2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

リザルト沖縄

2019沖縄トライアル第9戦

9月22日第4日曜日に沖縄トライアル大会第9戦を今帰仁村の今帰仁自動車学校隣りの会場で今帰仁大会を開催。前日の土曜日は台風17号が沖縄本島に接近、暴風となり大会開催も危ぶまれましたが、台風の足が速く、日曜日には雨は降らずに風が吹く程度で大会が開催できました。

2019沖縄第9戦ノービス篠田

午前中スタートのノービスはクリーンが出せる優しめのセクション、午後スタートのジュニア・エキスパートは細かいターンやステア、決まった1本ラインを通る厳しめのセクジョンとなりました。

台風後で参加が少なくなっているので、グループ分けして各セクションを走り採点していきます。

■ノービスクラスは

優しめのセクションで、ミスしないように神経戦になっています。気持ちを整えて順番良くセクションに入りますが、自分のタイミングとずれて考えているように走れずに細かく減点を増やします。唯一、
2番セクションだけターンなど厳しいセクションになりが、そこを走破できた選手は気持ちを立て直して上位を取っています。

2019沖縄第9戦ノービス大城

優勝は減点12クリーン8の上地泰史選手で、ベストクリーンを取りました。「セクションに入るリズムが悪く難しかったが、2番セクションが面白く良かった。」との事。2位は減点18クリーン6 篠田彦一選手で良くもなく悪くもなく大会が終わった感じ……。3位は減点25クリーン6の大石真太郎選手、他の選手の走りを参考にトライして初入賞です。

■ビギナークラス

大会初参戦の山城選手、チャレンジしてセクションを走りますが、練習とは違い走るのが難しくOUTするのがちょっと大変。CD改でトライする津嘉山選手、走るのは大変ですがトライアルを楽しんで各セクションを走りました。優勝は山城優樹選手で減点27クリーン5、2位に津嘉山洋子選手。減点35クリーン3で走りました。

■ジュニアクラス

参加が1台となりました。スタートから動きが硬くタイミングが合わずにずるずると減点を増やしてしまいます。何とかしようと焦りますが、終始リズムが悪く走りができていません。最後のセクションでも1点取ってしまい。減点63クリーン0で大西邦孝選手は納得できないまま惨憺たる結果でした。

■エキスパートクラス

参加最年長の長浜選手、1番セクションで違うラインから走らせますが、リヤタイヤが滑りマーカタッチ。減点5。 確実なラインをさがしポイントとなる所はクリアしていますが、間で足を付いてしまい減点なる木下選手。走れるイメージでラインを決めてトライしますが、思うように進めずに減点を取る津嘉山選手。バタバタと足を付き減点が増えていきます。体力消耗して後半はちょっとバテ気味……。
優勝は減点32クリーン2で木下康成選手。2位は減点47クリーン1の津嘉山正選手。3位は減点53クリーン0で長浜晃選手が入りました。

2019年沖縄トライアル大会第9戦今帰仁大会
参加台数:13台/開催:9月22日

エキスパートクラス 3台
2019沖縄第9戦エキスパート木下
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計減点 クリーン
1位 3 木下 康成 カンガルー TRS300 32 2
2位 2 津嘉山 正 首里チーム ガスガス125 47 1
3位 6 長浜 晃 す~た~ず ガスガス280 53 0
ジュニアクラス 1台
2019沖縄第9戦ジュニア大西
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計減点 クリーン
1位 3 大西 邦孝 す~た~ず RTL260F 63 0
ノービスクラス 7台
2019沖縄第9戦ノービス上地
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計減点 クリーン
1位 12 上地 泰史 STC RTL260F 12 8
2位 5 篠田 彦一 STC モンテッサ COTA 4T 18 6
3位 21 大石 真太朗 RTL260F 25 6
4位 2 具志堅 興作 T.NAGO ガスガス 27 4
5位 7 崎原 雄斗 STC スコルパ 29 4
6位 20 大城 翔梧 STC RTL260F 34 4
7位 10 棚原 正彦 モンテッサ COTA 300RR 44 3
ビギナークラス 2台
2019沖縄第9戦ビギナー山城
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 合計減点 クリーン
1位 山城 優樹 ベータ 27 5
2位 津嘉山 洋子 首里チーム CD50改 35 3

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る