2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. リザルト中国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. MFJトライアル
  17. リザルト関東
  18. イベント(スクール)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト中国
  23. リザルト中部
  24. リザルト関東
  25. 自然山通信2019年3月号
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1101クリーンアップ

クリーンアップトライアルのロゴ

相模川クリーンアップトライアル

●2011年1月23日
●神奈川県相模川河川敷にて

1101相模川1

 新年明けましておめでとうの相模川クリーンアップトライアルになりました。
 いつものように、平らなぬるいセクション、でも油断できないセクションでお楽しみいただきました。今回は、ちょっとおまけの実験もやってみました。

1101相模川2

 今年から、MFJの大会保険のシステムが変わって、というか、変わるのは4月からなんだけど、その移行期間で、1月1日からエンジョイ会員証の扱いが変わりました。今までは当日ふらりと参加したいとやってきた人にも、その場でエンジョイ会員証を発行できていたんだけど、今回からはそれができません。きっちりしつつもお手軽モータースポーツ、ということではいいシステムだったんだけど、残念です。MFJも、それなりに法律や世の中の流れを考えながら一生懸命考えたんだろうけど、結果はイマイチです。
 そのかわり、というか、エンジョイ会員証持ってない人対象のスクール体験会を併催してます。みんなは12セクションを2ラップほどするんですが、これは10セクション程度を1ラップしておしまい。そのかわり、同じセクションを何度か走って練習したり、いろんなルールを説明したり、ゆっくりと進んでいきます。何度も相模川の大会に出ておられた人でも、ちょっとこっちにしてみますと体験会に参加されて、知らなかったルールにびっくりされたりしていたから、やっぱり教育というのは大事だなぁと思いました。相模川クリーンアップは、それ自体がトライアルの教育を兼ねて、なんて思いもあったのですが、やっぱり大会となると、大会以外のことには、主催側も参加側も、気が回らなくなるもんですね。

1101相模川3

 ところで今回、ぜひ実験をしたいということで、浅草のほうから佐々木さんがやってきて、おまけの13セクションで実験です。これ、どういうことかというと、トライアルは減点するものだという考え方をやめて、上手に走ったら加点してあげようというものです。足をついたり転倒したりのルールは、現行のMFJルールそのまま。だから見て判断するのは、そんなに違和感はありません。慣れないといけないのは、ラインの読みと、点数の足し算でした。
 セクションには、ふたつのゲートが設定されていました。このゲートを通過すると、それぞれ1点ずつもらえます。足をついたのは関係なく、1点プラスです。ふたつ通過すれば2点プラス。むずかしいからと、どっちも通過しなければ加算は0点。
 セクションインするときに、ライダーはもれなく3点持ってます。足をついたら、1点ずつ減っていきます。2回ついたら2点減点。でもそれ以上は減りません。というのは、3回足つきで3点引いたら、0点になっちゃって、転んだのと同じになっちゃうから。
 足をつかずに、ゲートを二つ通過すると、3点に2点加えて、5点もらえます。1セクション5点が最高得点で、0点が最低。その差が5点というのは今のルールとおんなじです。
 なんだ、ややこしいばっかりだなという反応もあったと思います。でも、このルールの要点をすぐ理解して、おもしろいねと言ってくれた人もいました。相模川みたいな大会では、岩がこわい人とか、ターンが苦手な人とか、それぞれ欠点を持ってるひとが少なからずいらっしゃいます。だからクラス分けをして、上級者クラスを作っちゃうと、おっかないところに向かわなくちゃいけなくなって、楽しくないトライアルをしなきゃいけないということもよくある。でもこのルールだと、ゲートを通過するかどうかは自分次第。得意なところだけゲートにはいって、こつこつと点をためていくという戦い方ができます。
 ゲートは通過しないでいこうと思ったけど、セクションはいったとたんに足バタバタになって、どうせなら足バタバタつきながらでもゲート二つ通過しておく、という作戦もあります。ゲート通過しないで足バタバタだと1点。ゲート通過すれば3点です。でもそのつもりでゲートにはいって転んじゃったりすると0点ですけどね。こういうふうに計算しながら走るのも、楽しい人には楽しいかもしれない。

1101相模川3

 今、初級者大会では、上手な人は好きなラインを走って、自分で自分の首を絞めて上位入賞から脱落していくというシーンがよく見られます。それはそれでいいんですけど、トライアルって、本来一番優しいところをきっちり走るスポーツのはず。いけそうなところに挑戦してみてひっくり返るのは、練習にはなるかもしれないけど、ぶっつけ本番の大会ではやるべきことじゃないと思うんですが、現実としてはそういうことになっている。
 その点このシステムだと、ゲートの設置配分によって、上手な人もそうでない人も、同じ土俵で勝負ができる。上級クラスにいくと歯が立たなくて、初球クラスでは物足りないというあっちいったりこっちいったりのジレンマ(おれのことかも)が、このシステムだったら解消されるのではないか、という実験だったのでした。この大会で実験をしたのも、実はけっこううまい人もいるし、トライアルをはじめたばっかりで、しかも背の高いエンデューロマシンで参加してくる人もいる。その幅の広さを、システムがどこまで吸収できるか、という検証ができるのではないかという点でした。
 加算式といいつつ、足をついたら減点するので、採点は引き算と足し算をいっしょにやらなきゃいけないというところがちょっとネック。たいした計算じゃないけど、慣れないとこんごらがってしまうかもしれません。
 もともとは、去年から始まったスペイン選手権のルールをモディファイしたものなんですが、とっつきが悪いという点はともかく、ちゃんと運用すれば楽しいんじゃないかなぁと思える実験ではありました。どこかで、このシステムで大会やってみたいところです。

