際A級スーパー・ポイントランキング【独自集計】 順位 No. Rider R1 R2 R3 …

2019全日本選手権第2戦九州大会リザルト

2019年5月12日 宮崎県えびの市矢岳高原トライアルコース 天候:晴れ 観客数:1,400人 10セクションx2ラップ(IAS…

自然山通信5月号電子版

令和となって第1号の自然山通信ですが、元号とはあんまり関係なく、のんびり5月になってできあがりました。 5月号は全日本選手権開幕戦レポ…

自然山通信5月号発売!

令和の第一号「自然山通信5月号」はGWが終わると同時に出荷を終えました。全日本選手権開幕戦レポート、X-TRIALデ・ナシオン、大好評ほろ酔…

ページ上部へ戻る