2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. 2017お勉強会
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. リザルト関東
  8. イベント(スクール)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. リザルト中国
  13. リザルト中部
  14. 自然山通信2019年3月号
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(スクール)
  20. イベント(その他)
  21. イベント(その他)
  22. イベント(大会)
  23. 2016高田島ツートラ
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(スクール)
  29. イベント(その他)
  30. イベント(大会)
  31. リザルト近畿
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

リザルト沖縄

沖縄トライアル選手権大会第7戦

2018年 沖縄トライアル大会
第7戦 北部スズキ大会
開催日:9月23日(日)

沖縄トライアル選手権大会第7戦は北部スズキ大会です。前回使用した時から時間が空いて北部スズキの会場の大会になるので草が成長し過ぎてタイヤなど障害物が隠れて緑一色、大会前に行った草刈りも大変でした。何とか走れる状況までは草を刈り大会開催です。

1709沖縄7パンチ

セクションの作成時間短縮でいつもとは違う形で長めの3セクションを逆走もできるように作成し、6セクションの2トライでの戦いになりました。
まだまだ暑い日が続く沖縄ですが、午前中は曇が多く太陽が隠れていたがムシ暑くだらだらと汗をかきます。晴れのセクションを作成していましたが、午後に降ったり止んだりの雨でセクションが一転し大変です。

■エキスパートクラス

1709沖縄7エキスパート

スタートしてしばらくすると雨が降り出しましたが中途半端に降ったり止んだりを繰り返しています。

この雨が降った事で走るタイミングを待つ作戦に切り替えた津嘉山選手なかなか走りません。最初でチェンジペダルの破損した長浜選手はこのラインで走れるとトライするが、裏面に出て減点を増やしてしまいます。滑りやすくなった路面で足つきが多くなりましたが、アウトを目指して知念選手が走ります。時間をフルに使ってトライする木下選手ですが、なかなか思うようにはいきません。

優勝は減点37クリーン1、ガスガス125の津嘉山正選手。作戦の変更が大正解。2位には減点40クリーン2の木下康成選手、ベストクリーンは取りました。3位には減点44クリーン0の知念太選手が入りました。

冨名腰慶亮選手は参戦なしですが、今年10戦中6戦の参加で沖縄チャンピオンが決定しました。あとは今年チャレンジしている全日本トライアル選手権国際B級にフル参戦し、ベストを尽くします。ただいまランキング2位。チバリヨ~。

■ジュニアクラス

1709沖縄7ジュニア

他の選手の走りも参考にしてセクションを下見、そしてトライ。優しそうな1番からトライして行きますが、途中で降った雨で濡れたセクションは滑りやすく変わっていきます。濡れた草でタイヤを滑らせ5点を取る大西選手。稲福選手はクリーンを取って続けて次のセクションにトライして行きます。仲村選手は間に休みを入れて雨のタイミングを見ながらトライします。2番と5番が難しく後半になるとアウトするまでの体力勝負。持ち時間をフルに使います。

優勝は減点32クリーン3で稲福政作選手でベストクリーンを取りました。2位には減点34クリーン1 わずかの差で仲村健選手が入りました。3位には減点44クリーン1 大西邦孝選手でした。

■ノービスクラス

1709沖縄7ノービス

やさしめですが、長いセクションになっています。今回より棚原選手はノービスを走る事になり今までと違うセクションに戸惑い、緊張して思うように走れず戸惑っています。慣れない棚原選手にゼッケン1番の保栄茂選手が走るラインを確認して走ってトライそして休憩して教える事をしていましたが、後半は休憩が多く長くなって動かなくなっていきます。饒平名選手は暑さを気にして休みを入れながらラインを確認してマイペースで走ります。具志堅選手は早めのペースでセクションを回りますが、以前からの右肩の負傷があり、走るのが辛そうです。

優勝は饒平名知憲選手で減点25クリーン4、ベストクリーンを取りました。

2位には減点29クリーン4 保栄茂隆選手ですが休み過ぎて遅刻減点をもらい優勝を逃しました。3位には減点37クリーン4の具志堅幸作選手。4セクションでハンドルを抑えきれず転倒し、その後は走れずセクション半分をエスケープする事になりました。残念!

■ビギナー・レディース 

CD50改での参戦の津嘉山洋子選手ですが、新しいヘルメットで走ります。気合十分でしたが、北部スズキのセクションを走るのは厳しく、頑張ってチャレンジしますが思うように走れずコースオーバーして減点を増やしてしまい、減点38クリーン2 の成績でした。楽しんで笑顔もありましたが、悔しい思いも残る大会となりました。

1709沖縄7ご夫婦

2018年沖縄トライアル大会
第7戦北部スズキ大会
参加台数:12台
9月23日

エキスパートクラス 4台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計減点 クリーン
1位 4 津嘉山 正 首里チーム ガスガス125 37 1
2位 1 木下 康成 カンガルー TRS 40 2
3位 3 知念 太 セイキ ベータ EVO 44 0
4位 5 長浜 晃 す~た~ず ガスガス280 45 0
ジュニアクラス 3台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計減点 クリーン
1位 2 稲福 政作 ジャッカル シェルコ 32 3
2位 7 仲村 健 アシスト RTL260F 34 1
3位 3 大西 邦孝 す~た~ず RTL260F 44 1
ノービスクラス 4台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計減点 クリーン
1位 7 饒平名 知憲 FTC ガスガス 25 4
2位 1 保栄茂 隆 す~た~ず JTG300 29 4
3位 20 具志堅 興作 T. NAGO ガスガス280 37 4
4位 22 棚原 正彦 RTL300 F 68 1
レディースクラス 1台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計減点 クリーン
1位 津嘉山 洋子 首里チーム CD50改 38 2

関連記事

2019アウトドア世界選手権開幕前夜
トニー・ボウ・インタビュー

今週末、いよいよ2019年世界選手権がスタートする。会場はイタリア。この2年、最終戦として組まれていた会場が、今年は開幕戦となっている。 …

2回目のCity Trial、野崎史高が勝利

街中でトライアルを楽しんでもらう。こんなコンセプトで去年初開催されたCity Trial Japanが、今年も開催、大盛況となった。 …

ブストが突然ヴェルティゴへ

ハイメ・ブストがヴェルティゴに移籍した。2015年にトライアルGPにデビューして今年は5年目。愛車はこれが3つ目となる。 (さらに&…

2019第2戦初開催の九州宮崎は
黒山健一が大逆転勝利

最後の最後、小川友幸が足を出した瞬間に、九州大会の熱い勝負は決着した。黒山健一が、2018年開幕戦以来、1年2ヶ月ぶりに勝利。開幕戦勝利の野…

イベント(大会)

8/4奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2019年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせです。 恒例の真夏のトライアル祭典『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。初心者…

2017お勉強会

6/15川内村お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

2019全日本ランキング(〜第2戦九州まで)

2019年国際A級スーパー・ポイントランキング【独自集計】 順位 No. Rider R1 R2 R3 …

2019全日本選手権第2戦九州大会リザルト

2019年5月12日 宮崎県えびの市矢岳高原トライアルコース 天候:晴れ 観客数:1,400人 10セクションx2ラップ(IAS…

自然山通信5月号電子版

令和となって第1号の自然山通信ですが、元号とはあんまり関係なく、のんびり5月になってできあがりました。 5月号は全日本選手権開幕戦レポ…

自然山通信5月号発売!

令和の第一号「自然山通信5月号」はGWが終わると同時に出荷を終えました。全日本選手権開幕戦レポート、X-TRIALデ・ナシオン、大好評ほろ酔…

ページ上部へ戻る