順位  お名前・年齢  マシン・お住まい セクション 小計 合計 クリーン 1点
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1 椎名 泰三
55
FANTIC200
東京都港区
0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 5 19 5
1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 3
2 宮澤 拓雄
54
セロー225
長野県東筑摩郡
5 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 1 8 9 19 4
0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
3 井口 秀樹
49
GasGas
埼玉県新座市
0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 10 22 0
0 0 0 0 0 0 5 0 0 0 0 0 5
4 小川 準一
48
Cota4RT
神奈川県相模原市
0 1 1 0 1 0 0 0 0 1 0 0 4 10 18 5
0 0 5 0 0 1 0 0 0 0 0 0 6
5 青木 強
35
TLR200
神奈川県大和市
0 0 0 0 5 0 1 0 0 0 0 1 7 12 18 4
0 0 0 0 0 1 3 0 0 0 1 0 5
6 伊藤 美帆 TXT Pro125
福島県双葉郡
0 0 0 0 1 0 1 0 0 1 1 2 6 14 15 6
0 0 0 0 0 0 3 3 1 1 0 0 8
7 相澤 英夫
58
TY250S
神奈川県綾瀬市
3 1 0 0 0 1 0 0 0 1 1 0 7 15 15 7
0 5 1 0 0 1 0 0 0 1 0 0 8
8 芦沢 繁
62
SY250F
神奈川県相模原市
5 1 0 0 0 0 0 5 0 1 0 1 13 16 17 4
0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 0 0 3
9 戸祭 佳子 00GasGas125
埼玉県入間市
0 1 0 0 5 0 5 0 0 1 0 0 12 16 16 6
0 0 1 0 0 1 1 0 0 0 1 0 4
10 佐々木 秀樹
46
セロー225
千葉県我孫子市
0 0 0 0 0 0 1 1 0 2 0 1 5 17 16 5
5 0 0 0 0 0 1 1 0 5 0 0 12
11 渡邉 優
55
SY250R
山梨県山中湖村
5 0 0 0 0 0 3 1 0 0 1 0 10 17 16 4
0 0 3 0 0 0 0 2 0 1 0 1 7
12 高梨 忠男
72
TXT250
神奈川県伊勢原市
1 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3 19 14 5
2 1 3 0 0 0 1 2 0 2 5 0 16
13 高部 俊幸
63
セロー225
神奈川県平塚市
0 0 0 0 0 1 5 1 0 0 1 3 11 20 15 5
2 0 1 0 0 5 0 0 0 0 1 0 9
14 松浦 禎治
40
GasGasJT-16
神奈川県伊勢原市
0 0 0 0 0 3 0 2 0 0 1 2 8 20 14 5
0 0 3 0 0 1 1 0 0 1 1 5 12
15 三上 晃弘
53
SuperSherpa
神奈川県横浜市
1 0 0 0 0 1 3 2 0 3 2 0 12 23 13 4
0 0 2 0 0 5 2 0 0 1 1 0 11
16 戸崎 祐治
42
TLM50
神奈川県大和市
0 0 0 0 0 5 2 0 5 0 1 3 16 24 14 4
0 1 1 0 0 0 0 2 0 1 3 0 8
17 長野 隆
58
GasGas125
東京都世田谷区
0 0 0 0 2 2 0 5 0 1 1 1 12 24 11 6
0 1 2 0 2 0 1 2 0 3 0 1 12
18 白根 邦広
48
TY-S125F
千葉県市川市
1 1 2 0 5 5 3 1 0 2 0 2 22 25 12 6
1 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 3
19 瀬脇 武
41
GasGas
神奈川県横浜市
1 1 1 0 5 0 3 3 0 0 0 2 16 27 14 4
0 0 5 0 0 5 0 1 0 0 0 0 11
20 小川 泰伸
42
セロー225
神奈川県川崎市
3 1 0 0 0 0 0 2 0 2 0 5 13 28 14 1
2 0 0 0 0 0 3 2 0 3 0 5 15
21 田代 健
54
03TY-S125F
神奈川県横浜市
0 0 0 0 0 0 5 2 0 0 0 5 12 29 16 1
0 0 3 5 0 0 5 1 0 0 0 3 17
22 寺崎 匡
42
セロー225
神奈川県相模原市
0 0 3 1 1 0 2 1 0 2 0 0 10 29 11 5
0 1 5 0 2 3 1 2 0 0 5 0 19
23 内海 裕
49
TLM220R
東京都大田区
0 5 0 1 5 0 1 2 1 3 0 0 18 31 14 3
0 0 0 0 0 0 3 5 0 5 0 0 13
24 坂上 勝
53
RTL250S
神奈川県相模原市
2 1 3 0 0 5 1 1 0 1 5 0 19 34 11 5
0 2 5 0 0 2 0 0 0 5 1 0 15
25 田畑 敦士
27
TLM220
東京都東村山市
5 0 2 0 3 5 3 1 5 1 0 2 27 35 11 3
0 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 3 8
26 山中 正彦
51
XR230
東京都新宿区
1 0 0 0 0 0 3 3 0 3 0 3 13 42 10 2
2 5 1 0 3 0 3 3 0 5 5 2 29
27 中村 久哉
45
XR230
東京都府中市
5 5 0 0 0 3 3 3 0 5 0 1 25 43 9 5
0 0 1 1 3 1 3 3 0 5 1 0 18
28 沼田 一郎
40
XR250バハ
東京都豊島区
2 5 0 0 0 1 3 5 0 3 5 3 27 46 11 1
5 0 0 0 0 0 5 3 0 3 0 3 19
29 佐藤 力英
59
TLR200R
埼玉県入間市
1 0 5 0 0 1 5 2 0 2 5 3 24 52 7 4
5 0 2 2 1 5 1 2 0 5 0 5 28
30 三谷 信夫
43
セロー225WE
神奈川県横浜市
5 2 2 1 2 5 3 5 5 2 0 0 32 52 4 5
1 0 3 1 1 2 2 5 0 2 1 2 20
31 加藤 謙司
45
セロー225
東京都世田谷区
5 5 0 0 5 2 3 5 0 5 5 3 38 58 9 1
3 0 0 0 0 0 5 3 0 3 5 1 20
32 松岡 靖友
38
XR250
静岡県沼津市
3 5 0 1 0 5 5 2 5 3 5 5 39 62 7 3
3 1 0 0 0 1 5 3 0 5 5 0 23
33 秋吉 兼司
37
SuperSherpa
東京都世田谷区
3 5 0 0 1 5 5 5 1 3 0 2 30 62 5 2
3 2 3 3 0 0 5 2 5 5 2 2 32
34 丸茂 昌勝
36
TL125イーハトーブ
東京都杉並区
3 3 5 1 5 3 2 3 1 5 5 3 39 63 4 4
3 3 0 0 1 0 5 5 0 3 1 3 24
35 松田 宗紀
37
KTM450ExCR
東京都目黒区
5 5 0 5 1 5 5 5 1 5 5 5 47 84 4 3
5 5 0 0 3 1 3 5 0 5 5 5 37
36 山原 真治
46
BMWR100GS
千葉県市川市
5 5 0 5 5 5 5 5 5 5 5 5 55 110 2 0
5 5 0 5 5 5 5 5 5 5 5 5 55
37 仲野 和彦
41
TLM260
神奈川県大和市
5 0 0 1 0 0 3 3 0 3 2 5 22 142 5 1
10 10 10 10 10 10 10 10 10 10 10 10 120

