2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2016高田島ツートラ
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. 2020.04.05

    福島市へ行く
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト沖縄
  27. イベント告知
  28. 2020XTDN延期
  29. イベント(大会)
  30. SSDT中止
  31. イベント(大会)
  32. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト沖縄
  46. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

リザルト沖縄

2019沖縄トライアル第4戦

2019年沖縄トライアル大会第2戦
ブセナ大会

沖縄トライアル大会第4戦は4月28日第4日曜日に名護市北部スズキ自動車敷地内北部スズキ大会を開催。これが平成最後の大会になり、ゴールデンウイークに突入です。

2019沖縄第4戦エキスパート長浜

朝から雨が降り出しそうな曇り空で今回のセクションは細かいターンが多くステアも助走が短く難しくなっています。スタートから小降りで濡れたセクションが難しく、後半は段差に残った泥でさらに難しくなりました。午後は何とか雨は降らずに持ちこたえましたが草木に残った雨でタイヤのグリップが悪くなり難しくなります。

5セクションの3トライで各クラスの成績は……。

●午前の10時からノービスクラスとビギナークラスがスタート

■ノービスクラス

2019沖縄第4戦ノービス上地

今回は10台の参戦となりました。調子を上げている大城幸太郎選手は最初のセクションでクリーンを取りますが、その後に5点を取ってしまいテンションが下がりその後の走りに影響がでて減点を増やしてしまします。饒平名選手は遅れてスタートしましたが、慌てて走りミスが多く減点を増やしています。

慎重にラインを決めて減点を抑えて走る上地泰史選手はミスしても落ち着いて走らせます。足を付いても笑顔を絶やさず楽しむ篠田彦一選手。走るライン走り方をいろいろ考えながらチャレンジする比嘉選手、仲間選手、クリーンを目指して頑張ります。

終わってみると優勝は減点12クリーン10、差をつけて大城幸太郎選手でベストクリーンを取りました。2位には減点18クリーン16上地泰史選手、3位は減点24クリーン5の篠田彦一選手です。

2019沖縄第4戦ノービス棚原

■ビギナークラス

今回が大会初参戦、各セクションのターンは何とかできましたが、ステアが登れず減点を増やします。体力と笑顔でチャレンジしていますが厳しい結果になりました。減点46クリーン1、大石真太朗選手でした。

●午後の13時からエキスパートクラスとジュニアクラスのスタート

■エキスパートクラス

慎重にラインを決めてトライしますが、マーカの配置も厳しく置かれておりターンからのステアで助走がとれずステアが難しくなります。濡れた草木でタイヤが滑る事もあり減点を増やしてクリーンが取れません。後半は体力も消耗し、集中力が落ちてミスが多くなります。

優勝は減点38クリーン1の木下康成選手、ベストクリーンを取っています。2位は減点53クリーン1で津嘉山正選手。3位は減点57クリーン0の長浜晃選手。4位に減点61クリーン0で知念太選手が入りました。クラス全体でクリーンは2回だけ、木下選手が減点1で2回取っていますが他の選手は3点、5点となり厳しいセクション設定になったようです。

■ジュニアクラス

2019沖縄第4戦ジュニア保栄茂

それぞれのセクションを速いテンポで走る上地選手ですが、マーカの位置に思うように走れず減点を増やしてしまいます。上地選手が「難しい。大変です」と笑顔でチャレンジですが、ほかの選手は3点、5点の減点が増えていきます。中途半端に濡れた草で路面がすべり走るのが難しくなります。

優勝は減点15クリーン10、ダントツで上地晋也選手、もちろんベストクリーンも取っています。倍の点差がついて2位は減点52クリーン2の大西邦孝選手。3位は減点55 クリーン2 保栄茂隆選手でした。バタバタして良いところなし……。反省です。

沖縄トライアルについての問い合わせ
沖縄トライアル協会
2019年 会長:津嘉山 正 090-1943-2334
2019年 広報:大西 邦孝 090-8290-1614

2019年
沖縄トライアル大会
第4戦
北部スズキ大会
4月28日

エキスパートクラス 4台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計
減点
クリーン
1位 3 木下 康成 カンガルー TRS 300 38 1
2位 2 津嘉山 正 首里チーム ガスガス125 53 1
3位 6 長浜 晃 す~た~ず ガスガス280 57 0
4位 5 知念 太 チーム セイキ ベータEVO300 61 0
ジュニアクラス 3台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計
減点
クリーン
1位 2 上地 晋也 STC RTL260F 26 5
2位 3 大西 邦孝 す~た~ず RTL260F 52 2
3位 6 保栄茂 隆 す~た~ず JTG300 55 2
ノービスクラス 10台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計
減点
クリーン
1位 19 大城 幸太郎 ガスガス 12 10
2位 12 上地 泰史 STC RTL260F 18 6
3位 5 篠田 彦一 STC モンテッサ COTA 4T 24 5
4位 13 比嘉 史弥 RTL-F 29 6
5位 6 仲間 真路 TMU RTL250R 30 4
6位 7 崎原 雄斗 STC スコルパSC 51 0
7位 10 棚原 正彦 モンテッサ COTA 300RR 57 0
8位 1 饒平名 知憲 消防FTC ガスガス 59 0
9位 20 大城 翔梧 STC RTL260F 60 0
10位 14 赤崎 実昭 RTL260F 67 0
ビギナークラス 1台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計
減点
クリーン
1位 大石 真太朗 RTL260F 46 1

関連記事

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ページ上部へ戻る