関連記事

HEBO ZONE4 ボウ・ダイナマイト新登場

トニー・ボウ、アダム・ラガを始め、多くのトップライダーが愛用するZONE4に、ワールドチャンピオン、トニ・ボウ選手のニューグラフィック「HE…

ワンタッチゼッケンプレートブラック

Newカラー!TOM’Sワンタッチゼッケンプレート・ブラック

トムスのロングセラー商品「ワンタッチゼッケンプレート」に新色ブラック登場。 (さらに…)…

2019北海道、小川友幸が大逆転勝利

2019年7月14日、毎年恒例の日程で、北海道大会が開催された。北海道大会の日程は毎年ほぼ同じだけど、去年も今年も電動バイク、トライアルEの…

2019全日本ランキング(〜第4戦北海道)

2019年全日本選手権第4戦終了時点のポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJが発表するランキ…

2019全日本選手権R4北海道大会リザルト

2019年7月14日 北海道上川郡わっさむサーキット 天候:曇りときどき晴れ一時小雨 観客数:700人 IAS:10セクションx…

MFJトライアル

7月14日は全日本北海道大会

2019年全日本選手権も4戦目を迎える。 昨年の北海道大会は世界選手権に参戦した黒山健一が欠場だったが、今年は参戦し、小川友幸と野崎史高の…

2019年7月号電子版出来!

自然山通信、2019年7月号電子版をご用意しました。内容は、印刷版の自然山通信とまったく同じです。PDFにしてお届けしますので、お手もとの電…

自然山通信7月号発売!

「自然山通信7月号」発売のお知らせ。特集・ツインリンクもてぎの「トライアル世界選手権第2戦・ストライダー日本グランプリ」。フジガス自身が語る…

2019全日本ランキング(〜第3戦関東大会まで)

2019年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJが発表するランキングをご確認くだ…

2019全日本選手権R3関東大会リザルト

2019年6月23日 栃木県ツインリンクもてぎ 天候:曇りときどき晴れ 観客数:3,200人 IAS:10セクションx2ラップ(…

ページ上部へ戻る